人は、ふるさとびと

お帰りなさい と迎えて
下さる神様は、私達の
ふるさとなんです。

(記事はリンクフリーです♪)

生命というもの

2010-05-31 12:17:26 | スピリチュアル
生きるということ

死ぬということは

どういうことかということを

これから説明しようと

おもうんですが

先ず

いのちというものに

区切りがないと

いうこと

これをしっかり頭に入れておいて

欲しいとおもうんです

これはもう

ずっといってきたことですけれど

死というものが

我々のおわりなんだという

恐れがずっと

業想念になって

この地球世界に渦まいてしまった

ために

たとえば

世の無常ですとか

厭世観というものが

我々の想念の底に

ずっと沈んで

支配してきたわけです

それで

死ねばおわりなんだ

となった

死というもののこわさは

何かというと

自分という存在が

すっかり消えてしまう

ということに対する

恐さなのです



こんなに

一生懸命やっているのに

それが

あとかたもなく消えてしまう

そういった

無常感ですよね

ところが

生命というものは

そんなちゃちなもんじゃない

そう簡単に消えてゆかない

生命というものが

永生であるということと

人は

自分というものを

失わずに

生きてゆく

というのが

原則なんです

死というのは

となりに引っ越すのとかわらないん

です

それじゃあ

田中一郎は

むこうに行っても

ずっと

田中一郎で

生きていくのか

というと

そうじゃないんです

田中一郎というのは

この世で

その人を

呼びならわした

いわば

記号なんです

けれど

その人が

この世で

田中一郎として

田中一郎らしく生きた

その生き方、個性というものは

ずっとその人のなかに

入ってゆくんです

そうして進化してゆく

すきとおってゆく

それで

その人が

百生生きたとすると

百色その人らしさが

入るわけです

そして

それを全部

むこうで生かしながら

祈りのなかにかえしてゆくんです



つねに新しくされてゆくんです

生命というものは

こういうものです

我々は

つねに死んで

そして

死んだと同時に

よみがえりを果たしている

というのが本当のすがたなのです

この記事をはてなブックマークに追加

生命は光そのもの

2010-05-30 10:51:05 | スピリチュアル
 光はいつから光であったかなどと

いうことは考えない。ただ、光は、

すべてを照らして生き生きとした

生命の芽ぐみをたすけるばかりなの

です。我々のいのちもおなじこと。

我々の生命は、無始無終。神様と

ともに生れたあかるい光そのもの

なのです。

この記事をはてなブックマークに追加

ふるさと

2010-05-29 13:15:47 | スピリチュアル
私のふるさとは神

光の世界

思い放たれて

全てがかがやいているところ

人は誰もそこに

帰るのだ

この記事をはてなブックマークに追加

大事なもの

2010-05-28 13:14:38 | スピリチュアル
 何よりも大事なものは、人としての

やさしさです。これがなければ、すべ

てのことは成り立ってゆきません。

この記事をはてなブックマークに追加

たましいを浄めてくれるもの

2010-05-28 12:54:02 | スピリチュアル
いい音楽、

いい絵、

まごころのこもったおいしい料理。

みんなたましいを浄めてくれます。


この記事をはてなブックマークに追加