【静電気・電磁波対策(Ag-power)①~⑳番で】頑張るおじさん!

Anti Bacterial Pro(アンチ バクテリアル プロ)の特許がおりました!

【車の静電気はエンジンを始動した時から発生します。走り出したら更に増えます】冬の乾燥した日だけではありません。

2017年02月12日 09時29分42秒 | Ag-powerで静電気よおさらば~

残念ながら日本国内では体に負担になる部分の対策は個人任せです!!

たとえるなら、工場では湿度を安定させたり

人間が働く事で発生させる静電気の妨害を無くすがため

あらゆる対策を取り定期的にメンテナンスされています。

しかし一番大切な中に身の周りがあります。

身の周りで我慢せざる得なかったのは静電気の弊害が理解しにくいからでは?

エンジン回りが一番の発生場所です。

エンジンのピストンとクランクシャフトの摩擦が起こる部分。

燃料が移動する部分

空気が移動する部分

排気ガスが移動する部分

ブレーキとローター

タイヤと路面

ボディーと空気抵抗

まだまだ沢山あります。

最後に人間が操縦時にシートと体での発生などなどです。

施工を終えると何が変わるのか?

ブレーキのタッチが変わります。

エンジンにアクセルを掛けた時のエンジン音が静かです。

電動ファンの音が無くなると言えるほど静かになります。

HV車であれば走行中エンジンが始動しても気付かない時があるほど静かになります。

一日何回か発生する停止時のガックン停止が無くなります。

ミッションのシフトアップ状態が綺麗にわかるようになります。

言いだしたら書ききれないほど変わります。

静電気と誤作動に付いては先日ボルボV70で証明されました。

今度からは安定した運転しやすい車作りに貢献できればと考えています。

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【静電気対策は発生する場所... | トップ | 【静電気・電磁波対策は、誰... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL