中国備忘録→司法備忘録

中国での体験記(備忘録)
→司法界での体験記(備忘録)※現在入口
→単線没個性社会に一石を投じ続ける日記

最近思うこと。

2017-07-08 10:00:39 | その他
 職業柄、ビジネスパートナー(取引相手)として、いろいろな業界・方にお会いします。

 最近思うのが、


 第一印象で、「あ、この人、えげつなくて胡散臭そう」と思った人というのは、必ず、お金のことでえげつないことを言ってくる。 


 要するに、えげつなさが顔に出てしまっているということです。長年続けていることが身体にしみついて、それがにじみ出るようになってしまっているという感じでしょうか。

 ※外見に出ないようにコントロールできるのが真の詐欺師となるのでしょうね。そういう意味では、えげつなさがにじみ出ている人というのは、真面目ではあるのでしょう。


 そして、


 「巧言令色少なし仁」は結構当たっている。 


 よく考えてみると、これ当たり前なんです。

 要は、実質的な能力がないにも関わらずそれなりのポストを築けている人というのは、口先がうまく人に取り入って情報を左から右に流すことによってさらに人脈を広げてさらに情報を増やして・・・という職業をやっているのです。それしか生き残る道がないのです。当然、口はうまい訳です。

 論理的には、
⓵巧言多し、仁多し
⓶巧言多し、仁少なし(巧言令色少なし仁)
⓷巧言少なし、仁多し、
⓸巧言少なし、仁少なし

 の4種類の人間がいるとして、⓸は世に出てこない。⓵はそもそもすごい人なので、「すごい」という評価になって「巧言令色」という評価にはならない。⓷は巧言令色ではない。ということで、⓶の巧言令色少なし仁が目に付く、という訳です。


 経済的には⓶が一番恵まれています(⓵は自制するので、⓶の方が儲かる(笑))。ですが、私は巧言というタイプではありませんし、巧言能力はあまり高くありません。また、そんなにえげつなく稼がなくても普通にやっていける資力はもうあります。

 なので、愚直に⓷路線を目指すべきなんだろうなと思います。

 精進します。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宿題の意義 | トップ | レゴランドを盛り立てる方法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事