【静電気・電磁波対策(Ag-power)①~⑳番で】頑張るおじさん!

Anti Bacterial Pro(アンチ バクテリアル プロ)の特許がおりました!

【収入の使い方は本人が納得できれば良いのです】(プレジデント)高収入者はなぜ、みせびらかし消費をしたがるのか?

2016年11月20日 11時07分54秒 | 真実を追及出来るYouTube!!

他社の事務所に行ったときサーバーを見ると口にするのは

御金を出してまで腐らない水を何故購入するのですか?

 

意外と仕事以外の健康や環境の会話で和みます。

 

ちなみに貯金は大切ですし我慢を身に着ける大切な事だと思います。

 

しかしたまらない私の場合は理由があります。

そぅ~使いすぎ!

 

ただこの年になり言える事は御金を使わないと身に付かない事が多々ある。

使い方は大切です。

 

総て本人判断で外野の私には関係ない事ですけど・・・

 

小耳にはさんだ驚きの事とは・・・

意外と知られていないメルセデスベンツのシート!!

 

長距離運転や同乗で疲れないようにあらゆる技術でテストして来ているらしい~

それはシートに銀を織り込み体内に帯電した静電気が抜けるようにらしい・・・

 

ただ予想を裏切るのはモケットシートだけ・・・

 

ベンツ=レザーシートでしょう?

ちょっと違うみたいですね・・・・・


憧れが「ベンツSクラス」なら富裕層には届かないマネー

2016.11.17

金森 重樹

行政書士・不動産投資顧問 金森重樹=文

PRESIDENT Online

 

http://president.jp/articles/-/20651

 

高収入者はなぜ、みせびらかし消費をしたがるのか?

以前、こんな興味深い調査結果*についてお話しました。

「購買力」が次の1と2の世界で等しい場合、「あなたはどちらの世界に住みたいですか?」と質問をすると、

56%が1を選びました。

1.自分は収入が5万ドルで他のすべての人は収入が2万5000ドルの世界

2.自分は収入が10万ドルで他のすべての人は収入が20万ドルの世界

 

*サラ・ソルニック(バーモント大学経済学部アソシエイトプロフェッサー)と

デビッド・ヘメンウェイ(ハーバード大学公衆衛生大学院教授)が、ハーバード大学の学生と職員に質問した

(調査の詳細は、http://president.jp/articles/-/20185)。

この質問に対する結果から導きだせること。

それは……。

「人はお金持ちになりたいのではなく、他人よりお金持ちでいたいだけだ」

人は純粋にお金というものを絶対的な数量として欲しているのではなく、

社会における相対的に高い地位(あるいは高収入の職業)を欲しているというのが真相だということです。

 

意識しているかいないかは別にして、そうした本性が私たちの中には潜んでいるのです。

 

▼地位財への誇示的消費が財産形成の阻害要因となる

このような、人の「社会における相対的に高い地位」を欲する傾向と強く関連していると思われるのが、

地位財(周囲との比較によって満足を得るもの)です(関連記事URL http://president.jp/articles/-/20185)。

 

自分の相対的地位の高さを示す(自分が高い相対的地位にあることを示す)ため、

人は消費をします。このことについて、古くは1899年にアメリカの経済・社会学者のソースティン・ヴェブレンが

『有閑階級の理論』の中で、次のような主旨のことを述べています。

 

<上流階級は、自分の社会的地位を示すために衒示的消費(誇示的消費、みせびらかしの消費)を行う>

 

また、同じようにハーバード大学教授のジェームズ・デューゼンベリーは

1949年に個人の消費活動はその収入に左右されるだけでなく、

周囲の人間と張り合おうとすることによっても影響を受けると述べています。

つまり、人にはデモンストレーション効果のある消費行動が見られるのです

(関連記事URL http://president.jp/articles/-/19876)。

 

「地位財」で身を滅ぼす高収入者とは?

富裕層は少なくとも19世紀の昔から、誇示的消費を行ってきましたし、

個人も周囲の人間と張り合おうとすることで財産を消費してきました。

昔も今も、人間がやることは変わらないわけです。

 

こうした事実から学ぶべきことは、もし本気で資産形成をしようとするなら、

「地位財」がらみの浪費をしてしまう愚は避けなければならない、ということでしょう。

地位財への誇示的消費がこれからの時代の財産形成には明らかに阻害要因となるのです。

さて、問題はこの地位財という存在です。

その存在の「概念」について簡単に頭に入れておきましょう。

ウォーウィック大学教授のフレッド・ハーシュは1976年の『成長の社会的限界』の中で

positional goodsという概念を述べています。

positional goodsとは何か?

 

これは、供給に限りがあり社会的希少性によって少数の人しか手に入れられないため、

その時点で相対的に所得が高い者のみが入手できる財のことです。

仮に、中産階級がpositional goodsを手に入れることができる所得水準まで所得が上昇して、

それを入手できるようになると、その性質は変容してpositional goodsではなくなってしまいます。

例えば、こういうことです。

 

ある中産階級が懸命に働き、富裕層を模倣してベンツのSクラスを所有できたころには、

「その段階での」富裕層はより上クラスのマイバッハなりベントレーなりアストンマーチンなりを所有しているため、

ベンツのSの意味が変わってしまっている、ということです。

 

一般的に、衣食住に必要な物財が社会全体に行き渡ると、余剰の所得は、

供給が固定(限定)されたpositional goodsに向かうことからpositional goodsの価格は急激につりあがります。

結局のところ、社会・経済状況がどんな段階であってもその時点で相対的に所得が高い人しかpositional goodsを

手に入れることができない、というのが専門家の見立てです。

 

では、現在の日本はどうなのか。

 

大まかに言えば衣食住の需要は充足されているように見えます。

よって必然的に余剰の所得(収入)はpositional goodsに向かい、吸い取られてしまうことになります。

となると、先ほども言ったように「その段階での」富裕層以外の人間はどんなに働いても

豊かさの実感というものを味わうことができないことになります。

 

本当の富裕層は、見栄消費は絶対にしない

前出のハーシュは若くして(46歳で)亡くなりましたが、このpotitional goodsの考え方を

コーネル大学ジョンソンスクール教授のロバート・フランクが受け継ぎつつ、別の概念・解釈を付加したのです。

 

フランクは、positional goodsを社会的希少性ゆえに富裕層にしか手にはいらないものとするのではなく、

「他人との比較によってはじめて満足できる地位財」であると定義しました。

これが、現在の地位財という言葉のはじまりになっています。

この地位財という言葉・意味に関して私が丁寧に解説したいと思っているのは、

本欄のテーマである「一般のビジネスパーソンが理詰めで富裕層になる」ということに

深く関連している事柄だと考えるからです。

 

蓄財のテーマなのに消費について語る理由は、お金の作り方と同時に

「正しいお金の使い方」を考えることが富裕層になるためには極めて大切です。

 

次回以降、このロバート・フランクの「地位財」発見までの話を掘り下げますが、今回はその前に、

冒頭で紹介した調査(「人はお金持ちになりたいのではなく、他人よりお金持ちでいたいだけだ」)の中で

触れていない部分について少しだけ述べましょう。

 

私は超高額所得者となった今、「お金の量だけで、幸せにはなれない。

お金でハッピーを買うことはできない」と実感しています。

では、何が幸福につながっていて、何にお金を使えばいいのか。

その質問のヒントとなる調査結果が出ているのです。

 

注目すべきは、「休暇」についての人の意識を探る調査項目です。

 

▼1と2のどちらかの世界に住むとしてあなたはどちらを選びますか?

1. 自分は2週間の休暇で他のすべての人は1週間の休暇の世界

2. 自分は4週間の休暇で他のすべての人は8週間の休暇の世界

 

冒頭で紹介したように「収入」に関しては自分が相対的に高いほうを過半数以上の人が選びました。

そして、この「自分が相対的に高いほうを選ぶ」という傾向は、

「身体的魅力」「IQの高さ」「学歴」といった項目でも同じでした。

 

ところが、上記のように「休暇」に関して質問すると……。

 

18%の人しか1(自分が相対的に高い)を選ばず、大半の人は2を選択しました。

休暇に関しては相対的な量よりも、絶対的な量のほうが選ばれたのです。

 

この結果が暗示すること。それは、私なりの解釈をすれば「正しいお金の使い方」です。

 

他人との比較なしにそれ自体として満足を得られるものにお金を配分していくことが

不毛な競争的消費に巻き込まれないためにも良さそうですし、資産形成にも資する。私はそう考えます。

 

消費活動を一切行わずに資産を形成するだけの人はいません。

 

人は資産を形成しながらも消費活動をおこないますので、

どのような財に効率的に消費活動を集中するかが資産形成に影響を与えます。

こうしたお金に関する「哲学」を自分なりに磨くことで、日々のお金の使い方、

消費のしかたを洗練させることができるのです。

 

*筆者・金森重樹氏にお金に関する悩み相談をしたい方は、下記URLのフォームにご記入ください。
*受け付けた質問の一部に関して、金森氏が記事内で回答する場合があります。なお、金森氏より質問者に連絡することは一切ございませんし、営業目的に利用することもございません(記入フォームにアドレスなど連絡先の書き込み欄はありません)。
https://docs.google.com/forms/d/1QL5Ik3u31anl6QRjpkUdgZw7NqKS4EpmVd3cIUVz82s/viewform

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気になり考え込んでいたら眠... | トップ | 【報道が事実であれば当然の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL