山里から ・写真と短い文で綴る田舎の生活

山里の自然と生活の一端を、短文と写真で記録しています。健康に感謝しつつ、日々、世界の平和と安全を願っています。

激しい雨と乾いた空と

2017年06月30日 | 野・山・自然

 

 

 ツユクサの姿が見えない。当然あるべきものと思っているパフォーマーの姿がないのはさみしい。代わりのように目立つのはシロツメ。

時間的には雨空が増え、結構雨量もあるのだが、雨が止んでいる時の湿度が低く、空気がかなり乾いているようである。カラッとしているのだ。今まで気にしたことなどなかったのだが、どうしてだろうと考えてみると、どうやら空の高さがかなり高いようである。梅雨空は昔から、≪雲が低く垂れこめ云々≫と表現されていたりしたものだが、確かに今年はその“感じ”がない。ツユクサにはまだゴーサインが出ていないのである。

 

 

 

 バラのアーチのある所

 

 

 

 

 

 

 

 白いバラ

 

 

 

 

 

 

 

 ヤマボウシ

 

 

 

 

 

 

 

 最新パフォーマンス

 

 

 

 

 

 

 

 土砂降りの坂道

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間っていいなと思いたい | トップ | ついつい余分なことを »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL