倉吉東こども園のあそびの様子!

子どもたちのあそびの様子をお伝えしています。

ふじ組 泥んこあそび

2016年07月29日 16時06分32秒 | 日記

●泥んこあそびをしました!(ふじ組)
 河原の砂場で、どろんこあそびをしました。「川を作ろうで!」「温泉作ろう」と友だちと協力しながら、水が流れるように川づくりをしたり、大きな穴を掘りブルーシートをかけて水をためて温泉気分を楽しみました。「長い川にしよう!」「こっちとつなげようで」「もっと掘らんと大きなお風呂にならんな」など、友だち同士で考えながら遊んでいました。泥の感触を楽しんだり、全身どろだらけになりながら遊んでいた子ども達でした。振り返りでは、泥が気持ちよかった、次はもっと大きな温泉にしたいなど感想を話しをしていました。今回は小さめのブルーシートだったので、次は、もっとみんなが入れるように大きいブルーシートを持って行くことに決まりました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

ふじ組 書道教室 ・ すみれ組 スライムあそび

2016年07月28日 15時26分52秒 | 日記

●書道教室がありました!(ふじ組)
 「ぐーぴたぴん」の椅子の座り方は子どもたちにも定着してきて、自分たちで「ぐーぴたぴん」と言いながら椅子に座っています。足を床につけたり、背筋を伸ばすことを意識しています。今回は、くねくねした曲線を書いていきました。また、プリントに名前が書ける子は、名前を書いたり、今日の日にちを書いていきました。鉛筆の持ち方も自分で「こうだよな」と確認しながら持ち方を確認していました。


●スライムあそびをしました!(すみれ組)
 さくら組の時には保育者が作っていましたが、今回は4~6人グループに別れて作りました。まず保育者が作り方を説明し、役割や色はグループの友だちと相談して決めてもらいました。誰かが中心になって決めているグループもあれば、やりたい事が一緒になってしまい上手く相談ができなかったり、自分の思いを中々言えなかったり…等色々な姿がありましたが、保育者も仲立ちになりながら役割分担も無事にでき、スライム作りが始まりました。カップについている印を見て、慎重に計りいれたり、途中で「あ~!間違えて入れちゃった!」とハプニングが起こる事もありましたが、最後のホウ砂水を入れ、混ぜるうちに液体がスライムになってくると「わ~!スライムができてきた~!」と、どのチームも大興奮でした。完成したスライムを早速机に広げ、伸ばしたり、叩いて平らにしたり、頬や手にのせて感触を楽しんでいた子ども達でした。


この記事をはてなブックマークに追加

ふじ組 トウモロコシの皮むき、梅干し作り ・ すみれ組 音あそび 

2016年07月27日 15時07分50秒 | 日記

●トウモロコシの皮むきをしました!(ふじ組)
 おやつに食べるとうもろこしの皮むきをしました。とうもろこしが見えてくると、「わあーでてきたよー」と言いながら楽しそうに皮をむいていました。「見て、これひげみたいだな」と口にあててみたり、手でなでながら感触を確かめていました。「とうもろこし大好き!」とおやつに食べるのを楽しみにしています。


●梅干し作りをしました!(ふじ組)
 6月21日につけた梅干しを取りだし、天日干しをしました。ふたをあけて梅の様子を見ると「わーなんか酸っぱい匂いがする」「寿司の匂いみたい」「わー梅干しだー初めは緑色だったのになあ」と会話がはずませながらのぞいてみていました。完成まであと少しです! 


●音あそびをしました!(すみれ組)
 今回はフレームドラムを使って【たいこをたたこう】の音楽に合わせて叩いたり、【ミッキーマウスマーチ】の音楽に合わせて音を鳴らして遊びました。フレームドラムは保育者の代わりにお当番の友だちに持ってもらいました。緊張した表情で持っている子もあれば、友だちと顔を見合わせて楽しそうな表情の子もありましたよ。フレームドラムは大きさが3種類あり、「大きいのはドーンっていう」「小さいのはカーンってなる」等、音の高さが違う事にも気づいていましたよ。


この記事をはてなブックマークに追加

ふじ組 探検隊

2016年07月26日 15時26分09秒 | 日記

●探検隊に行きました!(ふじ組)
 『ぼく、あぶらぜみ』の絵本を読み、セミがどんな場所で、どのようにして成長するのか、メスとオスの違いなどを知りました。セミは産まれてから5年間もの長い間土の中で成長しますが、地上に出てから生きられるのはたったの2週間だと聞き、「ちょっとしか生きられんなあ」とつぶやく子もありました。また、カエルになったおたまじゃくしを打吹山の池に逃がしてあげました。「お家に帰ってな」と手振っていました。セミの鳴き声が聞こえ「セミの声が聞こえてきたよー」「何セミかな?」等会話をしていました。抜け殻やセミ、かぶとむし、かまきりを見つけました。大人の目線では見つけれないような物も子どもたちは、耳を澄ませ周囲を見渡し、様々な生き物を見つけていました。園に帰り、抜け殻を何セミが分類したり、見つけたものを絵で表現しました。かぶとむしは枝に止まっているのを見つけることができ大興奮でした。


この記事をはてなブックマークに追加

ふじ組 書道教室

2016年07月22日 14時42分00秒 | 日記

●書道教室がありました。(ふじ組)
 始まる前に椅子の座り方や鉛筆の持ち方を確認しました。今回は、蚊取り線香のような曲線を書いたり、絵と絵を線で結んでいきました。タイムタイマーを使い、いつまで活動するのかを目で見てわかるようにしています。今は20分間静かに取り組んでいます。鉛筆の持ち方もグリップをつけていますが、慣れてくると自己流の持ち方になっている子もあります。お家でも確認していただきますようよろしくお願いします。


この記事をはてなブックマークに追加