光りの進軍  光りよ通え・・・☆

合言葉は光の使命を果たす。
心一つに情報発信

大川法総裁が「正義の法」 著作2000冊突破記念パーティで登壇

2015-11-30 06:57:33 | megamiyama

 

 普通なら、新聞やテレビで大々的に取り上げられても良いニュースですが…、いくら各紙の記者が大川総裁を囲み取材しようが、表だって報じられることはないのが、日本の実態。

しかし、いつか、取材をした記者達が、自分の目で見た大川総裁の実像を広く伝える日が来なければ、ウソです。

各報道機関の記者達は、その名に恥じない仕事をして頂きたいものです。

今は、リバティでしか報じられない!?或いは、コレを報じると、「幸福の科学」に肩入れしていると余計な詮索をされるのが、関の山!?のニュースかもしれませんが、そんなコトはお構いなしに、未だかつて誰も成し遂げたことのない大仕事に挑戦し続ける大川法その人と同じ時代を生き、間近で話をするチャンスさえ与えられていること自体が、驚くべきニュースです。

しかも、今回の記念パーティの席上で、なんと大川総裁「10年後には3000冊突破を目指す!」とおっしゃったそうです。

これまでで2000冊でも脅威的なのに、3000冊!?しかも今度は10年で!?

「大言壮語」というのは、普通“云うだけ…で実現しない”と決まっているのですが、大川総裁の場合は過去の実績からみて実現させてしまいそうなので、恐ろしいデス(笑)(一冊1500円×1000冊で150万円也…本を読む時間と本代を稼ぎつづける信者も大したモンだ!)

この膨大さは、やはり総裁の見ている視点が、今現在の日本や日本人(世界と人類)に留まっていないという証拠なのでしょう。「だから、あまり無理しないでいいよ。着いて来れないなら来れないで、又転生して学びなさい」と云われているようで、逆に意地でもついていこうと云う気になるのです(笑)

日本人で大川総裁の話を聞いて感化されずに居られる人は居ないのではないでしょうか?

ましてや、直に会って取材できた記者が、感化されないはずありません。

「とてもフランクに話してくださり、身近に感じた」という記者の感想もあったように、超一流の仕事をする人に、フランクで親しみ深い態度で接してもらうと、人間誰しも嬉しい気持ちになるものです。

その人の偉さがワカル自分に誇りを持つものです。

良い仕事をしたくなるものです。

一人ひとりが、大川総裁を見習って、自分の限界に挑戦していければ、どんなに素晴らしい世の中になるか!と思うと結局自分に帰ってきますが…

信者でも面と向かってお話する機会などなかなか無いというのに、直に会って取材までしながら、それ相応の報道をしないなら、自分の仕事に誇りなど持ちようがないだろうと思うと、記者が気の毒でもあります。

ともあれ、畏るべし大川法幸福の科学総裁!

誰が何といおうと、前人未踏の荒野を一人突き進んでおられます。

日本に生まれ、日本語で語ってくださっていることに、日本人は感謝しなければバチがあたります。

すべて、後の世の指針になっていく言葉を、今同時代に聞ける幸せを一人でも多くの人に知ってもらわねば!と思います。

大川総裁を見習おう、日本!

大川隆法総裁が『正義の法』 著作2000冊突破記念パーティーで登壇

 

12月14日発刊予定

正義の法

正義の法 

大川隆法著

幸福の科学出版

 

12月中旬に発刊予定の『正義の法』で、大川隆法・幸福の科学総裁の著作が2000冊を突破する。これを記念して11月25日、東京都千代田区の如水会館で「著作シリーズ2000冊突破記念パーティー」が開かれ、著者の大川総裁が登壇、挨拶した。記者の囲み取材などにも応じた。

  

同パーティーには、新聞社、出版社、印刷会社、金融機関の幹部など約300人が参加。大川総裁の説法はこれまでに2400回を超えているが、こうしたマスコミ・出版関係者などが集まる場で登壇することは極めて異例だ。

 

 「次の目標は、10年以内に3000冊」

挨拶に立つ大川総裁。

多くの参加者が集まった記念パーティー。

挨拶で大川総裁は2000冊の発刊について、次のように語った。

「本の執筆を始めたころ、出版社から『宗教書は2万冊以上は売れない』と言われました。しかし実際には、1冊目から2万冊以上売れ、それ以降下ったことはありません」「計画的に積み上げてきたというよりは、一冊一冊、一回一回の話をコツコツとやってきた。イチロー選手のように、一塁打を打ち続けています」

 

また、冊数を重ねる中での水面下の努力に触れ、「本一冊書くためには、最低限100冊以上の本を読む必要があります。2000冊を書くためには、単純計算で20万冊の本が必要ということです。先日書店を見かけました時に、自分の家の蔵書の方が本屋よりも多いことに気づきました」と話した。

そして最後に、「次の目標は、10年以内に3000冊を発刊することです」と宣言。会場からは大きな拍手が沸き起こった。

 

「日本の羅針盤であり、世界にとっての北極星になりたいという気持ち」

来賓を代表して挨拶に立った中島孝志氏。

来賓代表で挨拶に立った経済評論家の中島孝志氏は、前日に大川総裁の第1冊目の書籍『日蓮聖人の霊言』を読み返したことに触れ、「今でも内容が全く古くなっていない」と述べた。また、「(大川総裁の)2000冊は通過点であり、5000冊から1万冊まで行くのではないかと期待しています」と話すと、これを聞いた大川総裁は、顔をほころばせた。

 

また、中締めの挨拶で、産経新聞社営業局長の納幸一郎氏は、「出版広告は、その時代時代を切り取った内容が多いですが、特に、幸福の科学出版さんの大川総裁の著書はタイムリーに間髪入れずに世の中の動きを切り取られています。大川総裁の出される著書の広告は眺めるだけでも、その時代の流れや歴史が分かる。もちろん、(本を)買ってもらわないと困りますが(笑)」などと話した。

 

12月14日に発刊予定の『正義の法』は、副題が「憎しみを超えて、愛を取れ」。宗教や思想の違いによって世界各地で起こっている紛争やテロ、中国や北朝鮮の軍拡など、何が正義なのかが見えにくくなっている国際社会において、「地球的正義とは何か」を提示している。

 

囲み取材を受ける大川総裁。

囲み取材でも、読者に伝えたいことは何かという記者の質問に対し、大川総裁は、パリの同時多発テロについて触れ、こう語った。「宗教、マスコミ、各国の政治制度の違いを加味した上で、どう考えるべきか。(『正義の法』を)一つの羅針盤にしていただければと思う。私の役目は、日本の羅針盤であり、世界にとっての北極星になりたいという強い気持ちを持っている」

 

約5日に一冊という驚異的な発刊スピード

大川総裁は2014年だけで163冊を世に送り出し、自身が持つ年間発刊点数52冊のギネス世界記録(2009年11月から1年間)を塗り替えている。

 

また、幸福の科学は2016年に立宗30周年を迎えるが、大川総裁は最初の書籍の発刊から現在までの間に2000冊の書籍を発刊。単純計算で、約5日に1冊のペースで発刊し続けていることになる。前人未到の驚異的なスピードだ。

 

その著作の内容は、宗教的な心の教えにとどまらず、政治、経済、教育、文化、カルチャーなどあらゆる分野に及ぶ。多作家には「ゴーストライターがいるのでは?」という懐疑的な見方がつきものだが、大川総裁の著作は、公開の場での法話やセミナー、霊言の「語り下ろし」の内容であり、映像や音声のほとんどが記録・公開されているため、疑問を差しはさむ余地がない。

  

「多くの人に愛の心を届けたい」という発刊に込められた思い

なぜ、これほどまでに多くの著作を出し続けるのか。大川総裁はその理由を、11月下旬に仙台市内で行った法話「慈悲の力に目覚めるためには」の中で、次のように明かしている。

 

「2000冊と聞くと膨大な数ですが、一人の頭に2000冊を詰め込もうとして書いているわけではありません。さまざまな教えを必要としている人がいるので説いているのです。それぞれの人に必要な教えや、福音となる教えが少しでもあれば良いと思って出し続けているのです。一人でも多くの人に教えを届けたい。一人でも多くの人に愛の心を届けたい。そういう思いで書いているのです」

 

今回、パーティーの参加者は、以下のような感想を語った。

「100冊書くのも大変なのに、それが、1000冊、2000冊そして3000冊を目指しているとは、純粋に『すごいな』と思う。今後のご活躍にも期待したいです」(中国地方の地方紙幹部)

 

「総裁が次から次へと執筆するバイタリティの源は何だろうと思っていた。『皆様を幸せにする』、そのために書いているのだということが分かり、うちの編集部員にもその考え方を分け与えたいと感じました。改めて紙面の方でご紹介させていただきます」(大手夕刊紙の幹部)

 

「総裁と初めてお会いでき、胸が一杯です。あれだけの本を書かれているので、情熱的なカリスマかと思っていました。近づくとすごくオーラがありますが、とてもフランクに話してくださり、身近に感じられました」(東海地方の地方紙幹部)

 

【関連書籍】

幸福の科学出版 『正義の法』 大川隆法著

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1591

 

【関連記事】

2015年7月8日付Web特別記事 大川隆法総裁、御生誕祭講演会「人類史の大転換」で世界の未来についての指針を説く

http://the-liberty.com/article.php?item_id=9872

 

2014年7月8日付Web特別記事 大川隆法・幸福の科学総裁が、さいたまの講演会で世界に向けて「繁栄への大戦略」を説く

http://the-liberty.com/article.php?item_id=8111

 

2013年12月15日付Web特別記事 大川隆法・幸福の科学総裁が、エル・カンターレ祭で「智慧の挑戦」を説く

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7068

 

2012年12月5日付Web特別記事 幸福の科学・大川隆法総裁、エル・カンターレ祭で「地球的正義」を説く

http://the-liberty.com/article.php?item_id=5248

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恥ずべき最後通牒 ~ハルノー... | トップ | 蛍光灯の製造を実質禁止へと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL