山里から ・写真と短い文で綴る田舎の生活

山里の自然と生活の一端を、短文と写真で記録しています。健康に感謝しつつ、日々、世界の平和と安全を願っています。

決まっているようなもの

2017年06月09日 | 野・山・自然

 

 

 時々、自然の湧水を汲みに行って、飲用にしている。何事にも鷹揚な神さんは、水などには見向きもしないから、印はついていないけれども専用である。起き抜けの朝に一杯だったり、何かの区切りにふと飲んでみたり、お茶やコーヒーの場合と違って、何も考えず反射的に採っている場合が多い。決まっている訳ではなくても、決まっているようなものである。

 

 

 

 ムラサキツユクサ

 

 

 

 

 

 

 

 お役目、上を向いたハタザオ

 

 

 

 

 

 

 

 小さなバスケット

 

 

 

 

 

 

 

 見納めの白無垢

 

 

 

 

 

 

 

 遅ればせながらも新芽を伸ばす

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 睨みも一流、明るい話題 | トップ | 優しい風が吹くとき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL