親知らずの恐怖・とりえず

2017-06-15 08:35:00 | 日記
おはようーございナツ。

歯の痛み、神経をとったはずなのに
ますます痛みが増してきて
やり場のない怒りをいくらブログにぶつけても
発狂が止められないくらいになってきました。

これはもう、大学病院への紹介状を書いてもらうしかない!と
昨日、もう一度あの歯医者さんへ行きました。

そしたら、先生、ワタシの口の中を覗き込んで

「あー、昨日の注射の跡が化膿して
 膿がたくさん出てますねー。」

と、他人事のようにノホホンとのたまいやがり

歯や歯茎を、更にギギギギギギゴゴゴゴゴゴと
あんなことやらこんなことやら、さらにされました。(((((((( ;゚Д゚))))))))




んもーーー、ね。
あまりの痛さに、お恥ずかしながら、涙ボロボロこぼれたよ。(T_T)

「膿が出たから、これでもう痛みは収まりますよ。」と
前日のデジャヴみたいな、ドヤ顔にて言われ

このままこの先生を信じて、この医院に通い続けていいものか
更なる不安が広がっています。

まぁ、おかげさまなのか何なのか
ゴルフとかヨガとかできる程度には治まったので
とりあえずよしとしようか。




ちなみにワタシ、本の虫なので
先週末は図書館に行って
歯科系の本をたくさん借りてきて、読み漁ってたんです。

結局のところ、親知らずは、抜いたほうがいいのか?
それとも、できるだけ抜かないほうがいいのか?

それを知りたかったのですが

いろんな本を読めば読むほど
歯医者さん業界そのものを信じられなくなってきて
せっかく借りてきた本たちですが
途中で読むのをやめてしまいました。




ちなみに今、仕事でインバウンド推進に携わっているのですが
特に「海外ビジネス」なんてリスキーなことは
誰を信じるか、誰をパートナーとするか、が
成否のカギのような気がしています。

歯医者さんだって、絶対に誰かを信じなきゃいけないんだけど。

いけないんだけど。。。

「信じる」って、難しい。。。(~_~;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親知らずの恐怖・その後 | トップ | ゴルフで轢かれるの巻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事