OGUMA    日々軌 小熊廣美の日々新

規格外の書家を自認している遊墨民は、書は「諸」であるという覚悟で日々生きている。

気楽に綴らせていただきます。

despacio

2017年06月23日 | 書道・筆文字
今回は、カナダやメキシコ、ドミニカ、ベネズエラ、コロンビアからの日系人中学生。
good とmuy bienで、済まそうと思ったが、今回、通訳の方がいてくれたので、覚えた「despacio!」を多用。
書の核心は、呼吸だと思うが、まずは、「ゆっくり!」構えることが大事だ。

どれも愛らしい書が生まれたが、「愛」「美」「水」「大地」などなど、生まれたての言葉の響きまで伝わってくる書になっているように思えた。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感謝

2017年06月16日 | 日記
のんびり、好きなことだけ考えていたい。

それを許してくれるのは、政治家になった人や権力を持った人が、生きがいに良心を加えて、日々、活動してくれているからと思って、感謝である。


私は、筆文字と書を中心にここまで暮らして来られたのも、家族と世の中のおかげであると思っている。

ここに来て、筆文字や書、またその周辺で仕事をさせてもらっている自分に、ふと違和感を覚えてしまう時がある。



たとえば、「加計学園」の便宜云々そのものよりも、それに関わる嘘や隠蔽、マスコミをつかった仕掛けなど、もうたくさんだ。

詳しくはない「共謀罪」でも、関わっている人々の面構えをみれば、いいか悪いか自ずからわかってくる気がする。

「森友問題」はもう終わりだろうか? 政治家もワイドショーのノリである。

私たちを支えてくれている経済日本だが、経済優先の思想は、人間の良心まで、むしばんできているようだが、すぐには何も変わらないようだ。


そういうなかで、自分は何ができるか、小さくても、今までの自分の暮らしと違ったなんらかの行動ができるやいなや…。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北斎、倫敦へ行く

2017年05月25日 | 文化・芸術
北斎のロンドンは大英博物館での特別展が5月25日から開かれるという。
来週からは、小学館発行の150色を使っての伝統木版複製の「鳳凰図」も大英での高橋工房の講演やワークショップに伴い、海を渡る。

その掛軸と額装の二つの装いでなった「鳳凰図」の題字を書かせて頂いたので、北斎鳳凰図贔屓である。

軸も額も188000円+税。200部限定。

私も欲しい一品である。
余裕のある方は一点手元に置いていただきたい。
力のある作品である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気と骨

2017年05月15日 | 書道・筆文字
東京アメリカンクラブで行われている加藤光峰―プラタナス展―に伺う。
回顧展的かと思いきやそうではなかった。制作意欲は衰えていないようだ。
若かりし頃の作品も何点かあったが、それはそれで気鋭の若手の書家として活躍していた頃を想像させてくれた。
55、6年ほど前の初個展は銀座松坂屋。その時の作品「車」はさすがに初めて観た。
わりと静かな小品であったが、品なる中にも気概が伝わる。
私が銀座の画廊を覗いて「これが加藤光峰か」と斜に構えてみたのは30数年前のことか。

加藤光峰という甲骨金文を一途に追って書にし、人間の表現として完成させたのは後にも先にもこの人しかいない。
ずっと先端を走ってきて、よくもわるくも芸術家であるので、俗に自分をだませない。
私からみれば先駆者であり成功者であるが、今の時代の風潮では、加藤光峰の芸術的思考を深く理解できる人々がどれだけいるのだろうか。
幸い門下の亀甲会は、尖鋭的な弟子が多いので、いい意味での啓蒙を期待したい。

DVD+ブックレット『気と骨』は倫理研究所から1500円。
芸術家気取りだったり、思わせぶりだったり、書家もだいぶバラエティにとんでいるようながら、何がいいのかわからないような時代に、本物の一人の書家の生き様として、おススメしたいものである。


東京アメリカンクラブでの個展は、地下ロビーで小品を中心に展示。21日まで。

アメリカンクラブは、ドレスコード「スマートカジュアル」あり、注意。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すきなんです

2017年05月13日 | 日記
「すきなんです」とその人はいった。
恋焦がれている様子がその言い方から伝わった。

それから1,2か月。
昔ヴァイオリンを習い、長いブランク。
定年してからはよくヴァイオリンを中心に聴きにいったりしていたが、
CCドゥで縁あってヴァイオリンを再び習う事になった。

今日は、CCドゥの一年に一度のカルチャー発表会。
小さくても気持ちいい場である。
写真はその方のヴァイオリンの先生である。
この前には、その方も含めた生徒さんも登場。

品のあるヴァイオリン教室。
そしてこちらは、品格には疑問のある書道教室。
毎年のことであるが、ロビーに半紙作品を飾った。

公演中の写真は納めたが、公演終了後、肝心の書作品の写真を撮ろうと思ったら、片付けられていた。
そういうところは、手際のいい書道の生徒であるらしい。

このCCドゥでは、一芸は当たり前、三つの芸あたりが基本。
書の生徒さんも最低二つ。
書、太極拳、詩吟、そしてフラが最近入ったのは90歳のおばさま。ボケている暇なんてない。
書、太極拳、フラ、英語、裏方とかも。

ヴァイオリンに恋焦がれているおじさまは、まだ携帯電話がない頃、携帯電話の研究をしていたエンジニアだったそうだ。
昔、中高生だった二人の娘さんには、お弁当を作ってあげたそうだ。

生きているのがいとおしく思える一日だった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未だ整理つかずも楽しみあり

2017年04月29日 | 日記
未だ仕事場の整理つかず。
懐かしきもののなかには今に勇気を与えるものも少なくない。

今も一線で活躍する剣名舞は、現在、劇画原作だけではなくて、小説や作曲、舞台制作から映画制作まで等々。週に一度は大阪芸大まで行って後進の指導と忙しそうだが、まだ80年代、『ザ・シェフ』の大ヒットで、滋賀県での食のシンポジウムに呼ばれて講演までして、その冊子の講演記録が私の手元に残っていた。

グルメとおもわれがちだが、自分はアンチグルメだという舞ちゃんは、

「おいしものを食べるのに理屈はいらない、というのが僕の持論です」とそのなかで、いっている。

琵琶湖や京都の関係からの滋賀の食文化への言及は、地元の方々へエールを送り、地方の食文化への愛情を感じた。




池袋で一年に一度程度、お茶をしてたわいもない話をする木坂凉が当時連載を持っていた『動物と動物園』の詩のページ。

「人生はしがみついてなんぼです」は、今更に私の心に響く。

ここ2,3年会っていない。お互い「会おう」メールをしながら、近況を語り、満足している?




捨てられない雑誌の一つに昔の季刊『銀花』がある。80年代はすでに古本でも高い値がついていた。
89年の銀花をぱらぱらめくっていて、対馬の海の写真が目にとまる。
みれば宮嶋康彦さんの写真と文ではないか。
当時は全く知らず。和紙でのご縁があって、今は、昔ながらの写真機で自分の和紙で、銀板プリントし、活版印刷、製本までしてしまう超贅沢写真集も作ってしまう。
先日は、山陰を取材。TVニュースの特集を拝見したが、文化を写し取ろうとする写真家の姿勢が美しかった。


捨てられない物多いなか、「全日本VS全中国」と題してのバドミントン対決5対5のキャンプでの記録は捨てた。
私は、現在、世界的二胡奏者になっているジャーパンファンさんと。5ポイントマッチ。デュースに入って、7対5で小熊の負け。
ジャーさんにはなにかと勝てない。現在、日曜朝9時、BSーTBSで旅番組まで持っている。彼のやわらかさがいい。

格闘技シリーズは捨てようと思ってみたら、なかなか面白い。「KO2」で紹介あった故松田隆智さんの本も見直してみる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無条件 つづき

2017年04月27日 | 日記
金属造形作家の安東桂さんの作品を国立ノ―ションで観たのは、今年2月頃だったか…。
金属なのに柔らかくユニークな印象が残るが、その時、たたいて作るアクセサリーが気になった。

アクセサリーにはほぼ興味がない私だが、それを平がなで作ってみたかったのである。

安東さんにお願いしてのワークショップが実現、昨日こころに刻んだ言葉「むじょうけん」を作る。
できが悪くてもわが子はかわいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無条件

2017年04月25日 | 覚書
間断なし
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第11回 書体に現れた身体性 ko2「書の身体、書は身体」更新

2017年04月07日 | ニュース・講座
www.ko2.tokyo

暮れから久々の更新です。
第一回とダブりますが、少し詳しく、書体の変化には、身体のあり方が大事だった、ということを考えてみました。
書に興味ある方もない方もご一読していただけたら幸いです。
また、あたたかいご指摘もお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初心 大掃除より

2017年03月30日 | 日記

ブルース・リーになろうとし、輪島功一になろうとした。

「男と女」初作品 「生」 書家になろうとした。  


棟方や牛になろうとした?


いろんな表現をしてみた。

純粋だったことだけは確かだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加