OGUMA    日々軌 小熊廣美の日々新

規格外の書家を自認している遊墨民は、書は「諸」であるという覚悟で日々生きている。

気楽に綴らせていただきます。

飢える

2016年09月28日 | 書道・筆文字

今の時代、何かに飢えている。

飢えることに飢えていたりして。

 

先日の「清」時代の書をテーマにした講座で、若い女の子が書いた趙之謙を真似た一字。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花を摘む少女と虫を殺す少女 

2016年09月24日 | 文化・芸術

横浜シネマノヴェチェント12時前にたどり着く。

映画館に入ると途端に、段差に足をとられて、ばったりこけた。

 

矢崎仁司監督作品「花を摘む少女と虫を殺す少女」を観るのである。

すごい。

フラッシュドキュメンタリー的にはじまって……いや、やめておこう。観てほしい、どこかで。

大衆映画もいいけど、映画ってすばらしい、と思わせてくれるだろう。

11月のワークショップの件で3時から矢崎監督と渡邊さんと打合せなので、その前に映画を観ておこうと思って、2時には終わって、お茶でもしながら待つか、と思っていたが、映画が終わってロビーに出ると、矢崎監督も渡邊さんもお茶をしているではないか。

「(二人とも)早かったねー」といって館内の時計をみたら、4時だった。

236分だか237分の上映を単純に約2時間と思いこみながら、映画を観たのである。

なかなか4時間の映画も最近はないだろうが、これはすごい。今回は、まず「すごい」とだけ言っておく。

打合せ中はワークショップで観る「無伴奏」があって、打合せ後、矢崎作品の3本目「KISS KISS KISS」を観る。

こちらは、「無伴奏」の脚本も書いた武田知愛さんら5人の脚本家作品を5つの物語でつないだ矢崎組スタッフで撮ったメジャー仕様なインディーズ作品。

それぞれの作品が、それぞれの感覚をもって光っているが、5本に通って流れるのは矢崎さんの詩情というか感覚。

次回作が今すすんでいるそうで、またみたい。

写真は、舞台挨拶(左)矢崎仁司監督(右)キスキスキス4話目出演の草野康太さん

 

3作終了後夜も更けながら、ロビーで、スタッフやら業界の人たちもアットホームな感じで一献。

河合龍之介さん(11月ころ舞台を映画化した作品「顔切り」?の主役だそうです)も矢崎作品に出演したことがあるらしいのですが、まったく私は最近の俳優さんをしらないのですが、かっこいい。そして紳士でした。

マスターと、草野さんの友だち俳優の大和田悠太さん(この人あいされキャラです)と最後に話しこんでいたら、気がつけば終電ぎりぎり。あわてて帰る。

 

さて、11月12日土曜日1時30分より5時30分の4時間。

「無伴奏を、観て、書く」

池袋コミュニティカレッジ8階ホール

会員3430円(60歳以上会員会費無料)、会員外4000円

映画の一齣をみてから、そこからの感情を筆文字やペンという肉筆におこしてみよう、という初の試み。

どうぞ、ご参加あれ。

矢崎監督もきてくれます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落葉松と赤とんぼ

2016年09月17日 | こども書道

北原白秋

 

三木露風

 

どちらも気になる作品なのだ。

筆文字には人間の数ほどその魅力があるんだと思うんです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中秋の名月

2016年09月15日 | 書道・筆文字

本日の名月は曇って観えず。

ながら、今日の教室は、初心者も経験者も一緒になったので、前半は臨書などしながら、途中で「菊月」などと書いて、そのうち誰かがいったか、満月みたいな「月」が書きたいとか。

最後にみんなで、満月みたいな「月」コンテストになる。

みんなそこそこのものになるのは、人生経験か。

そのなかで、結果的に初心者の方のあっさりした「月」が半紙のやや上部に書いて、そこはかとなく満月を感じてみせて、見事。私には書けぬと思った。写真を撮っておけばよかった。

 

昨日も身体をほぐす会にて、毎回、太極拳の動きのままに筆を扱おうとする水書き書道で、大きく「月」を書いた人がいた。

たっぷりとしたいい「月」だ。関西在住の昔、私も大好きなかなの大御所に習っていた方の作である。

中秋の名月は過ぎても、日本にはもう一つの名月、十三夜がある。

なので、過去の書家の名作がある「月」を、十月に入ってもう一度、池袋教室では全紙に書く。

どれだけ、のめり込めるかと、心の自由度が試されそうである。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書の身体 書は身体 第9回

2016年09月02日 | 書道・筆文字

平がなは抽象的な書のなかにあってもっとも抽象的なものかもしれません。

 

武術と身体のまとめ www.ko2.tokyo/

「書の身体 書は身体」第9回 平がなについてかいています。

長いですが、ご一読お願いします。

第一回、最新号は無料です。

今現在、第8回も無料みたいです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オニヤンマ

2016年08月30日 | 文化・芸術

速水御舟の鉛筆でのデッサン。

 

今日は、吉田さんのご縁でつながった高橋工房で、そのハガキをいただく。

先週は、高橋さんと二人で、吉田さんに献杯。

ほんと、今頃ですけど。

 

吉田さんは祖父の御舟作品鑑定もしていたようで、専門外の画讃の読みを私に読んでくれと、銀座の沖縄物産館で待ち合わせをしたことがある。

そこのむらさきいものアイスクリームが美味しいから、と。

その時、残り一つしか残ってなくて、私に買ってくれた。

いつも笑顔の人だった。

御舟作品を拝見するたび、これからは吉田さんの笑顔付きになりそうだ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

簾戸

2016年08月28日 | 文化・芸術

すど、とよみます。

夏になると、襖や障子から、簾戸へ。

今でも、いや、今だからこそ、簾戸をいれて、季節を楽しめるのかもしれません。

新潟で簾戸を作っているのは「日本の夏じたく展」でご縁をいただいた小さな建具屋さんです。

この建具屋さんのアドレスには、kimajime が入っています。

この工房の営業の女性が気まじめでとても純な方で、一度会うと信頼してしまいます。

それから二年ほど経って、そこの社長で職人でもある方ともお会いしました。

これまた柔らかなかなかにあって気まじめです。

そう、みんな気まじめ。これが本来の職人さんの姿だと思いますし、日本人の多くがそうして生きてきたのだと思います。

ながくなりましたが、新しいパンフレットの筆文字を書かせていただきました。

夏の終わりの話題ではなかったですが、気になったので、ここに。

将来、余裕ができたら、簾戸がある暮らしにしたいです。

たぶん、今の時代、心にも余裕がないと簾戸は入れられないのだと思います。

 

山も庭も 動き入るるや 夏座敷   松尾芭蕉

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「無伴奏」を観て、書く 

2016年08月21日 | ニュース・講座

映画×書。

矢崎監督も来て頂けるスペシャルワークショップは、11月12日土曜日の午後。池袋コミカレホールです。 

http://cul.7cn.co.jp/programs/program_769212.html

何の予備知識もいりません。

そこで感じてくれれば、そこからはじまる。

 

もうじき申し込みが始まります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上野でのオリンピック

2016年08月18日 | 文化・芸術
リオ五輪も後半ですが、柔道と卓球に目がいった私です。
さて、9月中旬までのオリンピックといえば、近代オリンピック120周年を記念してとか、西洋の美の原点まで遡ることができるイベントである特別展「古代ギリシャ」展のなかに、紀元前8世紀から始められた古代オリンピック関連の特別コーナーがあって、関連美術品や映像などで、古代オリンピックをかいまみることができます。レスリング、円盤投げ、やり投げ、走り幅跳び、壺にはボクシングなどある。当時は金メダルなどではなく、優勝者は大理石彫刻になったとか。

「古代ギリシャ」 

9月19日まで、上野の国立博物館で。

私は2度鑑賞。相当数の美術品は各時代ごとに分けられ、見事。これだけ大々的なギリシャ展は日本でははじめてのようです。


さてさて、今のオリンピックの話題に、ある人がぽつり「みんな争うのがすきだね」と。
この今この時ならパッシングを受けそうな言葉であるかもしれないが、この言葉は捨てない方がいいとおもった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何んの国ぞ

2016年08月11日 | 文化・芸術
朝蝉よ若者逝きて何んの国ぞ

兜太先生 2015年の句だというから95歳時か。

今頃ですが、いただきます。

兜太先生の名句が一つ増えたようです。


戦争が廊下の奥に立つてゐた 白泉

は一度ここにのせたが、戦争俳句というものが、今でも色あせないのは、人類にとっては、幸せなことではないのかもしれないけれど。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加