光りの進軍  光りよ通え・・・☆

合言葉は光の使命を果たす。
心一つに情報発信

小保方晴子氏、手記出版 『あの日』

2016-01-27 17:00:10 | 桜 咲久也

 

【STAP問題】小保方晴子氏、手記出版へ「混入犯に仕立て上げられた」 独占手記『あの日』より

2016年01月27日 11時29分33秒 | 拡散記事・報道、教育(活動。繋がる)

小保方氏、手記出版へ 「混入犯に仕立て上げられた」

http://www.asahi.com/articles/ASJ1V43CVJ1VPLBJ003.html?iref=comtop_6_03 

STAP細胞論文の研究不正問題をめぐり、論文を書いた小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)が手記を出版することが26日、わかった。小保方氏がまとまった主張を公表するのは、2014年4月の会見以降初めて。

 タイトルは「あの日」で、全253ページ。講談社から出版され、早ければ28日に書店に並ぶ。14年1月に論文を発表後、不正の疑惑が浮上して論文の撤回に至る詳細などを当事者の視点でつづっている。

 小保方氏は手記の冒頭で「世間を大きくお騒がせしたことを心よりおわび申し上げます」とした上で、幼少期から米ハーバード大留学などを経て、理研の研究員となって論文を発表するまでの経緯を説明している。

 

 


2016年01月27日(水) http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47604

小保方晴子の告白「あの日から、今日までのこと」
~独占手記『あの日』より

生き方全部が間違っていたのか

誰かの役に立つ仕事に就くのが夢だった。その道をまっすぐに追ってきたはずだった。

これまでの人生のあらゆる場面を思い出し、いつのどの判断が間違っていたのか、どうしていたらよかったのか、私はここまで責められるべき悪人なのだと思うと、この世に自分が存在してしまっていることが辛く、呼吸をすることさえ悪いことのように思えた。

幼い頃、「どんな大人になるのか楽しみだ」と微笑みかけてくれた母の思い出がよみがえり、「こんな娘でごめん」と自分を責めた。命懸けで戦えと言われた時のことも思い出した。

最後まで戦い抜けず、途中で弱気になってしまった自分を責めた。支えてくれた友人たちにも、最後まで戦いきれなかったことが申し訳なく、合わせる顔がなかった。これまでの生き方のすべてが間違っていたのかと思うと、どうしていたらよかったのかと、見つからない答えを探していた。

私の心は正しくなかったのか。

これまでの生き方全部が間違っていたのか。

そう自問し、ただただ涙がこぼれた。むせび泣くような体力はもう残っていなかった。

「STAP細胞」をめぐる一連の騒動について、これまで沈黙し続けてきた小保方晴子氏が、初めてその胸の内を告白した。28日に発売される彼女の手記『あの日』より、前書き部分を公開する。

あの日に戻れるよ、と神様に言われたら、私はこれまでの人生のどの日を選ぶだろうか。一体、いつからやり直せば、この一連の騒動を起こすことがなかったのかと考えると、自分が生まれた日さえも、呪われた日のように思えます。

STAP細胞に関する論文発表後、世間を大きくお騒がせしたことを心よりお詫び申し上げます。このようなお詫びを申し上げる手段を見出すことができず、これまで心からの反省や謝罪を社会に向けて行えてこなかったことを、本当に情けなく申し訳なく思っております。

重い責任が自分にあるにもかかわらず、自分でその責任を取りきることさえできず、このような自分が生きてしまっていることに苦しみながら日々を過ごしてきました。

あの日に戻れたら、と後悔は尽きません。でも、もう一度、最初から人生をやり直すことができたとしても、私はやはり研究者の道を選ぶだろうと思います。

ここに真実を書こうと決めた

私は誰の期待にも応えられない自分に失望してばかりの人生を歩んできました。そのような人生の中で、初めて顕微鏡下で観察した生きた細胞は本当に美しく、顕微鏡を覗くたびにいつも何か新しいことを教えてくれ、ドキドキしたりワクワクしたりする素直な気持ちを何度でも呼び覚ましてくれました。

それは、等身大の自分にも何かできることがあるかもしれないと努力する力と、未来への希望を与えてくれるものでした。

STAP細胞の研究中は、細胞の不思議さに魅了され、自分なりに一生懸命に実験に取り組んでまいりました。そのためSTAP細胞論文の執筆過程においても、私は誰かを騙そうとして図表を作成したわけでは決してありません。一片の邪心もありませんでした。

しかし、私の図表の提示方法は、常識として決められていたルールからは逸脱していると判定されてしまいました。不勉強であったことを、心から反省し恥じています。そして、そこから起こった一連の出来事の責任を、抱えきれないほどに感じ、お詫びの言葉も見つかりません。

重すぎる責任に堪え兼ね、死んでこの現状から逃れられたら、と何度も思いました。私は重要な判断を他者に委ね、従えばいいと考えていた弱さや未熟さのある人間です。これまで、他の方に影響が及ぶことを恐れ、私からの発信を控えてきました。

しかし、ここまで社会を大きく騒がせたこの出来事に対し、このまま口をつぐみ、世間が忘れていくのを待つことは、さらなる卑怯な逃げであると思い、自分の持つ弱さや未熟さもさらけだして、この本の中に真実を書こうと決めました。

(前書き終わり。本編へ続く)

現代ビジネス:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47604 
【社会】小保方氏、手記出版へ 「混入犯に仕立て上げられた」 
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1453841380/

 

 


 

小保方氏のSTAP細胞、やはり米国にパクられた?

【会見レポート】理研・笹井氏 論文撤回を主張 小保方氏を日本から追い出してはならない

小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明された? 多能性を持つSTAP現象と同じ研究結果 更新

STAP細胞が証明された? 小保方氏の研究にもう一度目を向けるべき




関連情報

2014年6月号記事

これは天才科学者への異端審問だ - それでもSTAP細胞は存在する 優秀な研究者は国の宝

http://the-liberty.com/article.php?item_id=7735

社会的に葬られた彼女の現在の胸中とは?
一連の騒動に隠された驚愕の新事実に迫る!

【STAP細胞が存在すると、不都合な勢力がいる!?】

科学の未来の可能性を、利権や保身によって葬り去ってもいいのか!?

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1493

『本』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄宜野湾選挙 ヒドすぎ!... | トップ | (要拡散)  沖縄の龍柱が... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (英)
2016-01-29 19:02:42
一言。
元会員さんへ
あの当時は、講談社が、悪いをもって、
いろいろ動いたので、それを、いさめただけ。

今回の件とは、無関係。
Unknown (kochn)
2016-01-31 11:10:42
今まで小保方さんからは、なんの反論もなかったので、一方的に攻められていて著しく公正をかいていた。漸く両者の見解が出て、より正しい状況判断ができるようになったのは喜ばしい。理研の報告も詳しくみるとSTAP細胞の原型ができ、何度か緑色に光ったとあるのだという。そこからさきのキメラマウスへの展開は彼女の責任ある領分ではないのだ。その辺をより正確にみていかないと、理研見解の裏が見抜けないわけで、要注意です。
ご意見ありがとうございます (megamiyama )
2016-02-01 02:03:06
当方、緻密とか正確とかいうのには程遠い表現しか出来ませんので、コメントで突っ込んでもらうと助かります(笑)

それにしても、小保方さんが不正も捏造もしていない!というのは本当だと思いますし、彼女の手記が、真相究明の為の重要なヒントになるのは間違いないでしょうね!

日本に「言論、出版の自由」があって本当に良かった‼と思います。

この手記を出したからと言って、小保方さんの研究者の道が又開かれるということにはなかなか繋がらないかも知れませんが、少なくとも小保方さん一人を悪者にして済む問題ではないという“空気”はますます拡がると思います。

ともあれ、あの失意と絶望の日々の中から、よくぞ奮起して、真実を世に問う覚悟をされた❗と思います。
その健気さと勇気だけでも、称賛に値すると思います。

此処んとこ、パソコンがネットに繋がらないので、スマホで書いて遅くなりました💦💨
Unknown (kochan)
2016-02-02 15:07:22
本件につき、もう1件やぶにらみで発言させていただきます。小保方さんの発見はSTAP細胞の原型を見つけたこちに止まる。これをキメラマウスまで発展させたのは若山教授なのだ。従って小保方さんが記者会を中心人物としておこなったのは奇妙だ。経験からいってもむしろ、若山氏がメインのはずで、このことは小保方さんも手記の中で驚いたと言及しているじぁありませんか。世紀の大発見なのだから若山教授が表面に出て、そして小保方さんを引き連れて出てこないと変でしょう。教授は何らかの情報を握っているはずですから、若山さんも是非発言してほしいものだ。
若山さんが何か云う時は… (megamiyama)
2016-02-04 09:30:03
それこそ、すべてを捨てる覚悟と勇気がいると思います。(確か、騒動の中で奥様と離婚されたという噂も聞きましたから、「あの日」を境に若山さんが失ったものの大きさを考えれば、若山さんこそ、最大のダメージを受けた被害者かも知れませんね。)
やはり科学者がウソ云っちゃ、いけませんね。
若山さんに比べれば、小保方さんの7未来は一点の曇りもなく明るいU+2757と、コレも勝手にf(^_^;思う次第でありますU+203C (^_^ゞ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL