アースドリーム角山農場に行ってきました。その2

最近は雨続きの北海道です。

さて、前回のつづきです。

お昼を食べに行こうかとジャック園長のもとを辞しましたが、
出口とは反対に何故か奥へ。

DSCF9913
一面干し草の広間です。

DSCF9914
座り心地はいかがですか?

DSCF9916
窓の外にはお馬さんが。

ささ、レストランが混みあう前に移動しましょう。
何しろ、ゴールデンウィーク中ですからね。

DSCF9918
と、言いつつ生き物に惹きつけられる「きたあかり」。

DSCF9919
かわいいからなぁ。

DSCF9922
ちっちゃい子と動物の取り合わせは反則です。

DSCF9924
そこからは飲めんだろう。

DSCF9925
ささ、これくらいにして、そろそろほんとに移動しますぞ。

レストランは11時から開店とのことで、開店少し前に移動しました。
既に何組か待っている状況でした。
ゴールデンウィークはやはり、早め早めの動きが吉ですね。

DSCF9926
注文した料理を待ちつつ、まったりモード。

DSCF9927
角度をつけて撮影してみました。

DSCF9929
ピザ登場。シンプルですが、美味しそう。

57284b4ab441c57284b4ab445b
じゃ、切りまーす。

DSCF9930
おぉ~、チーズが伸びるねぇ。

美味しいピザでした。

57284b581608c57284b58160ca
料理もおいしかったですよ。

DSCF9934
「きたあかり」もモリモリ食べてました。

腹ごしらえも済みましたので、また動物にふれあいますか。

DSCF9935
おや、ひきこもりですか?

DSCF9936
犬、なで放題。

DSCF9937
窓越しの撮影ポイントで。
私が写り込んでいるのはご愛嬌ということで。

DSCF9938
ミニブタのまめぞう君がいました。

DSCF9942
ご挨拶をば。

DSCF9940
こちらは猫。

DSCF9947
大きく育ってしまったミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)もいました。

DSCF9952
そして孤高のアルパカは、

DSCF9951
やっぱりアイーン顔でしたとさ。

DSCF9954
外に出て、奥にすすみましたよ。

DSCF9958
そしてここでもエサやりを。

DSCF9960
はいどうぞ。

DSCF9961
はいどうぞ。

DSCF9963
そこら辺の草は、いつでも食べられるのでありがたくもないようです。

DSCF9965
こちらさんも同じですか?

DSCF9966
うちの娘の渡す草は食べられないということかね、ヤギくん!(笑)

DSCF9967
ちっちゃい子に無理やり草を食べさせられる仔ヤギ。
まあ、ここまでされてれば、そりゃ、ありがたくもない草は食べたくなくなりますわねぇ。(笑)

DSCF9968
更に奥にも広々とした区画が。

DSCF9970
馬が一頭のんびりと草を食んでいました。

このあと、軽食コーナーに戻ってソフトクリームなどを食しました。
軽食コーナーまでの道中で、
溝を飛び越えようとした「きたあかり」が飛び越えられずに片足を泥だらけにしたのは、
このブログ記事を読んだ方々だけの秘密です。
・・・、全然秘密になってない(笑)

DSCF9973
ソフトクリームも美味しかったです。

さ、帰りましょう。


売店でコップに注いで売っていた牛乳がとても濃厚で美味しかったです。
近所の農場から購入しているとの事だったので、
角山農場のお向かいの農場に行って、小売していないかうかがいました。
その農場が確かに角山農場でいただいたおいしい牛乳の出処だったのですが、
衛生面の問題などでパック詰めや瓶詰めにして売るにはそれなりの施設が必要なため、
残念ながら小売はしていないとのことでした。
ただ、その牛乳を使って作ったチーズなどは販売されていたので、少し買って帰りました。
後で食べたら、これも激旨でした。

円山動物園などとは違った感じで動物に触れ合えて楽しかったです。
気軽に行ける距離なので、天気のいい日にまた来ようかな。

終わり
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« アースドリー... カメラの中から »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。