【静電気を除去する水性コーティングAg-power】で頑張るおじさん!

Anti Bacterial Pro(アンチ バクテリアル プロ)の特許がおりました!

【静電気対策で気になっていたのはターボ車です】ターボ車に巡り合いました!!

2017年05月12日 05時31分28秒 | Ag-powerで静電気よおさらば~

車にどんな静電気が発生し対策の手立てはどれだけあるか?

摩擦による静電気の対策はAg-power施工で出来ます。

排気センサー対策として行っているのは触媒部分で発生した静電気を

排気口まで引っ張れるように排気口に施工しています。

気になって仕方がなかったターボ車!

10数年前までO/Hで助けて頂いたチューニングショップさんに

共同テストを御願いしようと計画しています。

アブソーバー、キャリパーは得意技ですから丁寧に施工するのみ!

意外と知られていないのは、静電気によって受ける弊害は、効き目では無く

ローターからパッドが離れないのが静電気による弊害です。

スリット、ドリルホール、4ポット、6ポットと言う進化したスポーツカー御用達が

その対策商材と言えます。弊社では最安価なAg-powerで行います。

アルミホイールの高級と言えば3ピースか鍛造が頭の中にイメージします。

車持たれた方が諦めないと仕方がないのがホイールの汚れ!

ホイールの汚れがしつこい原因はベアリング、ブレーキから発生した静電気に

吸いつけられたゴミだと捉えています。電着ですね・・・!!

綺麗に洗うため強アルカリ性洗剤で洗われ色褪せたりされた経験ありませんか?

今後簡単な洗浄で洗い落とせるのがAg-powerコーティング!!

一番の強みは電着させない事です!!

 

今後も少しづつ解説を入れていきます!!

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月11日(木)のつぶやき | トップ | 【静電気対策で勘違いしない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Ag-powerで静電気よおさらば~」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL