さいきんの流星光/2017
売れない漫画家は楽しいぞ~!ナガレボシヒカルのクールな日常
 



楽しんでいただけたらポチとお願いします!にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ




今年も、一年、ありがとうございました!

読んでくださったみなさん、コメントくれたみなさん、
ありがとうございました!

2016年の僕の活動を振り返ってみましたので、
暇つぶしにでも読んでやってください。


       ★       ★       ★

■2月

去年に引き続き、読書ブーム続く。
「短編小説を3~4本書いてから長編を1本書こう」とかいうメモが見つかる。



よくもまあ、そんな事を考えていたもんですよ。
小説をなめていた証拠です。
すいません。

案の定、挫折して、途中から漫画を描き始めました。

■3月

キャノン複合機を仕事部屋から撤去。
断捨離進む。

今年は、物を捨てるのに、数万円使ったなー。



■5月

「テン喫茶 第1話」アップ。
4頭身キャラの時代スタート!
と同時に読書ブーム終わる。



■6月

痛風と診断される。

飲むお酒も、発泡酒からハイボールへと変化しました。



廃品回収車に追いかけられる。

これ実話だったんですよ。
とんでもねー奴らだぜ!
あれからも僕は、町のために戦い続けている!



■10月

函館に帰省。
初めて高速バスで青森まで行く。死ぬ。

次からは、
一万円余計に払ってもいいから新幹線で帰ります。



■11月

ほぼ毎日ランチ外食する。

結果、金なくなる。

■12月

ネット上で、存在感を示せないかと考え始める。
ホリエモンの言葉を素直に受け入れる。
ツィッターのサブアカ作る。


まあ、こんな感じで、
僕の2016年だった訳です。

ありがとうございました。

そして、2017年も、よろしくお願いします!


-----------------------------------------------------------------
■奥さんのツィッター(猫写真、映像たくさんあります)
-----------------------------------------------------------------
■流星光のツィッター
-----------------------------------------------------------------
■流星光作LINEスタンプ発売中!
-----------------------------------------------------------------
■【ニコニコ動画】流星光のコミュニティ
-----------------------------------------------------------------
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へランキングに参加しています。
おもしろいと思ったらクリックしてください。
それが私の得票数になります。
--------------------------------------------
タイムマシーン・ジャーナル

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 西荻窪な日常... 今日も明日も... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ビー)
2016-12-28 08:38:03
痛風、大事に至らなかったようで、
本当に良かったです。

先生のプレイバックを見ると、経緯を全部覚えてるので
「ストーカーか」と自分ツッコミしたくなります。

しかしメモはさすがに知りませんでしたよ。
「メモが見つかる」って、遺跡発掘みたいです(笑)

2016年、色々楽しませていただきありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。

ちなみに先生はヒツジ年ですね。私もヒツジであります!
だから何さ、とオチが無いところで、
ではでは~~(^o^)/
 
 
 
Unknown (流星光)
2016-12-28 08:59:01
>ビーさん

コメント、ありがとうございます!

まあ、いろいろあった…という言えばそうなんですが、

大きな事件が、あまりなかったとも言えますね。

小さな変化が…

でも、それがのちのち大きな動きにつながってくるかもです。

ありがとうございました。
 
 
 
Unknown (通りすがり)
2016-12-28 17:14:29
廃品回収車、実話だったんですか! 笑
現実ベースの日常物のはずなのに、
この回はエンタテインメントだなあ、と思っていたのですが
日常に起きていたとはびっくりです・・・

念のための確認になりますが、担当編集さん登場以降はフィクションですよね 笑
 
 
 
Unknown (流星光)
2016-12-28 18:02:37
>通りすがりさん

コメント、ありがとうございます!

実話だったのです。^^;


担当編集者の登場以降はフィクションです。
あんなすごい女編集者がいたら
惚れちまいますよね。

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。