諸君、私はポケモンが好きだ

ひげぽよがポケモンについて考えてみる

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【2100到達構築】腹黒ギャラナット【シングル厨2-6】

2015-09-15 11:50:45 | まじめ


皆さんS11お疲れ様でした!当たった方はありがとうございました!

この構築はもともとシングル厨のために用意した構築なのですが、あまりに当日の運がなかったのでレートで結果残そうと思って使ってました。


結果は、最高2103で最終は寝落ちしたのでよく覚えていませんが2000前半くらいだと思います…



写真で残ってたうち最高のやつはこれです。
一昨日レリセした割には対戦数稼げたんじゃないでしょうか。


では個別に書いていきます。



バシャーモ@弱点保険
187-140-133-*-92-100
腕白、Dは無補正252振り眼鏡水ロトムのハイドロポンプ確定耐え調整

ビルドアップ身代わりバトンタッチ吠える

普通のバトンバシャーモです。最初は攻撃技を入れていたのですが、この構築はスタン偽装であり、無理やりバトンを通すことを重視して吠えるを採用しました。相手の吠えるに合わせたり、筋トレバシャミラーで強かったです。



水ロトム@食べ残し
155-*-127-125-159-123

放電鬼火怪しい光身代わり

るどるふさんの記事の魔界ロトムをそのまま使わせていただきました。シングル厨で僕がいたスイクンリーグを1位抜けしたたちばなさんという「総師範」と呼ばれる方に影響を受けてオボンの物理受けからこの型に変えて回していました。
選出率こそ高くありませんが、この構築の苦手なところをうまく誤魔化せるポケモンで、とてもしっくりきています。



ギャラドス@ナイト
陽気AS

噛み砕く地震竜舞挑発

天然無視できることや挑発でカバに強いことなどから採用しました。ブルンゲルが重いことや受けループに刺していくため噛み砕く地震という技範囲にしました。その結果ガルーラの裏メガのような感じになっていましたが、とても活躍してくれました。



ナットレイ@カゴ
181-125-184-73-141-22

ジャイロ種ガン鈍い眠る

立ち回り甘めの鈍いナットレイです。対面構築に刺していけるこの調整はマッチしているように感じました。アローを呼んでしまうのが弱いですが、刺さる時はとことん刺さるポケモンでした。元からギャラドスとの相性補完に優れているため、型は変わってもギャラナットの並びは効果を発揮してくれました。



マンムー@粘土
陽気HS

リフレク光の壁つららばり吠える

ボルトロスに強く、まず読まれない壁要員です。8割以上はこいつが先発でした。…珠ボルト?知らない子ですね。
吠えるの採用意義についてですが、グロウパンチ→グロウパンチと動いてくるガルーラや腹太鼓マリルリのケアなど、退場技のないマンムーには起点回避が必須だと考えています。
猫捨て身耐えません。



ガルーラ@ナイト
陽気AS

秘密の力地震雪崩身代わり



†最強のポケモン†
バトン展開以外でも戦えるよう最速です。シングル厨の日にガルーラが懐いてなくて急遽恩返し→秘密の力に変更しましたが、ゴツメ気にしないでぶっぱなせるところや麻痺ワンチャンが強かったです。岩雪崩は外し負けしまくりましたが怯み勝ちもしてるので許します




選出は割と柔軟にできますが、多かったものだけ簡潔に

マンムーバシャガルーラorギャラ
基本選出

マンムーギャラナット
壁からの積みループ、対面構築などに

ミトムギャラナット
壁が通せない時の裏選出

バシャギャラナット
受けループなどに



重いポケモンは挑発吠える持ち全般や珠ボルトロス(壁込みでも身代わりを残せずマンムーも壁を貼れない)でした。



この構築の組み始めはギャラナットの積みサイクルが対面構築に強いというところだったのですが、ただのバトンパになりました()

S12は余裕持ってレート上げていきたいです。改めてS11お疲れ様でした!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【S10最高2000】はいはいガル... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。