髭を剃るとT字カミソリに詰まる 「髭人ブログ」

「口の周りに毛が生える」という呪いを受けたオッサンがファミコンレビューやら小説やら好きな事をほざくしょ―――もないブログ

絆体感TV 機動戦士ガンダム『第07板倉小隊』 2017年7月22日特番 感想

2017-07-23 21:00:31 | 機動戦士ガンダム 戦場の絆 板倉小隊感想
「2017年7月22日 PM5:00~」
『BS JAPAN』で放送された
「絆体感TV 第07板倉小隊」

見逃した方やみたいという方はまず下記の動画を見てください~。


絆体感TV 機動戦士ガンダム 第07板倉小隊 特番 -夏の陣-<主音声>



ちなみにこれから先の文は番組のネタバレなので注意!!




「板倉」氏「森本」氏「豊崎」氏「カバパン」氏「LPN」氏の5名が出演。
夏の過ごし方を5人を紹介。いつもの感じ。

初の公開収録という事で200名ほど入れての収録との事。

で、今回は今までのようにただ番組中2戦やって一喜一憂するのではなく
勢力戦2017を先立って新機体の紹介を行うという企画である。

絆初の変形機体
連邦側「リゼル」
ジオン側「ガザD」

フライトモードになると12カウント変形モードが可能。
カウントが残っていれば何度も変形が可能。

まず、「カバパン」氏が『リゼル』に試乗し
「LPN」氏の『ギャン』と対戦。

番組的には「カバパン」氏がギャンを撃破して倒していた。


それでお客さんと対戦という事になる。(お客の中には元帥もいたとの事)
そして板倉氏が

「戦場の絆はテクニックではなくチームワークだ」

って事で板倉小隊「夏を連想するMSは?」板倉氏が降って


LPN氏「ズゴック」
 :水中用機体の為

カバパン氏「アレックス」
 :白と青のカラーリングが夏を連想する為

板倉氏、森本氏、豊崎氏「ボール」
 :ビーチボールを連想する為


そんな事を言いつつ…
2名ずつのペアを抽選で決める。
「准将&准将」+「大将&大将」の4人に決定


戦場は「サイド7」

板倉氏「強襲陸戦型ガンタンク」
森本氏「ユニコーンガンダム」
カバパン氏「リゼル」
LPN氏「シルヴァ・バレト」

ブリーフィングを行い開戦。

准将「グフ・カスタム」
准将「ザクⅡ改める」
大将「ガザD」
大将「ギガン」

板倉氏とカバパン氏はアーケードを使っての拠点攻略
カバパン氏とLPN氏はアンチ
切り離しで護衛のカバパン氏がアンチに合流。
板倉氏はザクⅡ改にやられる。

1度ギガンを倒したものの先に拠点を撃破される。
森本氏のユニコーンはギガンのサブで撃破される
(お客さんたちの笑いあり)

拠点を双方1落ちしたもののユニコーンガンダムの損失は大きく
330のコスト差で負け

「豊崎」氏が

「負けて悔しくないですか!」
「トヨもやりたい!」
「私も交ざりたい」

と言い出してもう1戦となり抽選し直しとなるがかなり急ぎ足のダイジェスト…
相手側はオール准将でコスト220以下限定戦



板倉氏「リゼル」
森本氏「ガンダムEz-8」
豊崎氏「リゼル」
カバパン氏「量産型ガンキャノン」

相手側
大佐「リックドムⅡ」
大佐「ドム」
准将「ザクⅡ改」
准将「ガンタンクV-6」

豊崎氏が変形して

「気持ちいい!!」

っていうだけで敗北。

3戦目となり誰が抜けるか板倉氏が言いだし

「俺が抜ける!」

と言っていたら最後に豊崎氏…
この流れになれば誰でもわかる通り

「どーぞどーぞ」

になるわな。
やっぱり公平にって事でじゃんけんになり
「板倉氏」が敗北して抜ける。

最終戦ニューヤーク


森本氏「ガンダム」
LPN氏「ガンダム」
豊崎氏「ジム指揮官用」
カバパン氏「ガンダム」


元帥「ローゼン・ズール」
大佐「ギガン」
准将「ガザD」
二等兵「ザクⅠ」

双方拠点を割りあう。
乱戦で相手側のゲージを減らし
復帰したLPN氏が抜けて2拠点目を割ってゲージ割って勝ち

森本氏「俺達が板倉小隊!」
みんなはしゃぐ。板倉氏をよそに…


板倉氏は相手側の二等兵の基に

板倉氏「二等兵の方がいっらっしゃるんだよ!
 怖かったねぇ~」
二等兵「怖かったです」


板倉氏「客観的に見てクズの集まりだよ!」

そんな感じでエンディング。



細かいツッコミ

夏を思い出すMSって…
『ボール』はモビルポッドって扱いであって正確にはモビルスーツじゃねーんだけどね。

それにしても3戦目、ちゃんと変形機体を出している相手側チーム偉いな。
逆に板倉小隊…まぁ、ここで負けるわけにはいかんっていう必死さは伝わる。
2戦目の相手チームは素人だからな…ノーコメント。



全体の感想としては
初めに軽くだけど新機体を紹介しているのは良かったね。
前回の放送はREV4.0の話全くなかったもんな。
ただ2戦やって終了。
REV4.0稼働して既に3か月ぐらい経ってからの放送だったけど
番組やるからには既存プレイヤーより新規プレイヤーや引退プレイヤーを復帰させるのが目的のはずなんじゃないのかなぁ~。
いつもの板倉小隊の放送ってだけで面白味皆無。
だから、今回の10周年を迎えた戦場の絆で
新しい趣向の機体を取り上げたのは素晴らしい事でしたわな。
ただ髭人の食指は動かんけどね。


しかし…
今まではユニコーン系機体は250以上の高コスト機だったってのに
「リゼル」「ガザD」はコスト220機体。

絆引退宣言をしたとき

「『低コスト限定戦』ならUC系は実質機体出ないから復帰もありうる」

なんて言っていたけどこれにてその逃げ道も潰える事となるなぁ~。

後の望みは

「ノーUC機体デー」

に一縷の望みを賭けるしかない!


…………………………

多分、ねぇな…

はぁ…




では『髭人ブログ』の絆記事については
次回の「板倉小隊」の放送の時にまた会いましょ―――――――!!




『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「SDガンダム外伝 ナイトガン... | トップ | 「スペランカーII ~勇者へ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タイトル間違っとる。 (髭人)
2017-07-24 09:54:55
よく見たらタイトルの日付が残ってるやん。
前回のタイトルをコピペした弊害。
アホ丸出し…
修正 (髭人)
2017-07-24 19:30:49
タイトルを修正しといた…
これで良し!(誰も気にしてないよ)

コメントを投稿

機動戦士ガンダム 戦場の絆 板倉小隊感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL