静電気対策(Ag-power高濃度)で頑張るおじさんⅡ

水性可視光応答型Ag-powerの用途は未知数です!!

【静電気対策:交換部品は交換する!メーカー基準に準じる整備の習慣かも!メンテナンスが大きな差を生む今からの中古車市場!】スズキの次世代テクノロジー デュアルジェット エンジン

2017年12月08日 12時05分53秒 | 静電気除去

スズキの次世代テクノロジー デュアルジェット エンジン


オイルの量よし!そんな時代が終わりそうですね・・・

簡単に壊れなかったのに、今は何故壊れたかが分からない!

今悲しいかなそんな時代に入りました。


しかしこれを修理で依頼されるのは整備工場さんです。

原因がテスターで出ない調子の悪さがあります!


これは今年の春先偶然静電気テスターを購入し調べていて分かったんです。

それは静電気の(V)数のデカさです。単位が(KV)なんですね・・・

数値が出た所をメンテナンスを行いました。


例を上げれば

プラグ近辺から静電気が計測されたらプラグを外してみました。

意外な事にプラグの芯が残ってないんですね・・・


ノイズがが止まらない!そんな相談の時は

バラストの取り付け方をチェックしたら・・・・・


なるほど~てなことで18年ほど前にナカミチに代理店

時代に

口がやさしい技術者から涙が出るくらい丁寧に教えて頂いた方法で取付

その配線を加工しました!すると見事にノイズは消えました!


メーター内のチェックランプが点滅すると相談された時は・・・

瞬きするんですね~言ったら凍り付くような温かい視線で見られました(笑)


ETCのアンテナケーブルから大きくはないんですけど静電気が計測されたんで

取付け方(秘密)は変えましたが、公開する事は出来ません!

カードを入れず都市高速の下を走ってみて下さい。とお願いしたら


正常に作動し始めたんですね・・・瞬きが無くなったんです!!

カードを入れても正常になりました!!


難しく考える事は私には不可能です。整備士じゃないんで・・・

しかし単純に考えてチェックしたら意外な場合もあるんです。

それが静電気です。整備業界でも極極極1部の人しか口にはしてませんけど!!


基本は消耗品を定期的に交換する事が第一です。

社外品を取り付ける時はメーカーの取り付け方を参考にする事でノイズから

解放されます。最後はAg-powerが助けてくれます。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ビルゲイツも歓喜:大人の... | トップ | 寒いよ~っと言い出したとこ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

静電気除去」カテゴリの最新記事