山里から ・写真と短い文で綴る田舎の生活

山里の自然と生活の一端を、短文と写真で記録しています。健康に感謝しつつ、日々、世界の平和と安全を願っています。

叶う幸せ、叶わぬ幸せ

2017年07月15日 | 野・山・自然

 

 

 誰しも、ああなったらいいな、こうなったらいいな、という夢や願いを持っている。それらは、長い年月のうちにおおかたは片が付く。叶ったものもあれば、叶わぬものとして不動の居場所を与えられたものもある。

 それらのことどもを、振り返って点検して見る余裕が出来ることがある。幸か不幸か、あまり深く考える習慣は出来ていない。ものぐさにおいては、大王や太郎・次郎の地位はいただいていないものの、五郎程度の位置にはつけている。

 叶ったもの、叶わなかったもの、今となっては、花びら数えみたいなものである。

 

 

 

 すでに大人の風格、エノコロさん

 

 

 

 

 

 

 赤松のある林

 

 

 

 

 

 

 カラマツの緑

 

 

 

 

 

 

 ミスジチョウ

 

 

 

 

 

 

  郵便屋さん夏姿

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひときわ早く一週間 | トップ | 直言居士 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
赤松のある林 (Pyoko)
2017-07-17 22:52:29
きれいな赤松の幹。
私の笊のような目で見ていも気が付かないでしょう(^^)

カラマツの緑
この暑さの中で爽やか~。
節穴のような目で見ていて見落とすでしょう(^^)



コメントを投稿

野・山・自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL