中国備忘録→司法備忘録

中国での体験記(備忘録)
→司法界での体験記(備忘録)※現在入口
→単線没個性社会に一石を投じ続ける日記

慶応大学の大失態~広告学研究会の件について

2016-10-18 08:56:38 | 日本時事
 慶応大学の広告学研究会(海の家、ミスコンなど)関連のニュースが流れていますね。

 事件そのものについては現在捜査中で真相はまだわかりませんので、控えておきます。

 が、既にこの段階で慶応はすさまじい失態を犯しています。

 慶応いわく、「性行為はあったと聞いているが、事件性はなかった」。


 これね、大学当局としてはとんでもない失態ですよ。

 そもそもね、なんで捜査権もない大学が事件性を判断するのか、勝手に事件性はなかったと公表するのか意味不明です。それは置いておいて、

 事件性があったのに事件性はなかったと言ったのであれば虚偽回答ですが、実は最大の問題は、、、


 本当に事件性がなかったのなら、合意による性行為であって、、、


 なんで、大学が、生徒が性行為をしたことを世間に公表するのか!?大学が、「うちの生徒、エッチしていましたわ」と公表するなんて、前代未聞! 
 
 まさしく、2次被害(もし本当に事件性がなかったのなら1次被害)です。


 千葉大学の時もそうでしたが、大学は、大学の名前を守るのに必死すぎです。

 大学の名前よりも、被害者の保護・心情に対する思いやり、真相解明の方が大切です。大学の名前なんて、私たちからしたらどうでもいいです。

 ※そもそも、個別の大学生の事件であれば大学の名前は関係ありませんしね。


 本当に、そういうね、組織をメンツを守るために、(本来守られなければならない)誰か個人を傷つけるとか、やめましょうよ。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心無いコメントを書く人は来... | トップ | 無罪判決を勝ち取りました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む