ヒイラギ日記 ~Holy Holly's Diary~

小粒でも ぴりりと辛い 博士な日々。

やっぱりおうちは江戸なのだー

2017-07-31 10:00:22 | ヒイラギのひとりごと

早や7月も最後の朝。
目覚めたら切なかった。

というか、久しぶりに見た夢が、
われながら切なかった。

知っている人も知らない人もたくさんいるような場所で、
なぜか突如として、顔の右半分がだぁーっと垂れ下がる。

誰にも見られないうちに鏡のあるところに行ってみたら、
視界はカンペキなのにまぶたが腫れあがって両目とも閉じてるみたいになってる。

これは大変だ病院に行かなきゃと外に出て通りをずんずん歩いてくけど、
頭の中では、はて、どこに向かえばいいんだっけと考えている。

思い浮かぶのはいつか通ったことのある病院やクリニックの名前ばかり。
ああ、でもここは東京じゃないんだよと、それでも歩く足は止まらない。

そのうち大きな声で泣き出してしまう。
「おうちに帰りたいようー、おうちに帰りたいようー

べつにこっちで辛いことがあったわけでもなんでもないんだけど。
しいて言えば、しばらく帰れてなくて、iPad miniを取り戻せてないのと、鍼と美容院に行けてない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スピード感の違いにおどろくの巻 | トップ | Fujitsu WU2/B1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヒイラギのひとりごと」カテゴリの最新記事