昼飯は栃木で食うべ

個人的な忘備録的な性格が強いです。
あくまでも自分の好みかどうかでの感想ですので、そのへんはご了承願います。

そば処 いとう(那須塩原市宇都野)

2017年07月29日 16時51分12秒 | 県北地区
そば処 いとうは県道矢板那須線沿いの、東北道と交差する所から塩原に上がっていく道との交差点までの中間ぐらいの、ほとんど何もない所にあります(矢板方面から行くとラーメン幸雅という店のちょっと先になります)。


今日は塩原に行く用事があって、この辺りで12時近くなってしまったのですが、ラーメン幸雅には1度だけ行った事があってごくごく普通だったのと、もしかすると明日はラーメンになる可能性も高いかなと思ったので、まだ入った事のないこの店にしてみました。

道路から見える所にある看板には「そば処」としか書いてなくて、暖簾も出てないので何ていう店なのか最初は分からなかったのですが、メニューに店名が書いてありました。



入って右奥の壁にメニューが貼ってありますが、各テーブルにもメニューがあります。

今回は生姜焼き定食(900円)にしました。
ミニそばかうどんか味噌汁が付くと言うので、冷たい蕎麦にしてもらいました。



前のお客さんは食べてる最中で、調理するのが自分の分だけだったせいなのか、出て来るのがメチャクチャ早かったです。

まず蕎麦をいただきます。
ちょっと麺つゆを舐めてみます。
なかなかいい味です
続いて蕎麦をすすってみます。
極細の全粒粉的な田舎蕎麦系ですが、適度な硬さと弾力で食感が最高ですね
いやー、定食屋さんみたいな店なので大したことないだろうと思ってましたけど、侮れませんね。
蕎麦の薀蓄を語れるような舌を持ってる訳ではありませんが、個人的にはここの蕎麦はレベルが高いと思いました。

生姜焼きは、そこそこの大きさで薄い肉ですが、それが3枚なのでなかなかのボリュームです。
タレのおろし生姜が載っているのが1番上だけなので、そこはご飯を食べる濃さとしてはちょうどいいんですが、下の2枚はタレだけなので微妙に味が薄い感じになります。
ただ、肉が3枚なので十分でした。

壁に「ライスおかわり自由」と書いた貼紙がありましたし、メニューを見ると麺類は「大盛も同じ金額」と書いてあるので、ガッツリいきたい方には向いてる店だと思います。

この道を通る時の選択肢が増えたな
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぴっころもんど 27(那須... | トップ | れれれのカレー(栃木市大平町... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。