【車から発生する静電気を除去・Ag-powerコーティング】で頑張るおじさん!

Anti Bacterial Pro(加湿器で散布)で事務所臭が消せます!

【私個人の思いです!!問題は火災保険の損害査定では?】糸魚川大火に耐えた奇跡の1軒 08年完成「丈夫な家」

2016年12月28日 20時10分16秒 | ニュースの感想
 
 
 
 
 

 
 
 
28,12,28 21 時間前
 
 
一夜明けた火災現場。中央の家が金沢さんの自宅=23日、新潟県糸魚川市、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
© 朝日新聞 一夜明けた火災現場。中央の家が金沢さんの自宅=23日、新潟県糸魚川市、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
 

 120棟が全焼した新潟県糸魚川市の大規模火災で、焼け跡に1軒の木造住宅がぽつんと立っている。

会社員の金沢隆夫さん(35)の家だ。

 

「周りは火の海となり、もうダメだと思って避難した」。

だが、鎮火後に戻ると、建物はほとんど焼けずに残っていた。

 

 22日の出火当時、金沢さんは市内で仕事中だった。

市の安心メールで火災を知って帰宅し、消防団員として隣家の初期消火に当たった。

 

だが、強風の中で炎が近くまで迫ってきた。

自宅にも燃え移ると思い、たまらず避難した。

 

 2007年の新潟県中越沖地震など地震災害が話題になるなか、

家を建てようと考えていた金沢さんは、地元の建築家に「丈夫な家」を依頼した。

08年春、2階建て延べ250平方メートルの洋風住宅が完成した。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Ag‐power 】年中走り回る営... | トップ | 【(通院治療からヒントを得... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュースの感想」カテゴリの最新記事