はいらんどぱーく

シンガー&ギタリスト 高島耕陽のブログ

あいつ

2017年05月20日 | 日記・エッセイ・コラム
息が切れるほど走った

どんなに逃げても

どんなに振り切ったつもりでも

あいつを振り切れない

あいつは

壁に追いやった獲物の自由をゆっくりと

奪っていくのだ

こんなとき

いつもなら使わないはずの筋肉までも使った

それでも

いや

だからこそ

あいつは笑いながらやってくる

深い眠りの闇の底へ逃げ延びた後

まぶしい光に包まれて目覚めた朝

会いたいなんて思ったことは一度もないのに

その存在を忘れたときに

再び

いや

何度でもあいつは目の前に現れる

あなたの体の自由を奪う

あいつの名は

筋肉痛 ―

いたきもちE~ ♪

(゚ロ゚;) はっ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一歩二歩 | トップ | はいらんどぱーく vol.33 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL