ゆっくり暮らそう

日々まったりと暮らす愛犬と主婦のはなし

6月6日、10歳になったワン

2017-06-20 00:52:45 | 暮らし

2017年6月6日(火曜日)10年前のあの暑い夏の日に、飛行機で空港に降りたワンコ

小さくて細くて、両手で余るくらいだった。初めてのワンコでどうしていいのか分からず、

あれこれ飼育本を読みあさり、訳が分からなくなって悩む様になった。

本当は娘の飼ったワンコなのに、なぜかトイレトレーニングは私の仕事。

ワンコノイローゼになってしまいそうだった。

爺さんとの相性も悪くて、娘はワンコを連れてアパートへ引っ越した。

そこでも娘が仕事中は、私が留守番がてらワンコの世話に行っていた。

そこからワンコを残して家を空ける事が出来なくなってしまった。

自由に出かけ買い物をしたり、病院へ行ったりしていた生活が一変し、

どこへも行けなくなった。毎日、一日2回のワンコの散歩と数か月ごとのトリミング。

誰かを頼っての通院の日。誰かを頼っての美容院。買い物はほぼ通販で。

旅行にも行けず、映画も観に行けず、たま~にショッピングセンター。

留守番させればいいのに・・そうしたかったが、相性の悪い爺さんとワンコの留守番だよ。

ドア開けっぱなしで外出する爺さんだよ。怖いでしょ。ケージに入らないワンコだし。

今も病院とカルチャーはトレーナーさんにお願いしてる。

多分こんな感じでこの後も行くのだと思う。

10年・・長かった様な早かった様な。色々悩みながら来ました。

おそらくあと数年だろうと思うので(わからないけど)このまま頑張ろうと思う。

おっきくなって歳も取って、動きが鈍くなってきたワンコです。

でも、食べることが大好きで、日々元気です。

歩けてる事が感謝かな。

いつになったら飼い主さんはお家へ向かえてくれるのかなぁ。

あんたのワンコだぞ。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白のN-ONEがやってきた | トップ | 母の満80歳の誕生日 »

あわせて読む