山里から ・写真と短い文で綴る田舎の生活

山里の自然と生活の一端を、短文と写真で記録しています。健康に感謝しつつ、日々、世界の平和と安全を願っています。

まかされるとすぐ勘違い

2017年04月04日 | 野・山・自然

 

 田舎の組織では、どこへ行っても、慢性的な人材不足である。人が少ないのでやむを得ないと云えばやむを得ないのであるが、そこから起こる“悲喜こもごも”に、関係者が頭をを悩ませる事態が生じること多々である。仕事をまかされる立場になると、たちどころに勘違いを起こし、≪まかされている=皆に責任を負っている≫のに、≪まかされている=自分の好き勝手が出来る≫と思い込んでしまい、その結果、あらぬ所業に出ることがあるのである。

 そうそう、どこか遠いところの村、≪東芝村≫でも、同じような事態が生じていたと報じられていたな。

 

 

 光を浴びて

 

 

 

 

 

 

 春先のスミレ

 

 

 

 

 

 ヨモギ育ってもうすぐお餅

 

 

 

 

 

 ツクシ立ち上がれ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芽吹きの頃は | トップ | 曙の頃には出立し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL