そうなんだ。

外国語で知ったこと。

金髪   英語

2012-07-30 13:00:00 | 日記
ロンドン五輪が開幕しました。
イギリスとは時差が8時間あるので、 私の場合はダイジェストで観ることに
なる競技もたくさんあるでしょう。
土曜日は出勤だったので、 開会式は朝の支度をしながらの視聴になりました。

「gold medal」(ゴールドメダル)・・・金メダル 
「silver medal」(シルバーメダル)・・・銀メダル
「bronze medal」(ブロンズメダル)・・・銅メダル

ライブでの初観戦は、 女子サッカーの “日本対スウェーデン戦”。
同点でしたが、 格闘技のように判定があるなら勝ちでした。
スウェーデンチームは監督を始めとして、 金髪選手が多かったです。

「金髪だったら、 多少白髪が出てきても全然目立たないよね。」
金髪の選手が映る度に言ってました。 
この点はかなり羨ましいです。
金髪を英語で言うと、 メダルと同じゴールドじゃないですよ。

「blonde」(ブロンド)・・・金髪の

英語で白髪交じりの髪は、 “灰色” や “銀色” で表わします。

「gray hair」(グレイヘアー) 
「silver hair」(シルバーヘアー) 

これに比べると、 “ゴマ塩あたま” という言い方は、 品がありません。
しかし、 金髪に白髪が交じると、 灰色や銀に見えるのでしょうか。
ロマンスグレーは和製語ですから、黒髪の紳士が対象ですよねぇ・・・。

話を振っておいてなんですが、 今後金髪の年輩外人さんを見かけたら、 
観察し報告するという事で、 まとめとさせて頂きます。 
染めた髪色に引っかからないように注意します。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サブリミナル   英語

2012-07-27 13:00:00 | 語学
放映予定のあるスポーツ観戦に行く時は、 自宅の録画を
セットして行きます。 もしかして、 映るかも・・・。
素人にとってテレビ画面に映るというのは、 記念すべき事ですよね。

で、 映りました。
その部分を繰り返し再生し、 一時停止状態で写真に撮る。
盛り上がります。
時間にして2秒弱・・・。 サブリミナル程度ですが。

「subliminal」(サブリミナル)・・・潜在意識の

サブリミナル効果とは、
これを見た。 という意識はないけれど、 視覚から入ったことを
脳が覚えていて潜在意識として刷り込まれること。 
だそうですから、 この場合の 「映った!」 と喜んだ時点で、 
サブリミナル効果と言えませんが、 そのくらいの瞬間という意味で使いました。 

かつてアニメの途中に一瞬 “麻原彰晃” の顔が挿入され問題になりました。
学術的効果の証明はないそうですが、 放送等でこの手法の使用を禁止している
ところを見ると、 効果があるのではないかと勘繰ってしまいます。
“中学生のいじめ防止” に使えませんかね?

話は戻って、 昔テレビに映ったことがあります。
高校時代のお正月。 ゴン、 みち子さん、 ワン公、 私の着物姿4人組で
明治神宮へ初詣に行った時のこと。 
テレビ局の人に 「合図を出したら、 こちらに向って歩いて下さい。」
と頼まれました。 お礼はボールペン。
休み明け、 演劇部仲間が 「テレビに映った4人に、思わず手を振っちゃったよ!」
と興奮気味に教えてくれました。
特別番組からコマーシャルに切り替わる際の映像だったようです。

残念な事に、 想定外の事で録画の準備が無く、 見られませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンクタンク   英語

2012-07-25 13:00:00 | 語学
“台所の流し” を洒落て言うと “キッチンのシンク” でしょうか。
“シンク” と言えば、 システムキッチン風の比較的新しい “流し”
がイメージ出来ます。

カタカナ言葉というものは、 割とやっかいです。

“シンクタンク” とは、 どういう意味だと思います?
一瞬、 流しの槽部分が浮かんで来ます。
けれど、 それは違います。
一昔前に頻繁に使われた言葉で、 “頭脳集団” です。

なんで “シンク” が頭脳なんだろう。

綴りに答えがありました。

「sink」(シンク)・・・流し

「thinktank」(シンクタンク)・・・政策研究機関 ・ 頭脳集団

“考える” の 「think」(シンク) が詰まったタンク。
“シ” と言っても
舌の先を歯で挟んで発音する “シ” だったのですね?

“箸” と “橋” と “端” のように漢字で書くと解りやすいように
英語も時に、 アルファベットで書いてあったほうが、 解りやすいです。

なーんてコメント。 
かなり “才女風” ・・・?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クールビズ   英語

2012-07-23 13:00:00 | クリーニング店
私が受け付けをしているクリーニング店でも、
ワイシャツの洗濯代はお安いです。
工場を覗いた際に、 このワイシャツのオートメーションプレス
には、 驚かされました。
人型の胴体部分に半乾きのワイシャツを着せると、 前後から
挟むように機械がプレスして、 グルーっと回って、 ハンガーに
吊るされ、 ビニール袋に包装されて出て来ます。

人の手を煩(わずら)わせないので、 安く値段設定できるんですね。

要注意がクールビズ対応のワイシャツです。
ワイシャツ生地の半袖というなら、 この機械でOKなのですが、
ユニクロなどで販売されている、 ポロシャツ生地のワイシャツ。
これは、 一つ一つ手によるアイロン仕上げになる為、 人件費が掛かり
その分100円強はお高くなります。

お持ち頂いた通常のワイシャツに混ざっていると、 
つい見逃して差額代金を貰い損ねてしまうという、 受付泣かせの品物・・・。
まぁ、 うっかりしても泣いちゃった事はありませんけど。 

ところで、 このクールビズは和製語です。  
「cool」 はわかりますが、 
「biz」(ビズ) はどういう意味なのでしょう。

「biz」(ビズ)・・・business(ビジネス)のくだけた感じの言い方

なるほど・・・。
言われてみれば、 それしかないです。
ビジネスの場だからこそ、 工夫が必要なんですものねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のどぼとけ 英仏伊独語

2012-07-20 13:00:00 | 語学
亡き父は、 幼い私たち姉弟によく創作話もしてくれました。
父の作り話であろうと名作話であろうと、 面白ければ
大喜びでしたが、 母は前者を “いいかげんな話” 
と評していましたっけ・・・。  その中のひとつ。

神様に内緒で禁止された “りんご” を食べていた、 人類最古のカップル。 
見つからぬ様に、 あわてて飲み込んだところ、 男は一つを喉に詰まらせ、 
女は二つを胸に詰まらせたと言うお話。
これが、 人間の喉仏とおっぱいになったそうで・・・。

後年、この話は “旧約聖書の創世記3 へび”。 アダムとイブが
神様から禁止されていた “りんご” を、 蛇にそそのかされて食べてしまい
エデンの園から追い出される話に絡んでいたと気が付きます。
ただし、 喉仏とおっぱいの話は書かれていません。

先日、 喉仏は英語で 「Adam’s apple」(アダムズ アップル)
と言うのを知り、 父のいいかげん話の方ではなかったことに “そうなんだ。”
おっぱいの件は解りませんが・・・。

キリスト圏の “喉仏” の言い方を紹介します。

フランス語。 「pomme d’Adam」(ポム ダダン)・・・喉仏
「pomme」(ポム)・・・りんご

イタリア語。 「pomo d’Adamo」(ポモ ダダモ)・・・喉仏
「pomo」(ポモ)・・・りんご

ドイツ語。 「Adamsapfel」(アーダムスアプフェル)・・・喉仏
「Apfel」(アプフェル)・・・りんご

それぞれのお国の言葉で “ノドボトケ” を “アダムのりんご” と
言っていました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加