東山いこいの森の仙人

福井県勝山市にあるキャンプ場「勝山市東山いこいの森」の日々の暮らしを発信します。

1ケ月振りの庭掃除。

2017年06月28日 22時01分46秒 | 日記

 

 

スギナの大群。

スギナは除去出来ました。

 

 

ここもスギナの大群。

 

 

 

 

 

 

 

幹は百日紅に似ています。花が沢山落ちています。

 

虫が花びらを食べていました。

東山いこいの森は、未だ花が咲いていませんが

イワナの掴み取りの池の周りに植っているのと

同じ様な気がします。

一昨年、昨年と来られた、京都の山行の芦澤さんに

教えて頂いたのですが、忘れてしまいました。

京都のお寺にもこの花が咲く所があって、見に来る人が

いる、とも言っておられました。

外の石垣の隙間からも、ドクダミやハッカが生えているので

 

きれいに取りました。

ハッカの花です。

 

 

 

塀の石。玄関の階段。中の敷石は、福井ならではの

笏谷石です。

朝の6時半から、2時半までようやく半分出来ました。

来週もう半分は、雨が降ってもやろうと思っています。

この後、伸光さんへ行って写真のプリント。

 その後、山岸写真館さんへ行って、ヒゲ爺の

写真を撮って頂きました。

 今は息子さんが主にやっておられますが、

御主人も、奥さんも 総出で、身体の傾きや

笑顔になる様話しかけて頂いたりと、

楽しい時間を頂きました。

私は、人の写真は一杯撮っていますが、自分が

撮られる事は殆んど無いので、笑顔とか、自然体というのが

なかなか、難しいと思いました。

山岸写真館のみなさん 有難うございました。

そこへいくと、東山いこいの森へ来られた人たちの

写真は、自然に、笑顔になっておられる方が多いので

私は、唯シャッターを切るだけで、随分楽をしているなーと

感じました。

 この写真の為に、散髪に行って無かったので、

明後日は散髪にいこうと思っています。

 

 思い出しました。沙羅双樹です。

ネットで見ると、同じ花だと思います。

京都の 東林院・沙羅の花を愛でる会。というのがあるそうです。

平家物語の「祇園精舎の鐘の声諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色。」

の、沙羅双樹だったんですね。

そんな、格調高い花とは知らず、池の周りの花や落ち葉の

掃除が大変だと、思っていましたが、大事にしないと

バチがあたりそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も草刈。 | トップ | 草刈り、ゲリラ雨。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事