野党やマスコミの「数の暴力」非難は議会制民主主義を歪曲するものである



新発売・沖縄内なる民主主義12 A5版  定価1490円(税込み)
新発売・違法行為を繰り返す沖縄革新に未来はあるか 定価1404円(税込み)

本土取次店 (株)地方・小出版流通センター
http://neil.chips.jp/chihosho/ TEL.03-3260-0355 
chihosho@mxj.mesh.ne.jp
県内取次店 株式会社 沖縄教販
電話番号098-868-4170
shopping@o-kyohan.co.jp

本土取次店 (株)地方・小出版流通センター
http://neil.chips.jp/chihosho/ TEL.03-3260-0355 
chihosho@mxj.mesh.ne.jp
県内取次店 株式会社 沖縄教販
電話番号098-868-4170
shopping@o-kyohan.co.jp

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
クリックお願いします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
野党やマスコミの「数の暴力」非難は議会制民主主義を歪曲するものである
自民党が審議を終わらせて多数決で共謀罪法案を採決した。それに対して野党やマスヒミは数の暴力だと非難した。国会議員は国民の選挙で選ばれる。国民が選んだ国会議員の多数決で法案は採決される。それは議会制民主主義の基本中の基本である。
審議は尽くされていないのに裁決したのは数の暴力だと野党もマスコミも非難する。笑ってしまう。共謀罪に絶対反対の民進党や共産党と議論はいつまでも平行線である。いつまでたっても審議が尽くされることはない。野党の狙いは審議を長引かせて廃案に追い込むことだ。野党を説得して賛成させるのは不可能だ。多数決以外に決めることができない。自民党が審議に見切りをつけて裁決するのは当然だ。それを数の暴力だと非難するのはバカげている。

そもそも、自民党が3分の2以上の議席になったのは民進党や共産党、社民党、自由党の政策が自民党より劣っていたからだ。非常にだ。非常に劣っていたから国民は民進党、共産党の4野党より自民党を圧倒的に支持したのだ。そのことをないがしろにして数の暴力だと自民党を非難している民進党4野党は国民に支持されていない現実を無視した身の程知らずの政党である。マスコミは政治を客観的に認識する能力を失って、単純な反政権、野党応援団に堕落している。

共謀罪の採択の過程で見えたのは野党やマスコミの議会制民主主義の原点である多数決の歪曲であり、歪曲を正当化する欺瞞である。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「沖縄内なる... 沖縄差別の原... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。