倉吉東こども園のあそびの様子!

子どもたちのあそびの様子をお伝えしています。

ふじ・すみれ組  探検隊引き渡し式

2017年03月22日 15時28分50秒 | 日記

●探検隊グッズ引き渡し式がありました。(ふじ・すみれ組)
 ふじ組になると探検隊に行く時にベストを着たり、探検隊用の帽子をかぶって活動するようになります。ふじ組の代表の子が、ベストの着方や道具の準備の仕方を教えてもらったり、「ルーペは小さい物を見る時に使います。太陽を見ると目が焼けてしまうので、見ては駄目です」「双眼鏡は遠くの物を見る時に使います。(ピントを合わせる部分を)クルクル回しながら、合わせて見ます」等と、道具の使い方の説明をしました。ふじ組の友だちが説明してくれる様子を真剣な表情で聞いていたすみれ組の子ども達です。「大事に使ってください」とふじ組のみんなからすみれ組の友達へ渡しました。


この記事をはてなブックマークに追加

3月誕生会

2017年03月17日 15時50分50秒 | 日記

●3月の誕生会がありました!

【ぱんだルーム】


【ぞうルーム】


【きりんルーム】


【ゆり組】


【たんぽぽ②組】



この記事をはてなブックマークに追加

すみれ組 音あそび

2017年03月16日 16時13分01秒 | 日記

●音あそびをしました!(すみれ組)
 カスタネットを使って『リズム打ち』や『友だち探し』をしました。始めは保育者の真似をして拍子打ちをしたり、休符も入れて「ウン、タンタタタン」などいろいろなリズムを耳で聞き、その後真似て同じように叩いてみました。数人の友だちに交代で先生役もしてもらいました。『友だち探し』では、2人でペアを組み自由に相手のカスタネットを叩き合い曲の区切りがきたら4人→8人→32人と輪を広げていきました。隣の人のカスタネットを叩き、一体感を楽しみました。


この記事をはてなブックマークに追加

さくら組 運動あそび

2017年03月15日 15時45分02秒 | 日記

●運動あそびをしました!(さくら組)
 【その場で小波連続跳び】では、小さく揺れる長縄を横ではなく、上に跳び越すことを少し意識させながら行いました。子ども達の中には、横から揺れてくる長縄を上に跳び越すことがまだ理解できず、横に跳び越そうとする子がいたり、前に前にと移動してしまう子もいますが、どの子も意欲的に挑戦していました。以前に比べどの子も数回続けて跳べるようになってきていますよ。また【前転】では、手をつく位置やお尻をしっかりあげることを意識させながら行いました。お尻がしっかりあがった所で、保育者がグーチョキパーのどれかを出し、子ども達は足の間から後ろをみて、保育者が何を出しているかを当ててから、前転をしました。足の間から後ろを見る事で、頭を中にしっかり入れる事ができていましたよ。最後は前回行った【マットの綱引き】を楽しみました。チームの友だちと力を合わせて行っていて、負けると悔しそうな姿も見られました。さくら組での運動遊びは、今日が最後になりました。子ども達は「楽しかった!」「次はすみれ組になってからだよな」「すみれになったら、鉄棒と縄跳びにがんばりたい!」などと話していました。


この記事をはてなブックマークに追加

ふじ組 運動あそび ・ すみれ組 探検隊 ・ さくら組 音あそび  

2017年03月14日 16時08分07秒 | 日記

●運動あそびをしました!(ふじ組)
 ①「跳び越しくぐり抜け」をしました。2人組になり、「ぞう」と「うさぎ」の役を決めます。「ぞう」は、膝をつかずに四つ足の姿勢になり、膝を伸ばして腰を持ち上げます。「うさぎ」は、ぞうの下をくぐり反対側に立ち、次に両足ジャンプでぞうの上を跳び越します。瞬発力や、敏捷性、協調性等を養うことができます。役を交代しながら跳躍運動を楽しみました。②集団大波跳びをしました。3人組で友だちと協力しながら大波を跳びました。最高は60回跳べたグループもありました。④「きょろきょろドッチボール」をしました。今までは、ボール1個であそんできましたが、今日は、2個のボールでドッチボールをしました。1個のボールだけを見ていると、後ろからボールをぶつけられることもあり、「おもしろいなあ」と盛り上がりました。負けて悔し涙を流す子もありましたが、ルールを守って楽しくあそぶことができました。


●探検隊に出かけました!(すみれ組)
 すみれ組最後の探検隊に行きました。出発前に『ふゆめがっしょうだん』という科学絵本を読み、冬から春に季節が変わろうとしていること、木の芽にも変化が現れ始め、中から若芽が現れることを知りました。久しぶりの打吹山に「山はどんんなふうになっているかな?」と楽しみに出発しました。打吹山に着くと、大雪で倒れた木々を見つけて知らせたり、早速木の芽を見つけ、「あ!芽がでとるよ」「これは顔の口と鼻みたい」と話しをしながら観察をしました。鎮霊神社から椿の平に向かう途中で「しだれ桜」の小さな蕾や『そしんろうばい』の黄色い可愛い花を見たり、椿の蕾を見たりし、「あった」「見て!」と嬉しそうに伝え合っていた子ども達です。CDが木の間にぶら下げられており、木の芽を鳥が食べないためだと知らせると驚いていました。いろいろな春を打吹山で見つけることができました。


●音あそびをしました!(さくら組)
 「これ知っとる」「したことあるよな」という声は聞かれたものの、名前が曖昧だったので皆で名前の確認をしました。名前を口にしたり、皆で確認することで、1つずつでもいろんな楽器の名前を覚えていけたらいいですね。【マラカス・ゲーム】では、いちごやりんご、バナナなどがある、フルーツマラカスを使って、保育者が言ったフルーツマラカスを持っている人だけが鳴らします。自分で聞いて判断して鳴らす子ども、友だちに教えてもらって鳴らす子どもと様々でしたが、回数を重ねるごとに自分のマラカスを覚えて鳴らしている子どもたちでした。【ぐるぐるまわそう】では、ボタンゴム鈴をみんなで持って同じ方向に回します。隣の友だちが止めてしまって困っている姿が見られました。どうして困っているのか考えて、誰か一人でも止めてしまうと、回すことができなくなってしまうことの話をしました。友だちが鳴らす楽器の音を聞くことがだんだん上手になってきて、振り返りでは、“お友達のシャララーっていう音がきれいでした”と発表する姿もありました。




この記事をはてなブックマークに追加