中国備忘録→司法備忘録

中国での体験記(備忘録)
→司法界での体験記(備忘録)※現在入口
→単線没個性社会に一石を投じ続ける日記

高校無償化は本当に意味があるのか?

2010-01-31 16:07:05 | 中国の文化と日本の文化
 2010年度から公立高校の授業料が無料になりますね。

 貧富の差→かけられる教育費の差→学力の差→学歴の差→就職の差→次世代の貧富の差 というサイクルを避ける、というこの政策、もちろん一理はあります。

 しかし、これは根治療法ではなく景気どん底期の一時的なしのぎと見るべきです。

 なぜなら、

○公立高校だって、一生懸命勉強すれば良い大学に行ける。

 現状では、公立高校の大学進学実績は私立の進学校より見劣りするかも知れません。しかし、この理由は二つあって、
 ・そもそも私立進学校は、勉強が得意な生徒を集めているのであるから、大学進学実績が良いのはある意味当たり前。
 ・公立高校は、変な平等を重視しすぎていて、いわゆる勉強が得意な子がどんどん進めるカリキュラムになっていない。

 ということで、公立高校が無償化されたからと言って、この問題点が解決するわけではなく、かつ、カリキュラムをうまく組めば、一生懸命勉強するという条件の下、公立高校でも良い大学には行けます。

○経済力即学力とは思えない~塾、塾というが、塾に行ったことによって劇的に成績が伸びた生徒を私は知らない。

 これを言うと、元も子もありませんが、塾の授業自体で成績が劇的に伸びることはほとんどありません。塾の効能というのは、勉強する癖をつける、良い先生に出会ってその科目を好きになる、ということであります。そんな1週間に数時間の授業“だけ”で劇的に成績が上がることはまずないのです。

 そうすると、成績が上がる本質は、資質と努力であって、経済力自体が学力に直結するかのような議論はやや失当な気がするのです。
 ※もちろん完全には否定できませんが、努力してから文句を言えと言いたいのです。

 私立中高に行けば、あるいはマンツーマンの指導を受ければ、恵まれた教育を受けることができる、やっぱり金じゃないか!という議論は正当だと思います。しかし、これは公立高校無償化では一切解決できない話です。金持ちがより良いサービスを受けるのはどこの世でも当たり前の話なんです。

○高校は義務教育ではないので、高校授業料を無料にするからお金なくても勉強できるよ、いい大学行けるよ、お金稼げるようになるよというのは筋が良くない議論。

 この政策は、お金がないことによる退学→社会からのドロップアウトを防ぐというのが目的だと思うのですが、これは3点において奇妙です。
 1)本当にお金がないことによる退学は公立に関して言えばかなり少ないはず。
 2)お金がない家庭だけ無償にすれば済む話。
 3)退学をドロップアウトと考える社会、初めから勉強に向かない子をも高校に行かせようとする社会自体を直していかなければならず、本来は、高校の代わりに“社会に役立つ学校・訓練校”を設立して勉強以外の人材を輩出できるようにするのが王道。


 ということで、本当に一時しのぎならいいですが、どうも、費用対効果という観点から筋が良くない政策のような気がしてならないのです。

 これで、「退学率減少」「学習参考書売り上げ増加」という効果がなければ無意味な政策だったということが明らかになる訳ですから、その際は廃止した方が良いですね。

 というか、こういう政策効果の測定ってちゃんとやっているんでしょうかね??


 本当にやるべきことは、、、高校無償化ではなく


 公立高校教諭の社会的地位・待遇を引き上げて、かつ教育委員会の権限を縮小して、学業人格共により優秀な人が自由に活躍できる職場にすべきことなんですけどね。そうすれば公立高校でもより良い教育が提供でき、経済力の差による学力の差を縮めることができるんです。。。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呉服屋の苦難と怠慢 | トップ | 当ブログの今後 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (無償化反対)
2010-02-08 13:48:37
高校無償化は反対です。
なぜなら、高校に行かない人の家庭や子どものいない家庭の人にまで負担を求める政策だからです。

マスコミは、高速道路無料化では車に乗らない人にまで負担を求める政策だと批判的ですが、高校無償化も似たようなものです。それなのに、批判的な報道はほとんどありません。

なぜかマスコミは、道路には厳しく、教育には甘いという報道を行い、道路よりも教育をどんどん聖域化させ、腐敗させている気がしてならないです。
目立つ政策 (hihi64)
2010-02-09 10:53:16
 そうですね、子ども手当ては最たるものですね。

 ただ、万人が等しく恩恵を受ける政策はそもそも難しい上、一人当たりの額が僅少になり、インパクトが小さくなってしまうので、政権党としてはどうしても子ども手当てや高速道路無料化や高校無償化といった派手な政策を実行してしまうんですよね。。。
Unknown (ふみ)
2010-02-16 02:58:08
私も高校無料化は反対です。
義務教育ではないのですから、受益者が負担すべきですよ。
受益に応じた負担をすることによって自立心がつきます。

きわめて収入の少ない世帯だけ無料にすればいいんじゃないでしょうか。
生活保護的政策 (hihi64)
2010-02-19 12:35:08
 日本が、例えば石油や天然ガスでウハウハなブルネイのようにものすご~いリッチ国なら、無償化しても良いのだろうとは思いますが、何しろ今はお金がありませんからね。。。

 一部だとは思いますが、本当にお金がなくて進学を断念という子はいると思いますので、結局、ふみさんのおっしゃるように、収入の少ない世帯だけ無料というのがベストだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む