人は、ふるさとびと

お帰りなさい と迎えて
下さる神様は、私達の
ふるさとなんです。

(記事はリンクフリーです♪)

流れず 流されず

2017-07-17 10:18:41 | 日記
         〇
 かなしむ者とともにかなしむという
言葉は、かなしんでいる人の波に
呑み込まれてしまっては、共倒れに
なってしまう。
 気持ちを感じ切るということと、心を
調和させるということは違うんだよ。
 気持ちはいうなら情の世界だ。人
それぞれの情をよくよく理解した上で、
あなた方は、その人の本心に呼びかけ、
本心がひかりかがやくようにしなければ
ならないんだよ。
 流れず、流されず。神様がすべて
見守っていて下さるとおもって、働く自分を
自在にしてゆくことが必要です。
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真実の人間の相があらわれる | トップ | 神の働き人 »

あわせて読む