文化庁は5日、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県宗像市、福津市)について、

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)が

世界文化遺産に登録するよう条件付きで勧告したと発表した。

 

7月にポーランドのクラクフで開かれるユネスコの世界遺産委員会で正式決定される見通し。

 

 登録されれば、国内の世界遺産は21件(文化遺産17件、自然遺産4件)となる。

 

 「宗像・沖ノ島」は、九州と朝鮮半島の間に位置し、島全体が信仰の対象とされる

沖ノ島(宗像大社沖津宮)のほか、別の離島である大島や九州本土で共通する

祭祀(さいし)を行った宗像大社の中津宮と辺津宮▽大島から沖ノ島を拝む沖津宮遙拝所

▽祭祀を担った豪族宗像氏の墳墓「新原・奴山古墳群」―の資産で構成される。

イコモスはこのうち、沖ノ島以外の資産を除いた登録が適当と勧告した。

 

 沖ノ島では4〜9世紀、朝鮮半島や中国大陸との交流成就や、

航海の安全を祈る大規模な祭祀が行われた。

 

朝鮮半島からの金製指輪や、ペルシャからもたらされたと考えられるカットグラスわん片など

約8万点の奉献品が出土。全て国宝に指定されており、「海の正倉院」とも呼ばれる。

 

 今も女人禁制などの禁忌が残る。上陸は厳しく制限され、許された場合も着衣を全て脱いで海に入り、

みそぎをしなければならない。

 

 世界遺産をめぐっては、政府が2018年の登録を目指して

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県、熊本県)を文化遺産に、

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島県、沖縄県)を自然遺産に推薦している。