悩んでるアナタへ

今、悩みがある人に読んでもらいたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

物語。42

2016-12-24 13:58:12 | 日記
日曜日友達数人と小旅行に出掛け、
最後にとあるお店で飲んだ。
飲み会は2時間程で終了した。
遠方からひとり参加している人がいたからだ。

しかし少し飲み足りなかった。
友達と別れたのは22時頃
もう少し飲みたい。500mlの酎ハイ1本買って帰った。

しかしもう40歳若くはない。
ちょっと飲み過ぎた身体を休めよう。

そして木曜日あれだ。

私の中では昨日で全て終わった訳はなかった。
当たり前である。40年分の恨みがある。
でも両親の中では全てチャラになった。
そんな軽い感覚でいたのだろう。
やたら声がいつもより優しかった。
いや優しかったのは、【親のいう事を聞くいい子】私は昔に戻った。
そう思ったのだろう。

しかし40年間積もり積もって
我慢限界超えた訳だから、昨日があった。
まだまだイライラは残っていた。
【ゴメンで済んだら警察いらない】しかし、
この後本当に…【ゴメンで済んだら警察いらない】事件がおきた。

私は金曜日の夜飲んでいた。
明日は休みだ。好きなだけ飲もう。
缶酎ハイ4本買って、その時3本あけた所だった。
私はトイレに行った。
そして階段上ろうとした時両親のスリッパが目に入った。
またイライラしてきた。
私はおもわずスリッパを思いっきり玄関に向かってぶん投げた。

その後なんとなく母の部屋でざわついていた。
誰かと父が話しをしている。
相手は母ではない。テレビ?いや違う…もしかして?

昨日また壁にかなり大きな穴をあけた話はしたが、
タンスにも大きな穴。
ふすまも数年前から破けている。
障子にいたっては和紙すら貼っていない。
昨日の事で父は怪我をした。
そして今飲酒中。
私は精神科に通院中。
もう破り捨てたが形的にはまだ障害者手帳を持っている。

全て父親の思惑通りに事を進めるには十分過ぎる程の材料が出揃った。
そして賽は投げられた。

ピンポーン。チャイムが鳴った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物語。41 | トップ | 物語。43 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。