【静電気を除去する水性コーティングAg-power】で頑張るおじさん!

Anti Bacterial Pro(アンチ バクテリアル プロ)の特許がおりました!

【静電気を克服できたものが車社会を変えれるかも?】フェラーリ等のスーパーカー、F1さえMT車が消滅!その驚きの理由とは?

2017年07月17日 12時34分22秒 | Ag-powerで静電気よおさらば~

コンピューター制御、電子制御などなど電気のかたまりになった車。

便利になったとばかり喜べません。

ディラーさんも整備工場さんも静電気対応が出来ないからです。

 

インターネットで検索しても出てきません。

それは対策商品がないからです。

 

メーカーの思惑に抵抗する手段がないんですね・・・

ここが今一番差別化が可能な商域なんですけどね・・・

 

一日も早くAg-powerが商品化出来るように頑張らせて頂きます。

貴方の車が大きく変わる時期がそこまで来ています。


フェラーリ等のスーパーカー、F1さえMT車が消滅!その驚きの理由とは?


 メルセデス・ベンツが縦置き9速ATを発表! 9月Eクラスから

2013/07/31 16:03 by   ニュース・新車, テクノロジー,

https://clicccar.com/2013/07/31/226501/

 

燃費性能と運動性能を両立すべく変速機の多段化は、そのシステムにかかわらず

世界のトレンドとなっています。

そして、ついにメルセデス・ベンツが縦置きの9速AT「9G-TRONIC」を完成、

2013年9月からEクラスに搭載して市販することが明らかとなりました。

Mercedes-Benz 9-Gang Automatik 9G-TRONIC

カットモデルのイラストからもわかるように、9G-TRONICはトルクコンバーターを用いたタイプで、

変速部分は4つのプラネタリーギアと6つのシフト要素によって構成されています。

プラネタリーギアが4つというのは9速ATとして考えると最小限、ミッションサイズや重量で

9速化のネガティブさを減らしているといえます。

 

さらに軽量化への工夫も加えられています。トルクコンバーターカバーにアルミニウムを、

トランスミッションハウジングにマグネシウムを使用する上、

オイルパンはプラスチック製としています。

 

さて、9G-TRONICが搭載されるのは、V6 ディーゼルエンジン のE350ブルーテックです。

185kW (252hp)という高出力ながら、欧州モードでの燃費性能はセダンで

5.3L/100km(約18.8km/L)mワゴンで5.5L/100km(約18.1km/L)と優れた数値になっています。

高速巡航(120 km/h)でのエンジン回転数は1350rpmといいますから、

かなりのハイギードぶりが想像できます。また、変速比幅は9.15とアナウンスされています。

 

なお、新開発された9G-TRONICの入力トルクは1000Nmと大きく、

四輪駆動やハイブリッドなどへの展開も考慮されているということです。

 

この9G-TRONICを搭載するE 350ブルーテックの本国価格(税込)は、

セダンが54,710.25ユーロ、ワゴンが57,923.25ユーロと発表されています。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【誰もが知りたいのでは?】... | トップ | 【Ag-powerが役に立てそうな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Ag-powerで静電気よおさらば~」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL