群馬県議会議員 ひじやすお

『共に生きる』 ホームページ http://www.hiji-yasuo.jp/

7、七、漆、seven その3

2017-01-12 23:14:16 | 日記
6日。
年に一度の羽織袴の着物姿。

県議団総会に出席する。

県議会議員新春交流会に参加する。

上毛新聞社の新年交歓会に出席する。

伊勢崎市及び行政団体新年祝賀会に出席する。
着物姿も自動車の運転の繰り返しでグズグズとなってしまう。
宮郷中学校吹奏楽部によるアトラクションでの演奏は素晴らしかった。

伊勢崎管工設備協会の新年賀詞交歓会に出席する。

7日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

緑の県民基金事業の実績報告のための資料つくり。

伊勢崎佐波医師会の新年会に出席する。

8日。
殖蓮中学校区の成人式に参列する。
私と同年の船戸さんが校長だった頃の卒業生だが中学校時代は落ち着いていたように思っていたが例年になく私語が目立っていた。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

特別支援学校の成人式に参列する。

市長選挙の五十嵐候補出陣式に参加する。
5時までに他候補の届け出がなく無投票当選となる。
ご本人のこれまでの活躍と実績によって勝ち得た勝利である。
心よりお祝いを申し上げる。
意を同じくする方々と祝杯を挙げる。

9日。
伊勢崎市消防出初式に出席する。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

交通指導員の初点検に参加をする。

第5分団のお祓い・新年会に出席する。
暮から年頭にかけて寒い中での防火活動に敬意を表する。

10日。
市役所に勤務されていたころから、そして商工会議所の専務になられてからもお世話になった田邊省吾さんがお亡くなりになった。
衷心よりご冥福をお祈りする。

(一社団)群馬県宅地建物取引業協会伊勢崎支部の新年祝賀会に出席する。

(一社団)伊勢崎歯科医師会の新年祝賀会に出席する。
地元県議団を代表して祝辞を担当する。
歯科口腔の条例と推進計画について県議としての思いを述べた。

11日。
地元の区長さんと地元問題で打合せ。

伊勢崎織物協同組合の初市天王祭に参列する。

伊勢崎地区獣医師会の新年会に出席する。

12日。
緑の県民基金事業の実績報告のための資料つくり。

伊勢崎空襲を語り継ぐ会で東小学校の6年生に授業を行う。
スタッフの一員として参加する。
子どもたちの真剣な眼差しに心打たれた。
平和は黙っていて齎されるものではない。

赤堀地区の環境問題で打合せ。


『7』 その3
正七角形は定規とコンパスだけを使っての作図ができない。
正三角形から正十角形までの中では正七角形と正九角形ができない。

この記事をはてなブックマークに追加

7、七、漆、seven その2

2017-01-05 22:31:00 | 日記
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

1日。
初詣の片づけを終えて帰宅が午前2時。

9時からの三和町書上区の新年会に出席する。

蓮神社へ年始の挨拶。

引き続き華蔵寺さんに年始の挨拶。

2時より昭和町区の新年会に出席する。

少し遅れて本関町の新年会に伺う。

仲人した家族や親戚も加わって賑やかに新年会。

2日。
のんびりとお正月気分を満喫する。

3日。
お世話になっている方々の所に年始の挨拶。

徹と奈々さんは明日から仕事とのことで岩手に戻る。

4日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

英俊君は明日からの仕事で単身神戸に戻る。

後援会関係者と方々と新年顔合わせ。

5日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

新年の挨拶で市内を移動。


『7』 その2
「七」は訓読みで「なな」、音読みは「しち」。
しかし、「しち」は一(いち)や八(はち)と間違いやすいことから、「なな」と訓読みすることが多い。

大正元年の生れであった父は東京で生まれ育った。
その父は、35~36歳で伊勢崎に疎開してきてから随分と年月が経ってからも江戸弁が抜けないでいた。
古典落語など聞いていると今でも父の喋る口調が懐かしく思い出される。
「しち」と「ひち」、「しく」と「ひく」など「し」と「ひ」が混乱していた。
よく聞いていると、自分の名字である「ひじ」を「しじ」と発音していた。

この記事をはてなブックマークに追加

7、七、漆、seven その1

2016-12-31 17:05:07 | 日記
26日。
生物多様性地域戦略の調べ事で一日。

真里緒と嵩汰郎が帰省。

27日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

今年最後の忘年会。

28日。
生物多様性地域戦略の調べ事で今日一日。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

伊勢崎消防団の第五分団年末夜警の慰問に伺う。
寒い中での警戒に感謝。

29日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

何処にも出かけずひたすら事務所の整理整頓。

市議会議員に出馬するときからご支援いただいた白澤郭員さんがお亡くなりになる。
前日までいつも通りの日常生活を送られていたとのことだ。
99歳の大往生であった。
心よりの感謝を申し上げるとともにご冥福をお祈りする。

英俊君が帰省。
4日間会えなかった嵩汰郎の成長にビックリしている。

30日。
後援会役員さんの所に打合せで市内移動。

ひたすら事務所の整理整頓。

初詣に使うリユース食器の引き取り。

徹と奈々さん岩手より帰省。
岩手にある母の実家で先週、叔母(母の弟の妻)が亡くなった。
弔問に行けなかったため徹夫婦に代わりに立ち寄ってもらう。
母の生家は、宮澤賢治が最後に勤務していた松川村(現在の一関市東山町松川)にある。

31日。
初詣の準備。

延び延びになっていた増殖用やまゆりの植栽作業を行う。

これから八寸の会の皆様と蓮神社でケンチン汁600食を初詣の参詣者に振舞う。
今年の年明けは寒いかな?


今年は皆様にとってどんな年であったでしょうか。
選挙における投票行動とマスメディアの影響を考えさせられる年でありました。
東京都知事選挙、アメリカ大統領選挙、新潟県知事選挙、選挙ではありませんが英国のEU離脱の国民投票に状況を左右しかねない報道の責任を強く感じました。
報道がそうであれば、私たちは報道を批判的に科学的に捉える視点を持たなければなりません。
自戒を込めてそう思います。
私自身、誰よりもそうした時代の流れに抗えない「時代の子」であるからこそそう思います。
新しい年は冷静に物事を見通しながら政策提言まで行えるように議員・議会活動に取り組むことを誓います。

年明けの第一回定例会で一般質問の時間をいただきました。
種蒔きの質問、育成の質問、成果を取る質問、検証の質問をしっかり行いたいと思います。
乞う、ご期待。

皆様にとって来る年がより良い年になりますことをお祈りいたします。


『7』 その1
4番目の素数。(2、3、5、7、11、…)
2番目のメルセンヌ素数。(3=2²-1、7=2³-1、31=2⁵-1、…)
(3、5、7)は(p、p+2、p+4)型の三つ子素数。
また(7、11、13)は(p+4、p+2、p)型の三つ子素数。
(5,7,11,13)は最小の四つ子素数。(次は(11、13,17、19))

この記事をはてなブックマークに追加

6、六、陸、six その6

2016-12-25 17:09:41 | 日記
ブログ更新がこれまでにないほど滞ってしまった。
原因は、議会終了後に県政報告会があり、新年の後援会行事の案内配布や県外視察、議案となる案件の資料の読み込みで繁忙もあるが、しかしそれ以上に連夜のアルコール摂取にある。
大反省。

8日。
文教警察常任委員会(警察本部関係)に出席。

八寸地区の区役員忘年会に出席する。

9日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

お世話になっている業界団体の忘年会に参加する。

10日。
環境カウンセラーのシンポジュームに参加。
食品の安心安全・放射能汚染物質の処理・省エネについて有意義な議論があった。

11日。
豊城町収穫感謝祭に参加する。
五十嵐市長にもお見えになっていただく。
久しぶりに持つ杵は重かった。

腰塚誠県議のお父様の葬儀告別式に参列する。

夜は収穫感謝祭の慰労会。
アルコールでメタボになりそう。

12日。
こども未来・県民総活躍に関する特別委員会。

県庁前橋高校同窓会に出席する。
今日でダブルメタボ。

13日。
相馬ヶ原の陸上自衛隊にて研修。
隊員の皆さんと同じ昼食をいただく。
これがなんと一食で1950Kcalもある。
運動しなければ即メタボになってしまう。

お世話になっている事業所さんの忘年会に参加。
昨日に続いてトリプルメタボ(3日目のメタボ要因摂取)。

14日。
議会運営委員会。

自民党県議1・2・3期の懇親会に参加する。
今日でクアドラプルメタボ(4日目のメタボ要因摂取)。

15日。
久しぶりの朝食会と県議団総会。

本会議。
今議会も終了となる。
関根・中沢・腰塚県議の議員在籍25年記念の肖像画掲示式典が行われた。
25年、7期の議員生活は大変なご苦労もあったと思う。
こころより敬意と祝意を表したい。

気の置けない方々と忘年会。
クインティプルメタボ(5日目のメタボ要因摂取)。

16日。
後援会の件で市内を移動。

県政報告会の準備。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

伊勢崎警察署の歳末警戒慰問に伺う。
終了後、佐波伊勢崎選出の自民党県議団で忘年会。
セクスタプルメタボ(6日目のメタボ要因摂取)になってしまった。

17日。
日乃出町神谷区で行われた秋葉神社の式典に出席する。
例年は風が吹いて厳しい寒さの中で開催されているが今年は暖かで穏やかな日和となった。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

後援会の件で市内を移動。

県政報告会の準備。

野球チームの還暦赤石クラブ納会に伺う。

東ロータリークラブのクリスマス例会に出席する。
セプタプルメタボ(7日目のメタボ要因摂取)。

18日。
豊城区民会館の大掃除。

殖蓮地区こども育成会のクリスマス会に伺う。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

後援会の件で市内を移動。

県政報告会の準備。

豊生会の忘年会に出席する。
オクタプルメタボ(8日目のメタボ要因摂取)でまだ続く。


19日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

やまゆりの会にて県政報告会。
様々なご意見を伺うことができた。
ノナプルメタボ(9日目のメタボ要因摂取)。

20日。
高知県へ視察。
CLTと言う集成材関係の工場やCLTを使用した建物を視察する。
ディカプルメタボ(10日目のメタボ要因摂取)。

21日。
未利用材(木材)のみによるバイオマス発電所を見学。
前橋市で建設されるものと同等の規模。
有意義な研修ができた。

22日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

豊城町のミニデイサービスで行われたクリスマス会に参加する。
民生委員さんが任期換えで変わられた。
前任者の皆様のご労苦に感謝と後任の方々にこれからのご尽力をお願いする。

23日。
事務所が荒らされ現金が盗まれた。
硬貨や切手には目もくれず、紙幣のみを盗って行った。
窓ガラスの破り方といいプロ中のプロの仕業だ。
暮の忙しい時に警察署の皆様にお世話になってしまい反省。
今朝から3件目の被害調査とのことで、暮は大変だ。

生物多様性ぐんま戦略の素案を読み込む。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

豊城町区役員忘年会に出席する。

24日。
生物多様性地域戦略の調べ事で一日過ごす。

後援会の用事で市内を移動。

25日。
生物多様性地域戦略の調べ事で今日も一日過ごす。


『6』 その6
三遊亭圓生師匠の噺のまくらに「六日知らず」がある。
 また金というものは貯まると汚くなるなんてことをいいますな。銭のない人は、きれいにぱつぱと使うが、ある人の方が吝嗇(けち)になるということを申します。
 ま、昔から吝嗇のことを、しみったれ、吝嗇(りんしょく)、赤螺(あかにし)や、がりがり亡者、六日知らずなど、いろんな言葉がございます。
 六日知らずというのは、どういうわけかというと、日を勘定するときに、指を折って一日、二日、三日、四日、五日と数えていく。それで六日というときは指をあけなければならない。けちな人は、いったん握ったものはもう絶対離しませんから……で、これを六日知らず。ま、悪口でございますが……。

この記事をはてなブックマークに追加

6、六、陸、six その5

2016-12-07 21:10:13 | 日記
28日。
東ロータリークラブ例会に出席する。

29日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

県議団総会に出席する。

30日。
一般質問。

生物多様性地域戦略の案が示される。
精査しておかなければ。

1日。
一般質問の二日目。

2日。
定期診断を受ける。
大きな変化はなし。
主治医からは飲酒の注意(言っても無駄だという諦めも込めて)をされる。

群馬第二選挙区の井野俊郎代議士と二区内の自民党県議会議員の意見交換会に出席する。


3日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

日乃出保育園の発表会に伺う。
第40回の歴史を思い、関根理事長と息子さんの園長先生に敬意を表したい。

4日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

買い物に久しぶりに出かける。

5日。
一般質問の三日目。

東ロータリークラブ夜間例会に参加する。
入会からちょうど一年となった。

6日。
常任部会。

所管調査の聞き取り。

農政議連と県漁業組合連合会の意見交換会に参加する。
カワウ対策等の話し合いがされる。
生物の生息空間である河川環境の整備について組合役員さんから発言があった。
同じ考えを持った方がおられることに心強い味方を得た思いがする。

自民党県議二期の仲間で忘年会。

7日。
文教警察常任委員会の教育委員会関係について行われる。

家に戻って雑務をこなす。


『6』 その5

禅宗の公案集である『無門関』の第6則は世尊拈花(せそんねんげ)【世尊、大衆に花をしめす】
本則:
世尊は、昔、霊鷲山(りょうじゅせん)の集会で華を取ってみんなに示された。そのとき、みんなは黙っていたが、ただ迦葉尊者(かしょうそんじゃ)おひとりだけが、にっこりと微笑(みしょう)された。世尊は言われた、「私に正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)・涅槃妙心(ねはんみょうしん)・実相無相(じっそうむそう)という微妙(みみょう)の法門がある。不立文字(ふりゅうもんじ)・教外別伝(きょうげべつでん)というやり方で摩訶迦葉(まかかしょう)に付(わた)した、迦葉嘱(たの)んだぞ」。

無門は評して言う:
黄色い顔をしたゴ-タマは、人もなげなふるまいをして、良民を圧(おと)しめて奴隷にし、羊の頭を店頭にかけて犬の肉を売るような、インチキをされた。どんな奇特(すてき)な説法をされるかと思っていたのに、【なんだ、こんなことか】。たとえば、あのとき迦葉だけでなく大衆がみんな笑ったとしたら、正法眼蔵はいったいどのように伝授したのか。【あのとき迦葉が笑ったからよかったが】、もし迦葉が笑わなかったら、正法眼蔵はいったいどのように伝授したのか。
もし正法眼蔵なるものが、伝授されるものなら、黄色い顔した爺さん(釈尊)は【純朴な】村里の人々をたぶらかしたことになるし、またもし正法眼蔵に伝授はないというなら、なぜ迦葉ひとりだけを印可したのか。

無門は頌(うた)って言う:
花とりあげて、
しっぽが見えた。
迦葉の微笑、
人・天、処置なしだ。

『無門関』の解説書である『無門関を読む』秋月龍珉著から

禅って、とても奥が深い。

この記事をはてなブックマークに追加