山里から ・写真と短い文で綴る田舎の生活

山里の自然と生活の一端を、短文と写真で記録しています。健康に感謝しつつ、日々、世界の平和と安全を願っています。

平常を楽しむ

2017年05月05日 | 

 

 

 小さなお客様が、小さな花束を持って来た。最近とみに表情を失いかけている神さんの喜ぶまいことか。改めて「ああそういうことか」と、自分の至らなさに思いが及んだ。言葉は、人にかける前に、自分自身にかけてみて、検証することにしょう。思わぬ大きな成果を得て、何だか嬉しくなった。

 

 

 

 小さな花束

 

 

 

 

 

 

 

 

 花芯

 

 

 

 

 

 

 

 忘れな草、三つ巴

 

 

 

 

 

 

 

 ミヤマキンバイ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しんがりの桜登場 | トップ | 派閥がバレる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事