ひーたの休日

福島の山々を中心にユックリと山歩き。
ピアノも弾いています。
その他イロイロ撮っています。

残雪踏み締め一切経山へ(2017.4.30)その3 下山

2017年05月18日 23時51分51秒 | 2017年の山歩き

何気にここの曲線が好きかも?



残雪踏み締め一切経山へ(2017.4.30)
その1 魔女の瞳、開眼の兆し」「その2 鎌沼シャーベットブルー」の続きです。




今回のGPSログ。


一寸だけ斜面を登って・・・




雪面の縞模様は雨水が流れた跡。




今年の雨溝は浅め。




そういえばさっき対岸を歩いていた方がいたけれど・・・




もう少し早ければ鎌沼一周も?




前大巓の大岩を風除けにして休んだけれど・・・
こっち側、風がないし (^^ゞ









なかなかきれいなグラデーションに気をとられ、
この後、シャーベット状の氷を踏み抜いて鎌沼に右足だけジャボン!




木道だけではなく岩の傍も踏み抜き注意と知っていたのに。

まあ、そこはブーツもゲーターもゴアテックス。
ソックスもパンツの裾も一切濡らすことなく済んだけれど・・・足攣った!




が、すぐに回復して・・・


姥ヶ原分岐 12:38




吾妻小富士と樋沼を正面に。




背後に東吾妻山。




噴気が見えない一切経山の大穴火口を左に見て・・・




いや、下った先の樹林帯はこの時期はプチ迷路。




それにまだ雪に埋まっている階段が怖いので、夏道沿いはやめて・・・


だだっ広い雪原には縦横無尽についたトレース。
そこにまた新たなトレースを。




大穴火口を正面に見て、松ぼっくりが転がる・・・




蓬莱山東斜面をトラバース。
点在するオオシラビソの間隔が広い場所を選びつつ。




歓声が聞こえると思ったら・・・




シリセードではなくスーパーマン滑り (^^ゞ




往路に合流。
変わって雪に足が沈み込んで歩き難い状態。




「ぴゅー」と横を滑り降りていくスキーヤーに一寸だけびっくりし・・・




未だ通行禁止になっている直登コースの登山口手前で・・・


浄土平湿原 13:15




燕沢火口列(1893年火口)に噴気は見えず。




その地熱で開いた残雪の穴だけが。




あ、トラバースした斜面で滑ってる♪




雪解けが逸早く進んだ湿原の一角に、ワタスゲ(綿菅)の黒っぽい花が咲いているかも?




さすがにまだだと思いながらも後ろ髪を引かれつつ・・・




木橋が壊れているけれど、雪の重みで壊れたのかな?




あ、噴気が少しだけ。




なんだか後ろばかり撮っていたけれど・・・


浄土平駐車場にて山行終了 13:33


後片付けの後、磐梯吾妻スカイラインを土湯峠方面へ。


これまた楽しみだった雪の回廊はだいぶ低くなっていて、高い場所でも3mぐらい?




天風境より眺めれば・・・




眼下には幕川温泉へ至る道。




さあ幕滝はどこでしょう?

記事の最後に・・・雪景色ばかりなので緑とマイナスイオン溢れる風景をプレゼント!?
お暑い日は幕滝へ(2015.7.26)その1 幕川渓谷
お暑い日は幕滝へ(2015.7.26)その2 ダブルレインボー
お暑い日は幕滝へ(2015.7.26)その3 納涼天国からの帰路
幕川温泉から遊歩道を辿れば幕滝に。



これでおしまいです。
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残雪踏み締め一切経山へ(201... | トップ | 霊山山開き「霊山新緑まつり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。