【静電気を除去する水性コーティングAg-power】で頑張るおじさん!

Anti Bacterial Pro(アンチ バクテリアル プロ)の特許がおりました!

【明日から血液占い読めますか?】私はRAPTさんの意見を参考にしています!

2017年07月23日 20時10分22秒 | 私生活暴露編!!

ホンダ君血液型は何型?

Rh+B型です。

(やっぱね~)

そんな言われ方にも慣れました!

はたして貴方の血液型分類の捉え方は???


RAPTさんの意見も説得力あります!!


人間の血液型を無理やり四種類に分けたのは、我々人類を「大和族」と「出雲族」と「月派」に分類するためでした。

人間の血液型を無理やり四種類に分けたのは、我々人類を「大和族」と「出雲族」と「月派」に分類するためでした。

20141015b
 
昨日は世界初の青いバラを作った「サントリー」が「出雲族」であり、

彼らが「秦氏」の作詞作曲した「君が代」を嫌い、かつ仙台(東北)を卑下し、

韓国と親密な関係にあるというお話をしました。
 
○青いバラを作ったサントリーは出雲族。

彼らは「秦氏=ロスチャイルド」の作った「君が代」を忌み嫌っているようです。

 
「君が代」の件については昨日、詳しくお話しましたので、

今日は「仙台」と「韓国」についてのお話をしたいと思いますが、

当然、私がここで書きたいのは「仙台」や「韓国」のことだけではありません。


 
先ずは以下の図表をご覧下さい。
 
7308-2
 
この図表を見て、皆さんはどう思いますか。
 
なぜか「A型」の人が関西にばかり偏り、「B型」の人は関東から東北に偏り、

「O型」は北海道や東海に偏っていますよね。


 
普通に考えれば、それぞれの血液型の人がもっとバラバラに存在していても

おかしくないようなものですが、どうしてこんな風に「A型」は「A型」、「B型」は「B型」、

「O型」は「O型」と固まって存在しているのでしょうか。


 
この理由についてあれこれ考えてみたときに、私がパッと思いついたのは、もしや血液型というのは、

「大和族」と「出雲族」と「月派」のことをそれぞれ表しているのではないか、ということでした。


 
例えば、「大和族」は邪馬台国を西日本に築いたわけですから、関西に多い「A型」が「大和族」。
 
で、その「大和族」に追われて東北地方に逃げていった「出雲族」が「B型」。
 
そして「大和族」と「出雲族」に追われて北海道に逃げていった

縄文人が「O型」だという風に考えられるわけです。
 
ということで、ひとまず以下の記事をご覧下さい。
 
----------------(以下、こちらから転載)
 
日本には大別して2つの流れが存在します。
 
出雲族と天孫族です。他に熊野族や三輪族など、数多く現存していますが、ここでは触れません。
 
古代、スサノオのミコトを始祖とする出雲王朝が、大和朝廷に国を譲ったという国譲り神話が有名です
 

しかし、私は違う。と確信しています。

そこには壮絶な戦いが繰り広げられ、敗れた出雲族は日本全国、主に東方へ逃げたと考えています
 
最後に行き着いた場所が平泉であり、中尊寺に代表される平泉文化です。

(註:平泉は「岩手県」にあります。)


 
難しい古文書の文献を披露するつもりはありません。
 
簡単な事は、そば文化とずーずー弁です。


 
島根県出雲は出雲そばで知られていますが、うどん文化の中で唯一そば文化が残っている所です。

この現象は、関東、東北に逃げた出雲族が出雲からそばを持って行ったと考えられます。

ずーずー弁もしかり、関西弁が主流のかの地で島根県だけがずーずー弁です。


 
これも、出雲族が使用していた言葉であり、その地に居ついた彼らが広めたと思われます。

両方とも出雲が発祥地です。


 
出雲王朝がすんなり国を譲っているなら、こんな現象は起きません。
 
スサノオとアマテラスは兄弟で、もう1人月読命(ツキヨミノミコト)がいます。


 
3人兄弟の中で、アマテラスとスサノオの姉弟喧嘩が今でも続いていると思って頂ければ

分かりやすいでしょう。


 
アマテラスは大和朝廷誕生の企画者であり、現天皇家を中心とする天孫族の始祖です。

ここで、出雲族対天孫族という構図が見えます。
 
----------------(転載ここまで)
 
このように、「大和族」に追われた「出雲族」が平泉など、

東北地方に逃げていったというのはかなり有名な話です。


 
さらにこの記事では「大和族」は「うどん文化」であり、「出雲族」は「そば文化」とも言っています。

これまた面白い話ですね。


 
ということは、「うどん県」で有名になった香川県はやはり「大和族」が

沢山住んでいるということなのでしょうか。


 
実際、この香川県は「大和族」とおぼしき「A型」が最も多いです。


 
一方、「出雲族」が逃げ込んだとされる東北地方には「B型」が多いですね。

で、岩手というと「わんこそば」が有名です。


 
あと、縄文人がもともと「ツクヨミ」であった、つまり「月派=教皇派」であったという話は、

前にもこのブログでしたことがあります。


 
空海も最澄も日蓮聖人も出口王仁三郎も深見東州も池田大作も同じ悪魔「サナト・クマーラ」を崇める妙見信仰者でした。
 
で、縄文人はアイヌ人である、というのも有名な話ですね。


 
----------------(以下、こちらから転載)


 
日本人の遺伝的な系統はアイヌ(北海道)と琉球(沖縄県)が縄文人タイプで、

本州・四国・九州は縄文人と弥生系渡来人との混血とみられることが、

東京大などのゲノム(全遺伝情報)解析で分かった。


 
約100年前に提唱された「アイヌ沖縄同系説」を裏付ける成果で、

1日付の日本人類遺伝学会誌電子版に論文が掲載された。


 
日本人の成り立ちについてドイツ人医師のベルツは明治44年、

身体的特徴の共通性からアイヌと琉球は同系統と指摘。


 
人類学者の埴原(はにはら)氏は平成3年に「二重構造説」を提唱し、

本州などでは弥生時代以降に中国や朝鮮半島からの渡来人と先住民の縄文人が混血したが、

アイヌや琉球は遠いため混血が少なく、縄文型の系統が残ったとした。


 
今回の結果はこれらの仮説を高い精度で裏付けるもので、日本人の起源を探る上で貴重な成果という。

仮説はこれまでもミトコンドリアDNAの分析結果などで支持されてきたが、はっきりしていなかった。


 
研究チームはアイヌ系36人、琉球系35人のゲノムを解析し、

DNAの個人差を示す60万個の一塩基多型(SNP)を調べ、本州・四国・九州の計243人や

韓国人などと比較した。


 
その結果、アイヌと琉球が遺伝的に最も近縁で、本州などは韓国と琉球の中間と判明。

アイヌは個人差が大きく、北海道以北の別の民族との混血が起きたとみられることも分かった。


 
研究チームの斎藤成也総合研究大学院大教授(遺伝学)らは縄文人の骨からDNAを採取して解析中で、

斎藤教授は「分岐や混血の年代を推定して日本人の変遷を明らかにしたい」と話している。
 
----------------(転載ここまで)


 
このように、北海道と沖縄には「縄文人」タイプの人が多いとのことですが、

上の図表を見てみると、面白いことに北海道も沖縄もなぜか「O型」が多い。

 
ということは、やはり「縄文人」は「O型」であると考えられます。
 
ですから、結論としてはこういうことになりますね。
 
■大和族=A型
 
■出雲族=B型
 
■月派=O型
 
で、このことを念頭に入れて、以下の図表をご覧下さい。(出典はこちら
 

【A型の血液型 分布地図】

blood-type-a

 

【B型の血液型 分布地図】

blood-type-b

 

【O型の血液型 分布地図】

blood-type-o
 
このように

「A型」はヨーロッパとオーストラリアに多く、

「B型」はロシア、中国、中東に多く、

「O型」は南北アメリカに多い。
 
これでなんとなく「大和族」と「出雲族」と「月派」が

どの辺りにたくさん住み着いているかが分かりますね。


 
アメリカに「O型」、すなわち「月派=教皇派」が多いというのは実に面白いです。

実際、アメリカは「月派」の拠点になっていますからね。


 
あと、ロスチャイルドの拠点であるヨーロッパに「A型」が多いのも実に興味深いです。

やっぱりロスチャイルドは「大和族」を担いでいるだけあって、「大和族」の血が最も濃いようですね。


 
では、「出雲族」とおぼしき「サントリー」が親密にしていると思われる「韓国」はどうなのでしょうか。
 
こちらの「サイト」を見てみると、こんなことが書かれてありました。

 
■日本人の血液型 A型:35% B型:23% O型:31% AB型:11%
 
■韓国人の血液型 A型:32% B型:30% O型:27% AB型:11%
 
日本人に「B型」が少ないのに比べて、なぜか韓国人は「B型」が多いですね。

ということは、韓国には「出雲族」がたくさん住み着いているということなのかも知れません。


 
だからこそ、「出雲族」とおぼしき「サントリー」の元会長は、

韓国人と同じように「日本海」のことを「東海」と表記したのではないでしょうか。


 
要するに日本の「出雲族」は「韓国人」のことを同士のように思っているということです。

あるいは、日本の「出雲族」の上層階級は、

韓国の「出雲族」の上層階級と血でつながっているのかも知れません。
 
しかし、ここで一つ問題が出てきます。


 
もし「サントリー」の元会長が「出雲族」であるならば、

なぜ「出雲族」がたくさん住んでいる東北のことをバカにしたのでしょうか。

そして、仙台への遷都に反対したのでしょうか。


 
しかし、上の図表をよくよく見てみると、東北地方はほとんど「B型」ばかりなのに、

仙台だけはなぜか「O型」が多いです。
 
ということは、仙台には「出雲族」よりも「月派」が多いということになりますね。


 
実際、「仙台」には伊達政宗がいて、伊達正宗は明らかに「月派」でした。
 
伊達政宗 – Wikipedia
 
syonbori

〈仙台藩主・伊達政宗〉


 
このように仙台藩主である「伊達政宗」はその頭に「月」をしっかりと掲げていました。

明らかな「月派」ですね。

 

つまり、仙台は一時期、「月派」によって治められていて、

だからこそ仙台には「月派」の「O型」が多いというわけです。


 
そのため、「出雲族」とおぼしき「サントリー」の元会長は、仙台への遷都に反対したのかも知れません。
 
しかし、こういうことも考えられますね。


 
彼が仙台遷都に反対したとき(昭和63年)から、もう既に彼らの間では「3.11」が計画されていて、

福島で原発事故を起こすことも決まっていたので、適当に言い訳をつけて仙台への遷都に反対した……と。
 
もしそうだとしたら、これは本当に許せないことです。


 
いずれにせよ、人間の血液型を「A型」「B型」「O型」「AB型」の四つに分類したのは、

悪魔崇拝者たちが我々人類を「大和族」と「出雲族」と「月派」に区別するためだったという

可能性が高くなってきました。というか、ここまでくると、これはもう間違いなさそうですね。


 
そもそも、血液型というのは「DNA」と同じく人それぞれ全く違っていて、

四つに分類すること自体に無理があると言われています。

それに、血液を分類する方法は他に幾通りもあると言われています。


 
それなのに、こうして血液型を無理やり四つに分類したのは、

悪魔崇拝者どもが我々人類を「大和族」「出雲族」「月派」に区別して、

自分に最も近い「血統」の者たちを自分の仲間に引き入れるためではないでしょうか。


 
例えば「大和族」の連中からしてみれば、「月派」の血を持った人間を仲間にするより、

「大和族」の血を持った人間を仲間にした方がいいでしょうからね。

彼らは何よりも「血統」を大切にしている人たちですし。


 
そのため、天皇家は「日本赤十字社」を経営し、

人々の血を「献血」という形で全国から集めているのかも知れません。

そうしておいて、我々庶民を陰で密かに

「大和族」と「出雲族」と「月派」に分類しているのではないでしょうか。


 
決して「輸血」のために血液型を分類し、

「輸血」のために全国から血液を集めているわけではないということです。
 
しかし、考えてみると、これは随分と気味の悪い話です。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【信じられないくらい鉄板が... | トップ | 【誰も信用しませんけどね・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

私生活暴露編!!」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL