山里から ・写真と短い文で綴る田舎の生活

山里の自然と生活の一端を、短文と写真で記録しています。健康に感謝しつつ、日々、世界の平和と安全を願っています。

光があれば

2017年02月13日 | 

 

 陽光を取り戻した野山に、再びいぶきが感じられるようになり、いのちの鼓動が聞こえてくる。風のさわぐ音にまじって、はっきり判別は出来ないものの、多様な≪形あるもの≫の反応が伝わってくる。

 

 

 蕾・アザレア

 

 

 

 

 

 満開・キンセンカ

 

 

 

 

 

 ベイビー

 

 

 

 

 

 爛漫

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空を見ていた | トップ | スノードロップが所在なげ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL