山里から ・写真と短い文で綴る田舎の生活

山里の自然と生活の一端を、短文と写真で記録しています。健康に感謝しつつ、日々、世界の平和と安全を願っています。

仏の顔は何度まで

2016年09月19日 | 野・山・自然

 

 また台風が近づいている。予報によると、お彼岸の中日には晴れて晴天と行きそうだが、今回のお墓参りは早めにすませておいた。

 まともな青空を見なくなって何日になるのだろう。仏さまもあきれるような雨空の連続である。せめて鮮やかな花を眺めて、多少なりとも憂さ晴らしの足しにしよう。

 

 

 チロリアンランプ

 

 

 

 

 9月八重ベゴニア

 

 

 

 

 頑張るホクシャ

 

 

 

 

 今が旬?は地味な色、フウセンカズラ

 

 

 

 

 稲穂が濡れる

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心は晴れて、秋雨前線 | トップ | 何のかんのと呉越同舟 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野・山・自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL