【静電気・電磁波対策(Ag-power)①~⑳番で】頑張るおじさん!

Anti Bacterial Pro(アンチ バクテリアル プロ)の特許がおりました!

【車の世界では、一般に認知されていない静電気の弊害】最新の宇宙一が来た!

2017年07月16日 12時16分56秒 | 真実を追及出来るYouTube!!

最新の宇宙一が来た!


メルセデスやBMWで経験させて頂いたATFの高さ・・・

意味もなくオートマオイルが高い訳ありません。

従来ではない性能が要求され克服された証です。

 

高額だから交換しない。

交換できない。

 

これまたオーナー様の自由です。

 

わたしは整備士としては無知のレベルで資格もありません。

15年前高級外車の中古車店を経営していたころから

ATオイルは2万キロ走行時に交換しましょうと言い続けていました。

 

多くの方々からお金儲けのボッタクリ店ともいわれました。

しかし極僅かではありますが・・・・・

2,000台超販売し、今現在も数百人の方々が御客様で残って下さっています。

 

ATのO/Hも数十台行いました。

ミニキャブ4WDからAMG、600SLまで・・・

 

最近ヤナセさんとお話する機会があり

間違ってなかった事に喜びを感じました。

 

誰が何と言おうと電子制御でバルブボディーを作動させている以上

静電気対策なしには車は電気信号が止まります。

 

それを多くの方々はATが壊れたと勘違いされています。

それは信号が失火予防のために停止しているだけで

壊れている事はありません。

 

ディラーに持ち込む前に静電気対策を行い

1~2日後、オイル交換とエラー削除を行って下さい。

 

必ず復活すると考えています。

現実数十台復活しています!!

 

これを知るか知らないかで大きく変わる車のメンテナンス費用と

車の買い替え経費!!

 

車は良く出来ています。

ただ静電気が消せないんです。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【世界で一番説かれていない... | トップ | 【世界を支える車業界!希望... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL