群馬県議会議員 ひじやすお

『共に生きる』 ホームページ http://www.hiji-yasuo.jp/

6、六、陸、six その5

2016-12-07 21:10:13 | 日記
28日。
東ロータリークラブ例会に出席する。

29日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

県議団総会に出席する。

30日。
一般質問。

生物多様性地域戦略の案が示される。
精査しておかなければ。

1日。
一般質問の二日目。

2日。
定期診断を受ける。
大きな変化はなし。
主治医からは飲酒の注意(言っても無駄だという諦めも込めて)をされる。

群馬第二選挙区の井野俊郎代議士と二区内の自民党県議会議員の意見交換会に出席する。


3日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

日乃出保育園の発表会に伺う。
第40回の歴史を思い、関根理事長と息子さんの園長先生に敬意を表したい。

4日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

買い物に久しぶりに出かける。

5日。
一般質問の三日目。

東ロータリークラブ夜間例会に参加する。
入会からちょうど一年となった。

6日。
常任部会。

所管調査の聞き取り。

農政議連と県漁業組合連合会の意見交換会に参加する。
カワウ対策等の話し合いがされる。
生物の生息空間である河川環境の整備について組合役員さんから発言があった。
同じ考えを持った方がおられることに心強い味方を得た思いがする。

自民党県議二期の仲間で忘年会。

7日。
文教警察常任委員会の教育委員会関係について行われる。

家に戻って雑務をこなす。


『6』 その5

禅宗の公案集である『無門関』の第6則は世尊拈花(せそんねんげ)【世尊、大衆に花をしめす】
本則:
世尊は、昔、霊鷲山(りょうじゅせん)の集会で華を取ってみんなに示された。そのとき、みんなは黙っていたが、ただ迦葉尊者(かしょうそんじゃ)おひとりだけが、にっこりと微笑(みしょう)された。世尊は言われた、「私に正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)・涅槃妙心(ねはんみょうしん)・実相無相(じっそうむそう)という微妙(みみょう)の法門がある。不立文字(ふりゅうもんじ)・教外別伝(きょうげべつでん)というやり方で摩訶迦葉(まかかしょう)に付(わた)した、迦葉嘱(たの)んだぞ」。

無門は評して言う:
黄色い顔をしたゴ-タマは、人もなげなふるまいをして、良民を圧(おと)しめて奴隷にし、羊の頭を店頭にかけて犬の肉を売るような、インチキをされた。どんな奇特(すてき)な説法をされるかと思っていたのに、【なんだ、こんなことか】。たとえば、あのとき迦葉だけでなく大衆がみんな笑ったとしたら、正法眼蔵はいったいどのように伝授したのか。【あのとき迦葉が笑ったからよかったが】、もし迦葉が笑わなかったら、正法眼蔵はいったいどのように伝授したのか。
もし正法眼蔵なるものが、伝授されるものなら、黄色い顔した爺さん(釈尊)は【純朴な】村里の人々をたぶらかしたことになるし、またもし正法眼蔵に伝授はないというなら、なぜ迦葉ひとりだけを印可したのか。

無門は頌(うた)って言う:
花とりあげて、
しっぽが見えた。
迦葉の微笑、
人・天、処置なしだ。

『無門関』の解説書である『無門関を読む』秋月龍珉著から

禅って、とても奥が深い。

この記事をはてなブックマークに追加

6、六、陸、six その4

2016-11-27 20:20:49 | 日記
25日。
議会運営委員会。

本会議。
今日から後期議会が始まる。

障害者福祉施設を運営している事業所さんと健康福祉部の担当課との意見交換に同席する。
新しい県の取り組みが成立することを期待する。

お世話になっているクリニックの忘年会に出席する。

26日。
はちす保育園の発表会に伺う。

カラオケ教室をされている「ムクドリ」さんの発表会に伺う。
森村大地君も見えていて久しぶりにサックスの演奏を聴く。

大晦日の蓮神社におけるケンチン汁作りで八寸の会と協力団体の合同会議。
600食を用意する予定だが、今年も盛大にできることを祈る。

27日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

豊城町生涯学習推進協議会主催の芋煮会に伺う。
年齢と共に里芋の美味しさが解ってきたようだ。

佐波伊勢崎農業協同組合の「オリジナルすき焼きセット」発売記念式典に伺う。
美味しいすき焼きであった。
きっと多くの伊勢崎市民の皆様の舌を満足させることと思う。

『6』 その4

六法とは憲法・刑法・民法・商法・刑事訴訟法・民事訴訟法。

五臓六腑の六腑は胆(胆嚢と肝臓)・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦(リンパ腺)。

歌舞伎の『助六由縁江戸桜』における花川戸助六の啖呵。
 いかさまなぁ。この五丁町(ごちょうまち)へ脛(すね)をふん込む野郎めらは、おれが名を聞いておけ。まず第一におこりが落ちる。まだいいことがある。大門をずっと潜るとき、おれが名を手のひらへ、三べん書いてなめろ。一生女郎にふられるという事がねえ。見かけは小さな野郎だが、胆が大きい。遠くは八王子の炭焼売炭(すみやきばいたん)の歯っかけ爺い、近くは山谷の古やりて梅干婆にいたるまで、茶飲み話の喧嘩沙汰、男達の無尽の掛け捨て、ついに引けをとったことのねえ男だ。江戸紫の鉢巻に、髪は生締め、それぇ、刷毛先の間から覗いてみろ。安房上総(あわかずさ)が浮絵のように見えるわ。相手がふえれば竜に水、金竜山の客殿から、目黒不動の尊像まで御存知大江戸八百八町に隠れのねえ、杏葉(ぎょよう)牡丹の紋付も、桜に匂う仲の町、花川戸の助六とも又、揚巻の助六ともいう若い者。間近くよって、面像(めんぞう)おがみ奉れ。

この記事をはてなブックマークに追加

6、六、陸、six その3

2016-11-24 22:12:40 | 日記
21日。
東ロータリークラブの例会に出席する。

セブンイレブン記念財団の環境市民活動助成の申請書を作成。
八寸の会で来年度もやまゆりの植栽をすることとなり、応募の準備をする。

22日。
机の上を片づける。
25日からは後期議会の開催である。

23日。
伊勢崎市農業祭りに伺う。
寒いが多くの来場者で農産物も売り切れ続発の状況であった。
コートも羽織らずにいたので「寒くはないか」と聞かれたが、今日からタイツと長袖の下着で万全。
例年は12月からの冬支度だが今年は寒い冬になりそうな予感がする。

こまくさ保育園の発表会に伺う。
園児の歌や演技に保護者の皆様は嬉しそうに誇らしそうに観覧している。
子どもたちは舞台から手を振りながら笑顔で答えている。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

伊勢崎菊花同友会主催の伊勢崎菊花大会表彰状授与式に出席する。
樋口一葉の命日であったので瀧春一の「一葉忌冬咲く花の鉢並べ」を引用して菊つくりのご労苦に敬意を表し挨拶とした。

24日。
朝から雪。
記録破りの11月の雪。

山を愛し、弱りかけている森や木を再生するために尽力されていた故宮下正次様の葬儀告別式に参列する。
多くの仲間の方々から心の籠もった弔辞があった。
ご冥福をお祈りする。

『6』 その3

サンゴ礁をつくる造礁サンゴやイソギンチャクの隔壁は6かその倍数。

蜂の巣も6角形。

ユリの花びらは6枚(花被片といって3枚の花弁と3枚のがくからなる)。

六根清浄の六根は六感と同じで眼根(視覚)・耳根(聴覚)・鼻根(嗅覚)・舌根(味覚)・身根(触覚)・意根(意識)のこと。
六根は人が外の世界を感じる受容体とそれに伴って内に描かれた仮想の世界。
これを清らかにすることが六根清浄。
般若心経にも無眼耳鼻舌身意、無色声香味触法とある。

この記事をはてなブックマークに追加

6、六、陸、six その2

2016-11-20 21:08:03 | 日記
15日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

八寸地区の区長会と地元議員団の意見交換会。
様々な課題について情報交換ができた。
議会議員活動に大きな宿題ができ有難い。

16日。
机の上を片づける。

障害者施設の運営について調査を行う。

17日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

久しぶりのだるまの会。

18日。
議会運営委員会。

議案調査。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

お世話になっている医療関係の事業所さんと面談。

障害者施設の「のあ」・「あみ」さんのautumnコンサートに伺う。

19日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

伊勢崎市高等特別支援学校の文化祭「かえで祭」に伺う。

市議会伊勢崎クラブの市政報告会に伺う。
講師は平沢勝栄衆議院議員。
興味深い話を聞くことができた。

20日。
殖蓮地区の防災訓練。
地元の会議所から集合場所の殖蓮小学校まで徒歩で移動。
何時も自動車から見る街並みとの違いを実感する。

俊子さんと長女の真里緒、孫の嵩汰郎を本庄早稲田に送る。

天野沼管理委員会の慰労会に参加する。


『6』 その2

小学校は6年間。

時間の単位には6の倍数が使われる。
24時間・1時間は60分、1分間は60秒・1ヶ月は30日。
度数も6の倍数が使われる。

昆虫類の特徴は頭部・胸部・腹部を持ち胸部に肢を6本持つ。

六感は触覚・味覚・視覚・嗅覚・聴覚の五感に知覚を加えたもの。

この記事をはてなブックマークに追加

6、六、陸、six その1

2016-11-14 23:03:02 | 日記
県外調査、環境講話、県政報告会等々でブログがまたまた大停滞してしまった。
またまた反省。

4日。
本会議。
決算の審議が終了。

殖蓮中学校の合唱コンクールに伺う。
1・2年生の発表しか聞けなかったがそれぞれのクラスの特徴が出ていて興味深く聞いた。

前橋に戻りLPガス協会との懇談会に参加する。

5日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

ロータリークラブのIMに参加する。

6日。
殖蓮地区のこども相撲大会に伺う。

あかぼり欅祭に参列する。
快晴の下、多くの来場者で賑わっていた。

日乃出町神谷区の文化祭に伺う。
区民の皆様の力作ぞろいで感心するばかり。

7日。
議会運営委員会の県外調査で名古屋市と岐阜県を訪れる。
名古屋は経済も好調で元気のある都市との印象を受けた。
名古屋議会においては市長と議会に対立と言えるような壁を感じた。
首長と議会の間に緊張感は必要だが対立は市民のためにはならないのではないか。

8日。
夕刻に戻る。

9日。
豊城町グラウンドゴルフ愛好会の秋の大会に伺う。
少し寒いが皆さん元気にプレーをされている。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

市立第三中学校の一年生に環境講話を行う。
生徒さんは静かに、真剣に聞いていてくれた。
少しでも環境問題に関心を持ってもらい、解決への一歩を踏み出してくれればありがたい。

豊城町の文化祭に出演する劇団おせっかいの打合せと練習。

10日。
伊勢崎市戦没者等追悼式に参列する。

市内の障害者福祉施設を訪問し懇談。
事業の運営には一方ならぬご苦労がある。
感謝。

11日。
県政報告会の準備で一日。

元赤堀町町長の筑井武男氏の葬儀告別式に参列する。

群馬県道路協会伊勢崎支部の意見交換会と懇親会に参加する。

12日。
殖蓮公民館の芸能発表会に伺う。

県政報告会の資料印刷。

お世話になっている方の所で行われたバーベキュー大会に伺う。
昼食をいただいてしまう。

富岡市で行われた拉致問題講演会に参加する。

県政報告会を開催する。
当日の参加者もあって550名の定員をオーバーしてしまう。
後援会の役員さんには裏方でご苦労頂く。
感謝。

13日。
境産業祭の開会式に参列する。
暖かな日となり駐車場も溢れ抽選会には長い列ができていた。
これから暫くは境地区が伊勢崎発展の牽引役になる可能性を感じた。

上諏訪町の十日夜に参加する。

豊城町の文化祭に伺うとともに劇団おせっかいの一員として寸劇を披露する。
今年は式典までしかいられなかった。

上諏訪町懇話会の芋煮会に伺う。
里芋の美味しいこと。

高崎市で行われた会合に伺う。
国政から県政、各市町村の議会の状況まで意見交換ができ有意義な時間が過ごせた。

14日。
県庁にて書類の受け取り。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

東ロータリークラブの例会に遅れて参加する。

伊勢崎市役所にて熊本地震の義捐金贈呈に立ち会う。
記者クラブを訪ね、上毛新聞へ義捐金贈呈の情報提供。

県庁に戻り障害政策課との打合せ。

豊生会の定例会に参加する。


『6』 その1
合成数。
6は自身を除く正の約数の和が6であり完全数(最小の完全数)。

この記事をはてなブックマークに追加