群馬県議会議員 ひじやすお

『共に生きる』 ホームページ http://www.hiji-yasuo.jp/

3、三、参、three その3

2016-08-25 21:08:20 | 日記
20日。
豊城町納涼祭の準備。

三軒屋遺跡の現地説明会。
佐位郡の郡庁を構成する建物の可能性がある遺構が出た。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

下植木町納涼祭に伺う。

豊城町の納涼祭に参加する。
カラオケまで唄ってしまう。

21日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

沼田市で行われた星野寛県議会議長就任祝賀会に参加する。

昨日開催された豊城町納涼祭の慰労会に参加する。

22日。
文教警察常任委員会の月一委員会で沼田特別支援学校を視察。
午後は名胡桃城跡を視察するが雨のため説明を聞くのみ。

23日。
自民党政調会で9月補正予算の勉強会。

24日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

県庁にてお願いごとの処理。

夜は後援会の方と懇談会。

25日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

県庁にてお願いごとの処理。


『3』。その3。
物理量の単位、国際単位系(SI)では10の整数乗倍の接頭語が決まっているが多くは10の3乗ごととなっている。
キロ(3乗)、メガ(6乗)、ギガ(9乗)、テラ(12乗)、ペタ(15乗)。
ミリ(-3乗)、マイクロ(-6乗)、ナノ(-9乗)、ピコ(-12乗)。

自然数の各位の数字の和が3の倍数の時、この自然数は3で割り切れる。
例:471は4+7+1=12となり12は3の倍数、よって471は3で割り切れる。

自分たちが生きている空間は縦・横・高さを持つ3次元空間である。

この記事をはてなブックマークに追加

3、三、参、three その2

2016-08-19 21:11:29 | 日記
12日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

新盆見舞いの準備。

伊勢崎空襲を語り継ぐ会の講演会のための印刷作業で一日。

13日。
盆迎えで菩提寺である華蔵寺に伺う。

新盆見舞いで市内を巡る。

徹も交えて気の置けない知人と楽しい懇談。

14日。
平和公園の忠霊塔で行われた追悼式に伺う。
置かれている位牌の中に叔父の名を見つける。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

今日も新盆見舞いで市内を巡る。

15日。
群馬県戦没者追悼式に参列する。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

伊勢崎空襲を語り継ぐ会主催で「伊勢崎空襲と戦争事跡」講演会。

16日。
片づけ事で一日。

あかぼり夏祭りに伺う。
豪雨の中の式典でびしょ濡れ。
何年か前も豪雨に見舞われた記憶が甦る。

17日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

片づけ事で一日。

18日。
群馬県道路協会伊勢崎支部の総会に出席する。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

桐生市で行われた国道50号建設促進協議会の総会に出席する。

夜はだるまの会に参加する。

19日。
殖蓮区長会の皆様と北部環状線の建設促進のための陳情で伊勢崎土木事務所に伺う。

お願いごとで伊勢崎市役所を訪ねる。

長女の出産に付き添うため俊子さんは神戸に。
無事に男子誕生との連絡にホッとする。


オリンピックと甲子園高校野球で寝不足の日々が続く。


『3』。その2
最小のフェルマー素数。
最小のメルセンヌ素数。
三角形はあるが二角形はない。
背番号3はもちろん長嶋茂雄。
駆け付け三杯は得意技。
地球は太陽系の第三惑星。
三聖は釈迦・孔子・キリスト。
群馬の三大名物は雷とから風、義理人情(かかあ天下?)。




この記事をはてなブックマークに追加

3、三、参、three その1

2016-08-11 21:53:19 | 日記
2日。
県政報告第17号の作成。
印刷をお願いしている第一印刷さんとの打合せ。
宛名印刷用の後援会名簿整理。

3日。
県政報告第17号の作成。
宛名印刷用の後援会名簿整理。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。
子供の頃からの知り合いで随分と面倒を見ていただいた方である。
ご冥福をお祈りする。

殖蓮まつりの慰労会に出席する。

4日。
県政報告第17号の校正。
宛名印刷用の後援会名簿整理。

5日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

県政報告第17号の大幅変更。

新盆のお見舞い準備。

自民党伊勢崎支部長としてお願いごとで市内を移動。

6日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

県政報告第17号の作成。
宛名印刷用の後援会名簿整理。

あずま夏祭りに伺う。
厳しい暑さの中、多くの方々で賑やかに開催される。

7日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

県政報告第17号の校正。

上諏訪町商工会の暑気払いに参加する。
参加費は熊本地震への義捐金として寄付されるとのこと。

8日。
伊勢崎市役所にある記者クラブにて上毛新聞西山支局長にお願いごと。

県政報告第17号の最終校正。

9日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

宛名印刷用の後援会名簿整理。

お願いごともあって久しぶりの金子屋落語会に伺う。
今回は林家彦丸・林家たけ平のご両人による真打襲名後、初の二人会。

10日。
お世話になっている方と県政や県議会の在り方について懇談。
自分自身の考えも述べさせていただき有意義な時間となる。

伊勢崎土木事務所にお願いごとで伺う。

お世話になっているお医者さんのバーベキュー大会に参加する。

11日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

伊勢崎空襲を語り継ぐ会の資料作成と打合せ。


『3』。
老子の言葉に「道は一を生み、一は二を生む、そして二は三を生み、三は全ての物を生む」とある。
芳沢光雄著『「3」の発想 数学教育に欠けているもの』(新潮選書)にも同じような考えが述べられている。
帰納法や生物の進化も同じ考え方?

この記事をはてなブックマークに追加

2、二、弐、two

2016-08-01 21:30:06 | 日記
26日~28日。
文教警察常任委員会で県外視察。
1日目は兵庫県の教育委員会。
2日目は大坂府にて特別支援学校と堺市博物館。
最終日は大阪府警。

帰宅後、お世話になっている老人福祉施設の暑気払い。

29日。
溜まった書類整理。

伊勢崎土木事務所と高崎土木事務所にお願いごとで伺う。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

神輿の組み立て。

30日。
豊城町子ども会育成会主催のちびっこ祭り式典に参加する。

伊勢崎空襲を語り継ぐ会の例会。
市内に展示されているバス「ふじ号」の見学。

殖蓮地区ふるさと祭りに伺う。
恒例のゆかた姿で参加する。

31日。
手話研究集会に参加する。
鳥取県の平井知事が手話を使って講演をされた。
やるからにはここまでやるんだ、と感心する。

後援会名簿の整理で1日。

夕方から行われた神輿担ぎの慰労会に参加する。

1日。
日乃出町神谷区の八坂神社の祭典に参列する。

東ロータリークラブの例会に出席する。

伊勢崎市役所にてお願いごとや書類の提出。

県政報告の校正。

前橋や沼田では豪雨に見舞われたようだ。


『2』
最少の素数。
フェルマー予想の基。
最少のオイラーの幸福数(何とも言えない名前)。
右か左か・上か下か・賛成か反対か・イエスかノーか。
二元論の単純にして不快な論理の基。




この記事をはてなブックマークに追加

1、一、壱、one

2016-07-25 21:50:02 | 日記
19日。
伊勢崎市の環境保全課にて緑の県民基金事業の打合せ。

市議会との情報交換会について打合せ。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

20日。
後援会の用件で市内を移動。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

21日。
後援会の用件で市内を移動。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

東毛広域幹線道路建設促進連絡協議会総会に出席する。
県議会を代表しての祝辞の中で次のことを述べた。
全線4車線化が目前となったこの道路を今後どのように活用するかが問われている。
また維持補修やこの広幹道へのアクセス道路の整備についても課題となっている。
議会での議論にご指導をいただきたい。

だるまの会に遅れて出席する。

22日。
お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

技術士会総会に出席する。

殖蓮地区区長会と議員団の意見交換会に参加する。
引き続き行われた矢島市議会議長就任祝賀会に出席する。

23日。
男井戸川のビオトープ除草作業に参加する。

県立歴史博物館リニューアルオープン式典に参加する。
古代は充実しているが近代の特に戦前戦中の所はまだまだ。

環境カウンセラーの例会に遅れて参加する。

桐生市で行われた生物多様性ぐんま戦略策定のための県民ミーティングに参加する。
残り半年で戦略が本当に仕上がるのだろうか。
関係団体の意見聴取も満足にできないのではないか。
全国的には後発となる策定なのだからキラリと光る戦略にしなければならない。

24日。
天野沼の除草作業に参加する。

後援会の用件で市内を移動。

赤堀地区にて県道の道路排水について相談を受ける。

豊城町ふれあい農園の作業とバーベキューに顔を出す。

俊子さんと後援会の用件で一回り。

25日。
総合武道晴空会の小倉会長さんから秋の大会の案内をいただく。

お世話になった方の葬儀告別式に参列する。

後援会の用件で市内を移動。

県政報告の件で印刷会社と打合せ。

障害者福祉について相談事を受ける。

明日から兵庫県と大阪府にて県外視察。

都知事選が賑やかである。
行政の変化は緩やかさが必要である。
教育や社会性のある施策は特にそうだ。
首長の資格はどれだけ広い視野に立って自らを律することができるかによる。
あの時の民主党のように盲目的に主義主張で物事を決定していてはいけない。

国内では貧困や社会福祉の問題が切実である。
外国ではテロの活動が頻繁になっている。
一方、世界中(日本でも)でポケモンGo!が蔓延している状況をどう考えればいいのか。
それだけ幸せな社会なのか、逃避的な行動なのか。


今回から数字をタイトルとしてみる。
まずは『1』から始める。
1個(2個以上はない)の正の整数で割り切れる唯一の正整数。

この記事をはてなブックマークに追加