アラ還キャンパー 放浪記

母親二人の介護が一段落し、夫婦二人でのんびりと・・・・出来るかな?

外ヶ浜ー脇野沢ー川内ーかわうち湖ー野平高原キャンプ場

2017-07-16 22:36:49 | キャンピングカー
フェリー乗り場で朝を迎え朝食を済ませフェリー事務所が開くのを待ちます。


乗船券を受け取り順番を待ちます。

連休中日とあってか満車状態でギリギリまで車間距離を寄せます。

後ろはもっと。

5cm?^_^
さすがの Docomo も

今夜はネット無しで。
友人の実家を突然訪問。「お昼 食べさせて下さい。ついでに洗濯機使わせて下さい。」
図々しいお願いにもかかわらず快く迎えて頂きました。
赤ん坊の頭位大きいじゃが芋

肥料と手間をたくさん掛けたようです。

懐かしい無花果も超モダンに。

タッパー5個にタップリのお土産も頂きありがとうございます。

お腹もいっぱいになったところで川内のふれあい温泉へ。陸奥市民以外は380円。ぬるい方の湯でも我々には熱い。貸し切り状態だったこともありのんびりとさせて頂きました。

道の駅 かわうち湖 は緑に囲まれた静かな環境。ドコモもつながります。車中泊には絶好の場所ですが今夜は更に5km進み野平高原キャンプ場へ。

乗用車の車中泊組みが一台と我々の二台だけでしたのでこちらもほぼ貸し切り状態。

芝生への乗り入れは禁止されていますので駐車場の隅に停めオートキャンプ風に。

無料ですが炊事場 水洗トイレ完備。お勧めのキャンプ場です。

遊歩道を散策すると先住民の落し物が縄張り宣言のように橋の袂のど真ん中に複数。

鉢合わせると怖いので大きな声で 「ある日 森の中 クマさんに出会った花咲く森の中クマさんに出会った。クマさんの言うことにゃ お嬢さんお逃げなさい。スタコラサッサのサ クマさんに出会った。」
幸い出会わすことはありませんが遊歩道のあちこちで落し物を見かけました。

ワラビもまだ多数残っていました。
スカイプが使えないので埼玉の仲間と無線交信で位置を知らせようとしますが数字が多すぎて冷や汗をかきながら打電。

もっと上手く打てるようにせねば。
オートキャンプ風にと目論んだのですが雨と風で車内で過ごす時間の方がずっと長かった。

ちょっと残念。

流石 金鳥 効きます。
夜はラジオを聴きながら。

明日は函館です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こどまりー竜飛崎ー今別ー鋳... | トップ | 野平高原キャンプ場ー仏ヶ浦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。