【静電気・電磁波対策(Ag-power)①~⑳番で】頑張るおじさん!

Anti Bacterial Pro(アンチ バクテリアル プロ)の特許がおりました!

【静電気対策は発生する場所で拡散させれた方が良い】簡単に可能にする事が弊害を減らせます!!

2017年02月12日 08時30分55秒 | Ag-powerで静電気よおさらば~

論より証拠

理屈理論も提案書には必要です。

しかし現場では出来るか出来ないかです。

出来なければ役に立て無い商品です。

静電気が車の性能を妨げているのは整備関係者であれば御存知です。

しかし身の周りに対策品が販売されていないのです。

化学立国日本には隠れた優れ物が山ほどあります。

その1つに弊社が取り上げている銀イオンがあります。

周りが抗菌に使用しているのは少量で効果があるからにすぎません。

抗菌、除菌目的が主流に感じますが・・・・・

それは使い方の一つにすぎません。

濃度を静電気が拡散出来るまで濃くし基盤に定着できれば

誰が行っても静電気は拡散可能な使い方になります。

現在でも国立大学の九州大学では何十年もの間研究されています。

販売されていないのは原価が高いからとしか思えません。

弊社の商品に総てに銀イオン高濃度配合商品は

静電気・電磁波拡散の目的で使用しています。

静電気対策銀イオン配合商品が何故大手メーカーから販売されないのか?

その理由の一つに銀イオンは定着しないからです。

車の静電気を無くす事は不可能ではありません。

車に銀イオンを定着させる事が不可能だったのです。

工業機器も静電気拡散商品が無いので

工場全体に静電気が発生しない為の対策が取られているのです。

その不可能を可能にしたのが弊社含む福岡県の零細企業集団なんです。

商品化が可能になったのです。

誰が施工しても使い方が正しければ塗布した場所で静電気が拡散できます。


 

静電気のおはなし
       正体見たり静電気!ほんとはスゴイ!こんなにスゴイ!

http://www.trinc-concierge.com/017/index.html

 

パチパチは
すりすりしてパチッと
発生るんだ!
ドクター
静電気って どうして発生
するんですか!

接触、摩擦、剥離、圧縮などによる帯電

  物質を接触させたり摩擦すると静電気が発生します。

接触すると側とされる側の間で電子の受け渡しが行われ、電子を受け渡した方がプラスに帯電します。

実際の場面では接触、摩擦した後、両者は離れるため、

最終的には剥離現象が起き静電気が見えるようになります。

工場などの現場ではこのような静電気問題がよく目につきます。 

物質は圧宿されることによっても帯電が発生します。

その発電性能を高めた物質の代表が圧電素子で、PZT(ピエゾ素子)と呼ばれています。

わずかな圧宿力で高電圧の静電気を発生できるので、

圧力センサーやライターなどの電子着火装置電源として用いられます。

 



 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月11日(土)のつぶやき | トップ | 【車の静電気はエンジンを始... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL