親知らずの恐怖・その後

2017-06-14 07:59:48 | 日記
おはよーございナツ。

親知らずなんて、ありふれた病気自慢を
ブログ上でグダグダくだ巻いて申し訳ないんですが 

他人にはどうでもいい話でしょうが
本人にとっては、歯の痛みって、ホントたまらないものだから

自分の発狂を防止するため、引き続きグダグダ言うYO!




昨日とうとう、あまりの痛さに耐え切れず
「親知らずを抜こう!」と、決死の覚悟を決めて
近所の歯医者さんへ行ってきました。

そしたら!

「おかしな向きに生えているので
 大学病院クラスの大きな病院でないと抜けません。」

という、衝撃の回答!!!(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル




んでね。

親知らずを抜かれる代わりに、奥歯の神経を抜かれました。。。




先生曰く
「これでもう、親知らずで痛むことはないでしょう!」
と、ドヤ顔なのですが
本当にこんな対応で大丈夫なんでしょうか?

このままこの先生を信じて通い続けてよいのか・・・?
一抹の不安を感じてしまいました。(~_~;)




あと、歯の痛みは相変わらずです。
昨晩もズキズキした痛みで何度も目が覚め、絶賛寝不足中です。

ただ、今回の痛みは
神経を抜いた傷が癒えるまでの一過性の痛みだ、という希望があるため
今までの痛みと比べて、まだ精神的に楽なような気がしますが

でも、痛み自体は、こめかみや耳や首まで広がって
むしろ今までよりも強烈になってるようなのよね。

やっぱり、根本的な問題である親知らずを
抜いたほうがいいんでないかしら。。。




もう数日、様子を見てみて
いよいよのときは、大学病院へ行ってきマッスル。。。(涙)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親知らずの恐怖 | トップ | 親知らずの恐怖・とりえず »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む