妄想テロリスト山城議長が東京で吠えた



新発売・沖縄内なる民主主義12 A5版  定価1490円(税込み)
新発売・違法行為を繰り返す沖縄革新に未来はあるか 定価1404円(税込み)

本土取次店 (株)地方・小出版流通センター
http://neil.chips.jp/chihosho/ TEL.03-3260-0355 
chihosho@mxj.mesh.ne.jp
県内取次店 株式会社 沖縄教販
電話番号098-868-4170
shopping@o-kyohan.co.jp

本土取次店 (株)地方・小出版流通センター
http://neil.chips.jp/chihosho/ TEL.03-3260-0355 
chihosho@mxj.mesh.ne.jp
県内取次店 株式会社 沖縄教販
電話番号098-868-4170
shopping@o-kyohan.co.jp

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
クリックお願いします
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
妄想テロリスト山城議長が東京で吠えた
名護市辺野古の新基地建設阻止などを訴える「4・19大集会」が19日、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で開かれた。3500人(主催者発表)が集まったが、集会に反対運動中に傷害罪などで逮捕・起訴され、係争中の山城博治沖縄平和運動センター議長が参加して吠えた。
「沖縄は動乱のような時代を迎える。決して弾圧に屈せず、前進していこう」
キャンプ・シュワブ前に集まる辺野古基地反対派はせいぜい二桁の人数であり、ゲート前で座り込みをしても機動隊に簡単に排除される毎日だ。海上でもカヌー隊は工事の進行を眺めているだけである。辺野古基地建設反対運動は2年前の勢いはすでにない。山城議長は逮捕され、保釈されたが反対運動の先頭に立つことが禁じられている。山城議長は保釈の条件を守っていて、前のように反対運動の先頭に立たなくなった。
 辺野古基地建設反対運動の勢いは衰えていっているのに山城議長は沖縄は動乱のような時代を迎えると東京で吠えたのである。それは現実を客観的に見ることができない妄想テロリストの山城議長だから言えるのである。
 キャンプ・シュワブの反基地運動は二桁の反対派の座り込みが続き、県民投票はできないで、翁長知事の撤回に頼っているのが現状である。その撤回も困難だと県専属の弁護士は吐露した。撤回し、起訴しても翁長知事が敗北するのは確実である。
 辺野古基地建設工事は順調に進み、反対運動の勢いは衰えていくのが現実である。
 工事が進めば進むほどに妄想テロリスト山城議長は妄想の中に閉じこもり、「動乱は近い」などと吠え続けるだろう。沖縄に妄想テロリスト山城議長は要らない。彼の妄想をもてはやす連中の愚かなことよ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ヘリパッド建... 地方自治法・... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。