RYO山泊主人の雑記帳

アメフト観戦記や読書日記を綴っていましたが、最近は古墳(コフ)ニストとして覚醒中!横穴式石室をもつ古墳にハマっている。

2017 ライスボウル 富士通VS関西学院大学 途中経過

2017-01-03 16:26:44 | アメリカンフットボール
 今シーズンの最後を飾るライスボウル、富士通フロンティアーズ対関西学院大学ファイターズの一戦は、20−0で富士通のリードで前半を終了。富士通のキャメロンから中村へのロングパスによるTD2本とFG2本が決まり20点のリードとなっています。関学もパントフェイクのリバースプレーなど織り混ぜながら頑張ってますが、なかなかエンドラインを割ることができません。ただ第2Qぐらいから、関学のプレーが出始めてますし、逆に富士通のプレーが止まりつつある感じなので、後半、早い段階で関学が得点できれば一気にモメンタムを呼び込めるかもしれません。
後半は関学レシーブから始まるのでまだまだチャンスはあるはず。ガンバレ。
ジャンル:
アメフト
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寺山南山古墳発掘調査 現地... | トップ | 2017 ライスボウル 富士通V... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アメリカンフットボール」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL