髭を剃るとT字カミソリに詰まる 「髭人ブログ」

「口の周りに毛が生える」という呪いを受けたオッサンがファミコンレビューやら小説やら好きな事をほざくしょ―――もないブログ

「エキサイトバイク」 レビュー (ファミコン)

2017-06-16 21:00:45 | ファミコンレビュー

横スクロールレースゲーム
開発も発売も任天堂
1984年11月30日発売

あらすじはなし
だが、ゲームとしては「チャレンジコース」を規定タイムにクリアすると
エキサイトバイク本線に出場し規定タイムでクリアすると次のコースに行け
5面の本線をクリアすると何度でもゲームオーバーになるまで5面本線を走行する。

モードは3つある。

・SELECTION A:単独走行
・SELECTION B:ライバル含めた複数走行
・DESIGN     :コースを自分で作れる。」

特徴
横スクロールで左から右に進み続け、ゴール地点がありそこを越えるとそのまま一周する。

上下のボタンで走るコースの移動を行い、
左右のボタンでバイクの前輪の向きを変える。
左ボタンを押すと前輪を上げウィリーとなり
右ボタンはジャンプ中に用いて押すと上げた前輪を戻すという事になる。

ジャンプ時はコースとバイクを平行にしていないと着地時に転倒する。
ジャンプ台などでジャンプした際にこの操作が重要となる。

スピードによりバイクとライダーは回転。
そして転倒するとライダーがコース上下部に滑るようにして転倒。
プレイヤーはバイクに戻らなければならない。
ABボタンを連打する事で走って戻る事が出来る。

画面下部に
温度計というゲージがありそれが全て真っ赤になると
オーバーヒートとなり一定時間の冷却のための停車時間が必要になる。

バイクには2種のアクセルがある。

Aボタン…加速率が低く最速に達する時間が長いが
 温度計の上昇は一定(2/3程度)で止まる。

Bボタン…ターボであり、急発進可能、最速になるまで短いが
 温度計の上昇は止まらず押し続けているとオーバーヒートしてしまう。


「デザインモード」というエディット機能がある。
ファミコン本体にファミリーベーシックとデータレコーダを接続したりすることで
作成したコースをカセットテープに保存する事も出来た。


点数は55点


良い点
・ストレスなく動く
・エディットモード

悪い点
・特になし


良い点の解説
・ストレスなく動く
操作性に問題はない。ウィリーとか上下に動かす時、きびきび動く。

・エディットモード
ジャンプ台とか障害だとか設置可能。
オリジナルステージを作って無茶な事をさせるのもまたこのゲームの魅力



髭人のような初心者はバイクの左右を操作するような前輪を捌くような事はせず
A、Bボタンをアクセルの使い分けで操作していくようにするといい。



「SELECTION B」モードは
ライバルのキャラクターが多数登場し
タイムによって順位が表示されるが走っているライバルの正確な時間ではない。
ただ単にいるだけのお邪魔キャラでしかない。

ただ横から体当たりすると双方転倒する。
自分のバイクの後輪バイクを相手バイクの前輪に当てるようにすると転倒させられる。
嫌がらせのようなものだが…
別に失格になるなどのペナルティはない。

その為、転倒した相手バイクに横付けするよう停車すると
相手ライダーがふっ飛ばされるのだ。

それは「ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強」で
「クウラ」に「ピッコロ」をやられた「悟空」が静かに怒っている時に
「クウラ」の部下である「クウラ機甲戦隊」の「サウザー」が「悟空」に殴ったけど
まるで効いておらず、そればかりか悟空の気合いでふっ飛ばされるかのように…
(この例え分かりにきーので忘れて下さい)

だからこんな状況に陥る。


相手ライダーがバイクに取りに戻る。



プレイヤーに触れてふっ飛ばされる。



相手ライダーがバイクに取りに戻る。



プレイヤーに触れてふっ飛ばされる。



相手ライダーが(以下略)


というパターンにはまる。
めげずに続ける相手ライダーに涙したくなる…
誰か別のライダー!
停車しているプレイヤーに体当たりしてやって!!



PS)ちなみに157万本を売り上げているのだとか…

PS2)後に『VS.エキサイトバイク』として
 アーケードゲームやディスクシステムで発売されたり
 ゲームボーイアドバンスに移植されたりもしている。


ネタバレはなし
ジャンル:
レース
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月15日「アメトーーク!」... | トップ | 6月15日「アメトーーク!」... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
走るよりチマチマと (カラスのハート)
2017-06-17 19:59:28
エキサイトバイクと言えばエディット機能だね
当時乙等は自分でコースが作れるというこのシステムに惹かれて買ったな〜
ロードランナーのエディットも好きで一生懸命作ってたな〜
でもどっちもカセットにセーブ出来無かったからノートに書いといて遊ぶ度に作り直して友達とかにやらせてたな〜
エディットモード (髭人)
2017-06-17 20:14:23
カラスのハート殿
コメントさんきゅーです。

初期のファミコンゲーだとたまにありますよね。エディット機能。
他にも「バトルシティ」とか「レッキングクルー」とか「アルカノイド」とか…
ゲームするよりそっちの方が楽しくて…

「エキサイトバイク」の場合
ジャンプ台を多めに作ると面白くなりますよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL