山里から ・写真と短い文で綴る田舎の生活

山里の自然と生活の一端を、短文と写真で記録しています。健康に感謝しつつ、日々、世界の平和と安全を願っています。

野に置くに如くはない

2016年10月18日 | 野・山・自然

 

 

 「そろそろ野山のリンドウも咲き出したかねー。」近所の山野草好きのご婦人に尋ねられた。「うちの庭のはいつも少し早めに咲くんだけれど、環境がいまいちのところに長年植えっ放しだから花が貧弱でねー。色だけやたら濃いんだよー。色黒の私はいつも当てつけかねって思ってしまう位さー。」

 どこに行っても、何をやっても、やらなくても、苦労のタネはあるものである。山野の草花は、野に置くに如くはないとはいうものの、自らの手で育ててみたいのも、ごく自然のことである。

 

 

 この葉模様は、幼児が描いた?、達人が描いた?

 

 

 

 

 サルトリイバラの赤い実、つい齧ってみたくなるそそる赤

 

 

 

 

 オナモミ

 

 

 

 

 ヨウシュヤマゴボウ

 

 

 

 

 奥の控えの間・ユッカの花

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節に合わせもぐりこむ | トップ | 人は見かけ?、拠ったり拠ら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL