むかごの日記Ⅱ

70歳を過ぎてにわかに植物観察に関心を持ち、カメラを提げて、山野を歩いています。新・むかごの日記より引っ越しました。

シオン:紫苑(元祖忘れな草)

2016-10-13 10:48:48 | 植物観察記録

いつもの散歩道の農家の庭先にシオン:紫苑(キク科シオン属)が咲いてます。
本州中国地方や九州にまれに野生があるそうですが、庭に植えられることが多い高さ2mにもなる大型の多年草です。平安時代から観賞用に、また薬用植物として栽培されてきたといわれます。
茎、葉ともにざらつきまばらに粗毛があります。花は8~9、頭花は直径3~3.5cmで舌状花は一列で淡青紫色です。
紫苑は中国名の音読みからきており、学名はAster tataricus で“韃靼の星”という意味です。日本では“思い草”のほか、鬼の醜草(しこぐさ)、醜鬼(しおに)という少し怖い異名があります。
今昔物語集に“兄弟2人、萱草(忘れ草)、紫苑を植ゑし語”という話があり、昔父親を亡くした兄弟がいて、兄は父親を忘れようとして萱草(忘れ草)今のヤブカンゾウまたはノカンゾウ(ユリ科ワスレグサ属)を植え、('06年8月10日記事)弟はそれを見た人の心にあるものを決して忘れないという紫苑(思い草)を植えました。
父の墓を守る鬼は弟の孝心に感じ入り、明日起こることを前日に夢で知らせたとあります。このため物事を予見できる弟は危険を避け、チャンスを必ずものにすることで裕福になったというのですが、親を亡くしていく年も経て、いつまでも嘆いてばかりおられないと考えた兄と、いつまでたってもめめしく悲しむ弟との生き方が、それほど善悪の差があるのか、少し問題がありそうな説話です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウメバチソウ:梅鉢草(雄蕊... | トップ | カナクギノキ:金釘の木(多... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。