【静電気を除去する水性コーティングAg-power】で頑張るおじさん!

Anti Bacterial Pro(アンチ バクテリアル プロ)の特許がおりました!

【WRC:TOYOTAヤリス、2戦目で勝っちゃったよ~】Jari-Matti Latvala - Rally Sweden 2017

2017年02月13日 22時03分59秒 | 感想&独り言!!

オベ・アンダーソンがTOYOTAと組み地味にTTEとして活動を始め

徐々に頭角を出してきました。

もぅ古い古い過去の話なんですね・・・・・

TRDという名前もいつかしら聞かなくなり

GZracingに・・・・・

Jari-Matti Latvala - Rally Sweden 2017


TTEから考えれば長い期間戦ってきたTOYOTA

しかし参戦を止めて、に18年間も経つんですね


トヨタWRC復帰!ヴィッツベースの車両で2017年より参戦を発表

トヨタ・ヤリスWRC

トヨタが2017年からのWRC復帰(FIA世界ラリー選手権)を発表した。ヴィッツ(ヤリス)を

ベースとしたWRC参戦車両を開発し、本格的な実車テストに入るという。

 

 
 
 
目次 [非表示]

1999年の撤退から2017年復帰へ

1975年TE27カローラレビン

日常的に使われる普通の道で競われるWRC(FIA世界ラリー選手権)には、

トヨタは1973年~1999年への長きに渡り参戦してきた。レビン、セリカ、カローラで

戦ってきた記憶がまだ残っている人もいるだろう。

 

画像は1975年の参戦車両TE27カローラ・レビン。

1975年の1000湖ラリー(現在のラリー・フィンランド)で総合優勝を飾った。

 

3度の年間チャンピオンと43回のWRCラリー優勝を収めたトヨタのWRC撤退。それから18年、

ヤリス(日本名ヴィッツ)をベースとした「ヤリスWRC」でトヨタがWRCに帰ってきた。

 

実際にお客様が日常使われる世界中の道で競われるWRCは、トヨタの「もっといいクルマづくり

を推進するために最高の舞台のひとつとであると判断し、参戦に向けた準備を開始します。

引用:トヨタ自動車
画像:WEB CARトップ

WRC参戦車両はヴィッツ

トヨタ・ヤリスWRCテスト走行

日本ではコンパクトカーの代名詞となっているヴィッツ。

その海外名ヤリスをベースに開発されたヤリスWRCでの参戦となる。

2015年のテストドライバーにはステファン・サラザン、セバスチャン・リンドホルム、

エリック・カミリを起用。なお、2017年の参戦ドライバーは現在まだ発表されていない。

 

  • 参戦車両:ヤリスWRC(日本名ヴィッツ)
  • サイズ:全長 3910mm×全幅 1820mm
  • エンジン:1.6リッター直噴ターボ(グローバルレースエンジン規定に準ずる)
  • タイヤ:ミシュラン
  • ドライバー:2017年参戦ドライバーは未定

 

▼ヤリスWRCに搭載される1.6リッター直噴ターボエンジン

トヨタ・ヤリスWRCに搭載されるエンジン

▼Creating the Yaris WRC

 

ヤリスWRC試乗動画公開

 

 

 

 

トヨタ自動車の豊田章男社長が、トヨタ田原工場テストコースでヤリスWRCに試乗した動画が公開された。

日本で普通に走っているヴィッツとは全く異なる、WRCカーとしてのヴィッツ「ヤリスWRC」が

そこにある。

 

豊田章男社長は国際C級ライセンスを持ち、モリゾウの名でレース活動を行っている。

トヨタ自動車豊田章男社長

ニュルブルクリンク24時間レースへ度々出場、レクサスIS Fに自ら携わる、

86(ハチロク)公開の際には富士スピードウェイで自らハンドルを握りサーキット走行を見せるなど、

本物のクルマ好き・レース好き社長だ。

 

今後も、トヨタはトヨタ関連会社とともに、モータースポーツ活動を通じて、

「もっといいクルマづくり」を進めていくとともに、「クルマの話になると目の色が変わる」と

いったクルマ好きの気持ちにもっと応えていき、「クルマファンの拡大」につなげていきます。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【静電気対策で役に立てない... | トップ | 【メディアさん芸人の番組も... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

感想&独り言!!」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事